カテゴリー「★X68000 リフレッシュ日記」の4件の記事

2013年7月31日 (水)

「メモリが欲しくて」
X68000 ACEがおまけ
[No.2265]

今月初めに手に入れた、X68k ACEですが、

SCSIボードが刺さっているものの、

メインメモリが1Mのままでした。

流石に、1Mのままでは厳しすぎるので、

ヤフオクで増設メモリを探していたのです。

「X68k ACE 対応 1M メモリ 2,000円」



いくら貴重なX68kのメモリとはいえ、

1MBに、素直に2,000円払う気にはなれなかったのです。

せめて「X68k ACE ジャンク本体 + 増設1Mメモリ」

が2,000円くらいだったら考えるな~ぁ

と思っていたら、見つけました!

K01
本日到着した、X68k ACEです!

K02

K03
電源ユニットが抜かれた状態のジャンクです。

K04
早速、正面向かって右タワーを開けます。

K05
僕がもっとも欲しかったのはコレです!

「専用内蔵メモリ1MB!」

ヤフオクでは、このメモリだけで2,000円です。

でも僕は、このメモリ + X68k ACEジャンク本体付きで

1,720円で手に入れたのです!(送料除く)

K06
左:今回手に入れたX68k ACE
増設1MBメモリ付き、電源無し(1,720円)

右:前回手に入れたX68k ACE
純正SCSIボード付き、電源付き(4,000円)

K07
ケースの方は、今回手に入れた方がキズも少ないので、

こちらのケースを使うコトになりそうです。

しかし、ACEとは御縁があるようですね。

これは、キュアエースの影響でしょうか?(笑)
(別に、狙って購入した訳ではないのですがね^^;)



商品代だけで、今のところかかった費用

X68000 ACE (SCSIボード付き) 4,000円
5インチ生FD (10枚) 1,280円
USB-SCSI変換&MOドライブ(230MB) 100円
モニタ変換アダプタ 790円
1MBメモリ(X68k ACEジャンク付き) 1,720円【今回】
-------------------------------------------
計 7,890円

今日の心得
 探せば、意外と見つかるもの!
 ダメ元でも、理想な条件で探してみる!

2013年7月28日 (日)

「ゆっくり確実に愛情込めて」
X68000 ACEの状態確認
[No.2262]

今月初め頃、X68000 ACEを手に入れたのですが、

モニタ変換アダプタを持ってなく、

映すコトも出来なかったので、手に入れました!

K01
送料込み790円

早速、繋いで確認してみたのですが、

K02
”エラーが発生しました。リセットしてください。”

と出ています。

入手時から、SCSIボードが挿されていたので、

起動順序が「SCSI優先」になっているものと思わます。

試しに、フロッピーディスクを挿入してもみるも、

「SCSI優先設定」のせいか、ディスクを読み込もうとしません

本来なら、キーボード[OPT.1]を押しながら起動するコトにより、

フロッピーから起動出来るハズですが、

まだ、キーボードを入手していないので、[OPT.1]も押せず、

SRAMクリアするコトも出来ず、という状態です。
(バックアップ電池を外す荒業もあるでしょうが^^;)

後日、キーボード、SCSIケーブル、メモリ等を手に入れて、

起動確認が取れ次第、内部洗浄、

部品交換を行なうコトにしています。

「ビデオ回路周りが無事のようで安心しました!」



商品代だけで、今のところかかった費用

X68000 ACE (SCSIボード付き) 4,000円
5インチ生FD (10枚) 1,280円
USB-SCSI変換&MOドライブ(230MB) 100円
モニタ変換アダプタ 790円【今回】
-------------------------------------------
計 6,170円

今日の心得
 問題なく無事完成させる為にも
 ゆっくり確実、丁寧に愛情を込めて行なう!

2013年7月 6日 (土)

「これからは頭を使う!」
X68kエミュレータ → X68k実機への起動ディスク作成【その1】

Windows上で動いている、X68000エミュレータは、

SHARP公式が配布してくれている、

Human68k(MS-DOSを参考にして作られたOS)や、

いくつかのソフトウエアが、無料で使用出来ます。

そのお陰で、胸を張って!

X68kエミュレータを使うコトが出来るのです!!(笑)



さて、昨日X68k実機を手に入れた僕ですが、

実機を起動させる為の、SASI HDD、SCSI HDDを持っておらず、

起動用フロッピーディスクすら持っていません

X68kエミュレータ上に、X68k起動ディスクはあるのですが、

Windowsマシン上にあるファイル(X68k起動ディスク)を、

X68k実機へ転送手段が必要になります。

いちばん手っ取り早そうな方法として、

PC/AT互換機用の5インチFDDを手に入れ、

Windows上から、X68k用起動フロッピーを作成する方法ですが、

そもそも、PC/AT互換機用5インチFDDの入手が難しく、

ヤフオクでは、1万円近い値がしています。

さすがに、1万円近い値段で5インチFDDの購入は出来ません

(自分で決めた、X68kに使えるお金は2万円!)



そこで、「PC98用5インチFDDを、PC/AT互換機に使えないものか?」

と調べていたら、ちょっとした設定で使えそうです!

この方法で行こう!と思ったのですが、

今度は、PC/AT用の5インチFDD接続ケーブルが高値です。

自分でケーブル自作も考えたのですが、

古い規格のものなので、接続端子がパーツとして現存するかも謎です。

それに、わざわざケーブルを自作したとしても、

PC98用の古い5インチFDDが、正常に動くかも分かりません



「よし!ならば、PC/AT互換機にSCSIボードを挿して、SCSI HDDへファイル転送だ!」

SCSI HDDへ、X68kシステム転送出来れば、

後は普通に、X68k実機とSCSI HDDを接続するだけで起動するハズです。

でも、僕自身、既に自作機を持っていないので、

PCI SCSIボードを挿すとしたら、妹用PCか、会社用PCです。

流石に、そういう手間を掛けたくなかったので、

「そうだ!USB-SCSI変換アダプタを使えばいい!」

そうすれば、手持ちのノートPCでもUSBは使えます!

早速、ヤフオクで調べたのですが、

USB-SCSI変換アダプタだけで、相場5,000円前後はします。

昔の僕だったら、その金額でも「安い!」

といって買っていると思いますが、2万円以内の壁があるのです。



頭を使い、少しでも安く手に入れる方法を考えていたら、

「そうだ!Win用だから需要があり高いので、Mac用ならどうだろう?」

そう思い、Mac用を調べたのです。

すると、100円で、USB-SCSI変換&MOドライブ付きが見つかりました!

「そうだ!MOにファイル転送して、X68k実機はMOから起動させよう!」

X68kを持っていた当時、MOから起動せたコトもあるので、

それを思い出し、100円で落札しました!



01
そして、本日到着です!

送料は700円(笑)

02
Mac用と書かれていますが、

SCSI機器ですので、Winでも使えるハズです。

03
USB-SCSI変換ケーブルと、SCSI MOドライブ(230MB)

04
早速、WinXPにUSB接続してみました。

05
「USBを挿すだけで使えるかな?」

と思っていたら、そこまで都合よくはいかず、

ドライバが必要のようです。

06
USB-SCSI変換ケーブルの型番を見ると「LUB-MSC」

この型番で、WinXP用ドライバを探したのですが見つかりませんでした。

「もしかして、LUB-MSCの "M" は Mac用のMなのでは?」

07_2
そう思い、「LUB-SC」で探したら、Win用が見つかりました!

08_2
「その他のデバイス→【!】USB-SCSI ADAPTER」

をダブルクリックし、ドライバをインストール完了!

09
デバイスマネージャーには、

「USBコントローラ→Logitec LUB-SC」

と正常認識されているようです。

10
さて、「USB-SCSI変換ケーブル」は、正常に認識したようですが、

今度は、「MOドライブ」が認識していないようですね。

11_2
こちらも、先程と同じように、

「その他のデバイス→【!】USB Mass Storage」

をダブルクリックし、ドライバをインストールしてみました。

12

SCSIレベルとして、正常認識したようです。

13
早速、マイコンピュータを開くと、

新たに「リムーバブルディスク (E:)」

が追加されたので、ダブルクリック!

でも、MOメディアを挿入していない(まだ手に入れてない)ので、

当然、このメッセージになります。(笑)

この段階で分かったコトは、

・USB-SCSI変換Mac用は、無事認識している
・MOドライブも一応認識しているコトです。

でも、ジャンク扱いの100円落札ですから、

MOドライブは、もしかすると壊れているのかもしれません

そのときは、SCSI MOドライブユニットを、

SCSI HDDと入れ替えて、外付けSCSI HDD化して使います。(笑)



商品代だけで、今のところかかった費用

X68000 ACE (SCSIボード付き) 4,000円
5インチ生FD (10枚) 1,280円
USB-SCSI変換&MOドライブ(230MB) 100円【今回】
-------------------------------------------
計 5,380円

今日の心得
 いままで、だいぶお金を使ってきたから、
 これからは、お金ではなく頭をつかう!

2013年7月 5日 (金)

ほどほどに!【おかえりなさい! X68000 !!】

最近、Windows上で、X68000エミュレータを動かして、

MDX(ゲームミュージック)を聴いたりして、楽しんでいました。

でも、エミュレータの音に、違和感を感じ、

本物(X68000実機)を手に入れるコトにしたのです!

その代わり、自分との約束事もあります。

既に生産完了された、古いパソコンですので、

環境を良くしようと、オプションパーツを買えば、希少で安くはありません

X68000は、当時僕が所有していた最高といえるコンピュータです!

でも、何十年も前のコンピュータに、お金をつぎ込めるか?

と質問されると、将来への貯金を優先してしまいます。

そこで僕は、決めたんです!

「2万円以内で環境を整えてみよう!」(送料等は除く)

そんな訳で本日、念願の本体が届きました。



01
本日!X68000が、厳重に梱包され帰ってきました!

02
発売されたのは、25年も前の「X68000 ACE」です!

ヤフオクにて「本体のみ/通電可能/ジャンク扱い」条件にて「4,000円」で落札

03
出品写真を見る限りでは、キレイに見えたのですが、

実際には、思っていたよりも汚れはひどく、ヤニもベッタリです。

04
背面を見る限りでは、個人の手によって、

トグルスイッチなども取り付けられていないので、無改造かな?

X68000 ACE 標準では、SASI インターフェースですが、

出品画像を確認したとき、SCSI ボードらしきものが挿さっていたので、

(出品画像の画質が悪くて確認出来なかった)

SCSI ボードであるコトを期待していました。

05
ラッキーです! SCSI ボードのようです!

06
SHARP 純正の SCSI ボードでした!

これだけでも価値はあります!

X68000 ACE 標準メモリは、1MB で、メモリ増設をする際

必ず、内部の専用メモリスロットに 1MB を増設して (計2MB)

にしなくてはならないルールがあります。

僕は「SCSI ボードを増設するくらいの人だから、内部メモリ増設されているハズ!」

と期待しながら、正面むかって右タワーを開けました。

07
すると「あっ!やはり改造済だった!」

標準では、見られないものが取り付けられています。

08
X68000 ACE の動作クロックは 10MHz ですが、

標準では、40MHz のオシレータが取り付けられていて、

40MHz ÷ 4分周 = 10MHz です。

でも、ユニバーサル基板上に乗った物は、

60MHz と 50MHz のオシレータです。

まだ、詳しくは調べていませんが、

恐らく、60MHz ÷ 4分周 = 15MHz 用と、

50MHz ÷ 4分周 = 12.5MHz 用として、切り替えていたのだと思われます。

僕自身、クロックアップ改造をするつもりだったので、

楽しみがひとつ減って、残念ではありますが、部品代は浮きましたね。(笑)

そして、増設されていると期待していた、専用メモリスロットは!

09
残念なコトに、メモリはしっかりと外されていました。

今のところ、メインメモリは 1MB です。

ところで!この、怪しげなフラットケーブルが気になります!

標準では、存在しないハズですが・・・

10
恐らく、拡張スロットに SCSI ボードを挿すと、

2枚分の場所を使ってしまうので、

内部で、無理やり2枚使えるように、延長されているものだと思います。

オーナーさんは、パワーユーザだったようですね。

(詳しい目的は分かりませんが、こんなコトをするよりも、拡張スロットの蓋を加工したほうが早かったのでは?)

(2013/07/10追記:ツイッターで教えて頂いた情報・・・3スロット化の改造と思われるとのコトです)



さて、動作確認をしたいところですが、

手持ちのディスプレイへ映す為の、

「D-Sub15 → ミニD-Sub15」変換アダプタを持っていません

キーボードもマウスもありません

システム起動フロッピーさえ持っていません

でも、とりあえず電源を入れ、FDD動作確認してみたかったので、

11
記念に持っていた、昔僕が、コンピュータ専門学校で使っていた、

PC9801にて使った5インチフロッピーを、挿入してみました。

12
「FDD 0」ディスク挿入・ローディング・イジェクト動作確認

13
「FDD 1」ディスク挿入・ローディング・イジェクト動作確認

メカ的には問題ないのかもしれません(起動ディスクではないので詳細確認出来ない)

14
今のところ、通電もOKのようです!

でも、25年も前のコンピュータですから、

基板上の電解コンデンサの老化、

トランジスタや抵抗等にも、ダメージがあると思われますので、

後日、完全分解後、基盤洗浄と部品交換を行うコトにしています。

ケースは、汚れやキズ、擦ったような跡も酷いですが、

割れや破損はないようですので、安心しました。

こちらも洗浄し、キズはパテを打ち、全塗装です。

これから、大変な作業が待っています!!

楽しみです!!!!



X68000 ACE の到着を歓迎していると、チャイムが鳴りました♪

15
別途、頼んでいた荷物です!

16
今となっては、とても貴重な5インチフロッピーディスク!

そんな貴重品(新品未開封)を、1,280円※で手にするコトが出来たのです!

(※送料・代引き手数料除く)



商品代だけで、今のところかかった費用は、

X68000 ACE 4,000円
5インチFD 1,280円
---------------------
計 5,280円

残す使えるお金は、14,720円です。

今日の心得
 楽しむコトはいいけれど、拘りだすとキリがない!
 目標設定をシッカリと決め、その範囲内で楽しむ!
 それもまた楽しみ!

プロフィール

  • 現在モデル事務所に所属
    モデルや、物書きになる為の勉強をしています。
    2ndブログはこちら
    Facebookはこちら


    永良ます子/EiraMasuko ♂
    本名/森山誠美(ともみ)
    生息地/博多(めんたいこ)
    血液型/O
    誕生日/s5035日(啓蟄)
    好きな色/白/黄/オレンジ/緑
    趣味/くぎみー
    癒し系(アロマ/ハーブティー)
    文章を書くこと/読書/断捨離
    不思議と御縁があるもの
    亀/蝶/黄色/ミッキー/3と5と8/ゾロ目/明治/水に関係ある所/天神様/梅/太宰府

    超理系だけど、超文章書いて、
    超未来にする!φ(`・ω・´)
    アナログデバイス
    ZEBRA スラリ0.5/呉竹精昇堂 美文字筆ペン/伊予和紙/土佐和紙
    デジタルデバイス
    iPhone6[au]/F-06E/VAIO S15/X200MA/VAIO L/工人舎PM/ポメラ/EP803AW
    パソコン歴
    SHARP MZという時代から使いCE→PG→SE→講師→コンサルのお仕事をしていました。現在は一応役職らしいです。
    お掃除アイテム
    クイックルワイパー ハンディ/激落ちクロス リビング/マキタ 充電式クリーナ/ペットボトルブラシ/除菌ウエッティー
    Yankee Candle
    タヒチアンティアレフラワー/ガーデンハイドアウェイ/ミッドナイトジャスミン/ガーデンスイートピー/アイランドスパ/セージシトラス/ラブズミーラブズミーノット
    南阿蘇ティーハウス
    ジャスミン/ホッと一息ティータイムブレンド/疲れた体にやさしいブレンド/幸せ黄色のハーブブレンド/店舗・季節限定ブレンド

このブログ成分

1st Twitter

2nd Twitter

無料ブログはココログ