« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月の26件の記事

2016年1月31日 (日)

あなたにもきっと羽が生えている[No.3160]

(日付を調整しています)
(長めになっています)

最近感じたコトですが、

なんとなく、サナギのように、

殻を脱げ切れてない部分があるように感じる。

その殻という障害はなんなのか?

自身の勇気なのか。力なのか。運命なのか。

第三者から得るコトなのか。

まだまだ経験が少ない僕は、よく解っていません。



でも、ひとつだけ見えているコトがあるのです。

殻を脱ぎ捨てたあとには、羽が生えているように思う。

自由に動き、飛び回っているような気がする。

あくまで、僕の空想にすぎませんが、

昔人間にも、羽が生えていたように思う。

けれど、地上に天敵がいなくなり、

便利な乗り物が登場するにつれ、

その羽は、退化したように感じるのです。

羽が退化して無くなったメリット。

重たい自分を飛ばすコトに、

エネルギーを使わなくてもいい。

本来100あったエネルギーも、70、60へと少なくなり、

ちょっとしたコトで直ぐに凹み、

疲れてしまうようになったのが、

現代人のようにも感じています。

「みんなが疲れているから、自分も疲れているんだ」



火事場の馬鹿力ってありますよね。

僕が思うに、逆にそれが、本来力だと思うのです。

いつ、どのタイミングで力を発揮するか。

ある意味、出し惜しみをしているのかもしれません。

「力を出したくても、なかなか出せないな」

もし、あなたがそう思うのなら、

吹っ切れていない、なにかがあるように思うのです。

そのなにか「殻」を脱ぎ捨てるには、

当然、エネルギーが必要になります。

僕自身、その脱ぎ方を解っていませんし、

書店に本が売っているわけでもないと思います。

どうやって脱ぎ捨てるかは、人それぞれに、

ゆだねられているとも思うのです。



僕だって殻を脱ぎ捨てたいし、

あなただって、きっと脱ぎ捨てたいハズ。

その殻の正体が解らないまま、

ここまでブログを書いてみましたが、

いまふと、ひとつ浮かびました。

僕がいま感じるに、固定概念ではないでしょうか。

「○○の方法ではきっとうまくいかない。だからやめておこう。あれもダメだから、これもダメかもしれない。無理かもしれない」

自動車学校では、危険を予測する為に、

かもしれない運転を心がけるように学びますが、

人生においては、

「次はうまくいくかもしれない。あれはダメだけど、これは大丈夫かもしれない」

前向きに考える、かもしれないも必要だと思うのです。



長くなってしまいましたが、

固定概念。自分が思っている限界値と、

実際の限界値は異なると思います。

「自分は60しかできない」という殻を破り、

70、80、90、100の力を出せたとき、

羽ばたくコトができるのではないでしょうか。

見慣れた地上だけでなく、大空に羽ばたいて、

エンジョイできるといいですね。

今日感じたコト
 自身過小評価し、
 それしか出せないと思い込む固定概念。
 その壁を打ち破ろうと思う。

あなたにもきっと羽が生えている[No.3160]
 今日も最後までありがとうございます。

僕のもうひとつのブログ
「嬉しいコト@カラフル!」
http://ameblo.jp/moriyama-tomomi/
お暇な方は遊びに来てくださいね。(^^)

2016年1月30日 (土)

うまくいかないを楽しむ[No.3159]

(日付を調整しています)

普段僕は、どちらでもラッキー!だと感じています。

タイミングよく電車やバスが来れば、ラッキー!

逆に、いま出たばかりで逃しても、

ラッキー!ゆっくりとできる!

うどん屋さんがお休みだとしても、

じゃあ焼き肉を食べに行こう!など、

考え方次第で、どうにでも感じるコトができるんだと

日々、自分の心の調整をしています。



普段から僕は、ラジオをよく聞くのですが、

数日前、ラジオのCMでこんなコトを言っていました。

「信号を待とうとしたら青になった。電車を待とうとしたらちょうど電車がきた。仕事も順調でスムーズに進んで無駄がない。でも、無駄がないということはゆとりがないってことなんじゃないかな」

(正確な言葉の言い回しや、なんのCMだったか、インパクトがありすぎて細かく覚えていないです)

無駄がないってコト。

つまり、物事が順調に進んでいるコト。

多くの人は、それを喜ぶと思います。

けれど、うまく進まないときには、不平不満。

愚痴を言ったり、ストレスを溜めてしまう。

僕は、ここにエネルギーを使わないように、

普段から注意しているのですが、

上記ラジオの意味が、なんとなく解った気がします。

順調にいけばうれしいかもしれないけれど、

ゆとりがなく、疲れてしまう場合もある。

順調にいかないときは、ゆとりがもてるけれど、

そのときを、休む時間に使うか、

不平や不満、愚痴を言う時間に使うかで、

その後の人生の出発は、違うと思うのです。



「電車が遅れているじゃないか!どうしてくれる!」

延々と、駅員にクレームを言ったからといって、

次の電車が早くくるわけではありません。

むしろ、クレームを言うコトでエネルギーを使う。

そうではなく、電車が遅れたらじっと待つ。

そのときに休んでエネルギーを蓄えたり、

行き先に着いたときのコトを考えておけば、

段取りよく、スムーズにコトも進むと思うのです。

クレームを言うあまり、疲れて電車で寝過ごした。

そんな人生にはなりたくないですね。

今日感じたコト
 青信号。進めるときがあれば、
 赤信号。止まるときもある。
 そのとき、イライラするのか一息するのかで、
 その後の再出発が、変わってくると思います。

うまくいかないを楽しむ[No.3159]
 今日も最後までありがとうございます。

僕のもうひとつのブログ
「嬉しいコト@カラフル!」
http://ameblo.jp/moriyama-tomomi/
お暇な方は遊びに来てくださいね。(^^)

2016年1月29日 (金)

見た目だけではなく[No.3158]

(日付を調整しています)
(長めになっています)

子どもの頃、こんな経験はありませんでしたか。

自分が持っているおもちゃやお菓子よりも、

他人が持っているほうが、良さそうに見えてしまう。



子どもと大人と、少し条件が違うところは、

子どもは知らないコトが多く、興味本位。

好奇心旺盛だからだと思います。

あのおもちゃでちょっと遊び、

このおもちゃでもちょっと遊び、

あのお菓子をちょっと食べて、

このお菓子もちょっと食べる。

そうやって、散らかすコトによって、

経験として、学んでいくんだと思います。

「このおもちゃよりも、こっちの方が楽しい! このお菓子よりも、こっちのお菓子の方がおいしい!」



そして大人になったとき、

人は、ある程度は予測できるようになります。

「この前食べたキムチチゲよりも、こっちの方が赤いから辛いだろう」

食べ物だけでなく、勉強や仕事にしても、

「この前よりも、こっちのほうがつらそうだから止めよう」

そうやって、チャレンジ精神も

失っていくのだと思います。

もちろん、チャレンジするコトが全てだとは

僕は思いません。

しなくても良いコトにチャレンジして、

失敗をして、借金して、人生台無しにするよりは、

チャレンジしない方が良い場合もある。



多くの大人たちは、そんなの当然だと、

しっかりと認識していると思います。

けれど、僕を含めて、

完全にぬけ切れてない部分があると思うのです。

例えば、あなたの目の前に高級車が停まったとき。

あなたの住まいよりも、高級な住まいを見たとき。

「いいな」と感じると思うのです。

そこで「よし!自分も頑張るぞ!」という人と、

「どうせ自分なんて…」という人。

ふた通りに別れると思うのです。



「よし!頑張るぞ!」という人は、

黙っていても、成長するコトだと思います。

今回僕がお話しするのは、そう感じれない人。

「どうせ自分なんて…」と不幸の主人公を演じる人。

確かに相手は、良い車や良い住まいかもしれない。

けれど、心は貧しいのかもしれない。

お金は持っていても、家族や友人はいないかもしれない。

人の何倍も精神的に気を使う仕事だからこそ、

その報酬として、お金をもらっているのかもしれない。

そう思えば、不幸の主人公を演じるのが、

バカらしくなるのではないでしょうか。



僕が感じるに、本当にお金があって、

心にゆとりがある人は、高級車をひけらかしたり、

ブランド物や高級住宅街に家を持たないと思うのです。

あくまで、僕の予測や少ない経験でのお話しですが、

友達がいない、家族がいない、技術や経験がない。

そういう人に限って、車や家を見せびらかせて、

自分に足りないものを、

補おうとしているように感じました。

ですので、そういう人たちの車や家を、

「うらやましい」と思うのは、

ある意味、変だと思うのです。



極端な表現かもしれませんが、

足が不自由で、車いすの人を見て、

「便利そうな物に乗っている!いいな!…どうせ自分は車いすなんて買えない…」

そう思うのと、変わりないと思うのです。

もちろん、お金持ちを目標にするのも良いと思いますが、

そこがゴールだというのも、どうかと感じるのです。

お金はあくまで対価であって、

技術や我慢料だと思います。

技術や我慢を極めるのもいいかもしれないけど、

やはり人生、楽しむコトが大切ではないでしょうか。

楽しんだ結果、その先にお金があるのなら、

それは神様から授かった、天職だと思います。

そういう人間になれたらいいなと。

日々、いろいろと考えています。

今日感じたコト
 見た目だけでは判断できない。
 見た目が相手より勝っている、負けている。
 ではなく、今をどう楽しんでいるか。
 笑顔になれるか。ではないでしょうか。

見た目だけではなく[No.3158]
 今日も最後までありがとうございます。

僕のもうひとつのブログ
「嬉しいコト@カラフル!」
http://ameblo.jp/moriyama-tomomi/
お暇な方は遊びに来てくださいね。(^^)

2016年1月28日 (木)

やりたいコトではなく、どんな感じが好き?[No.3157]

人それぞれだとは思いますが、

歳を重ねたときよりも、若い頃の方が、

「○○をしたい! ○○になりたい!」

そういう思いが強いと思います。

けれど、歳を重ねるにつれ、

業界の裏を知ったり、現実を知ったり、

自身で経験するコトによって、

「私が思っていた世界とは違かった…」

そうやって、夢を失っている人が、

少なくはないと思います。

「私は何ができるのだろう? 何が向いているのだろう?」

適職、天職を探し求めるコトに。



そういう僕自身も、ときどきそう思うコトはあります。

自分が何者で、何ができて、何が得意で、

どういう分野で人様のお役にたてるのだろうか。

昨晩、夜中の散歩をしながら、

ふと感じたコトがあります。

「何ができるだろう? 何が向いているだろう?」

ではなく、それ以前に、どんな感じが好きか?

これを優先させるべきではないだろうか。

例えば僕ならば、言葉を大切にしてくれる職種がいい。

「いらっしゃいませ。ありがとうございました」

接客でも、ある意味言葉を大切にしますし、

原稿作成や広告分野でも言葉を大切にし、

介護や心のケアでも言葉を大切にする。



「何が向いているのだろう?」

右も左も解らなかった常態から、

「言葉を大切にしてくれる感じ」

ひとつ選択しただけで、だいぶ幅が広がりますよね。

他には、食べ物を大切にしてくれる感じ(販売、飲食店)

動物を大切にしてくれる感じ(ペットショップ、獣医)

映像や音楽作品を大切にしてくれる感じ(クリエイター分野)

笑顔を大切にしてくれる感じ(病院やメンタルケア、お笑いなど)

「なにがしたいか」も大切だけど、

どういう分野で何を大切にしてくれる職場か、

これも重要だと思うのです。

生き物を大切にしたい人が、食用ニワトリを育て、

その場で残酷なコトはできないでしょう。

人を笑顔にしたい人が、誰とも向き合わず、

一人工場で流れ作業や、自宅で作業も不向きでしょう。

もし、どんな仕事が自分に向いているのか、

迷っているならば、業種から選ぶのではなく、

自分は、何を大切にしたいと思っているのか。

それを元に考えるコトで、

答えを見つけやすくなるのかもしれませんね。

今日感じたコト
 「○○をしたい!」チャレンジ精神も大切だけど、
 属性として、自分はどんな感じが好きなのか?
 なにを大切にしようとしているのか?
 それを知るコトで継続ができ、
 その道のプロになれるのではないでしょうか。

やりたいコトではなく、どんな感じが好き?[No.3157]
 今日も最後までありがとうございます。

僕のもうひとつのブログ
「嬉しいコト@カラフル!」
http://ameblo.jp/moriyama-tomomi/
お暇な方は遊びに来てくださいね。(^^)

2016年1月27日 (水)

逃げても逃げられない[No.3156]

(日付を調整しています)

このブログを読んでくださっている方は、

「この人(僕)は、悩みなんてないんだろうな…」

そんなふうに、思われているのかもしれません。

でも実際には、たくさんの悩みを持っています。

ここで言っても、なにも解決はしないので、

敢えて、書いたりしていないだけです。



いま、深夜のファミレスでご飯を食べ終え、

このブログを書いているのですが、

正直に打ち明けると、

先ほど、このファミレスに到着する少し前。

横断歩道を信号待ちしているとき、

車が通り過ぎようとした瞬間、

「あの車に向かっていったら、楽になれるのかな」

そんな衝動に襲われ、片足を出そうとしたとき、

「いやいや、全然関係のない運転手を巻き込んではダメだ!」

そういう意識が働いたので、車に向かうのは止めました。



もしここが、誰もいない断崖絶壁だとしたら、

飛び込んでいたんだろうか?

誰にも迷惑をかけない……ように見えても、

捜索願などを出されたら、警察などが迷惑をする。

人に迷惑をかけずに生きるのも難しいけれど、

人に迷惑をかけずに死ぬのも難しい。

そういう意味では、逃げ道なんて、

そう簡単にはないように思えます。



逃げ道がない。

悪いように思えるかもしれないけれど、

別の見方をすれば、生きる権利を持っているとも

捕らえるコトができると思います。

生きていても、死んでも迷惑がかかるのなら、

どうせなら、悲しむめいわくよりも、

楽しいめいわくの方がよいですよね。

ここで言うめいわくとは、

直接ひとに危害を加える意味ではなく、

人は、誰かのお世話になっていきている。

大家さん、職場の人や友人など、

誰かに気にかけてもらっているから、

生きていけると思うのです。



もしあなたが、何かの拍子で死にたくなったとき、

このコトを思い出していただけたら幸いです。

人に迷惑をかけずに死ぬ方法なんてない。

今日感じたコト
 人は、生きていても、
 死んでも誰かにめいわくをかける。
 でも、どうせめいわくかけるなら、
 相手に楽しい思いをしてもらってからのほうが、
 お互い気持ちがよいんじゃないかな。

逃げても逃げられない[No.3156]
 今日も最後までありがとうございます。

僕のもうひとつのブログ
「嬉しいコト@カラフル!」
http://ameblo.jp/moriyama-tomomi/
お暇な方は遊びに来てくださいね。(^^)

2016年1月26日 (火)

決めつける人[No.3155]

(日付を調整しています)

もしかすると、決めつけ。というよりは、

思い込みの方なのかもしれません。

例えば「これって○○に似ているよね」

自分が感じたコトを、素直に言ったコトに対して、

「いやそんなコトはない!これは違うんだ!」

急に怒り出す人っていますよね。

別に、似ているからといって、

どちらがどちらの真似をしたとか、

文句を言っている訳ではないのに、

勝手に、文句を言われたと、

解釈しているのかもしれません。



一応補足しておくと、

「これは怒っているんじゃない!違うと指摘しているんだ!」

と言われてしまえば、こちらが勝手に

解釈しているコトになってしまいますが、

怒っていないのなら、興奮せずに、

声のトーンは普通にしゃべれると思うのです。



他には、世間一般的の話しをしているときに、

自身のコトだと勘違いしてしまう人。

僕が思うに、過敏になりすぎていると思うのです。

世間全体を見て話しを聞いているのではなく、

対自分として話しを聞いてしまう。

「視野が狭くなっているんじゃないかな…」

そう感じるのです。



「○○と似ている」

なにも悪いとは言ってない。

「それはどうだろう?」

なにも否定しているわけではない。

「私はこう思う。感じる」

なにもあなたを否定しているわけではない。



このラーメンがおいしいかまずいか。

良い景色か悪い景色か。

良い状態か悪い状態か。

恵まれているか恵まれていないか。

楽しいか楽しくないか。

おもしろいかおもしろくないか。

感じ方は人それぞれ。

それに対して、怒る方もおかしいと感じます。

(もちろんこれは、僕の感じ方です)



自分がこう感じて、相手と違ったからといって、

なにも否定しているわけではない。

勝手に否定されたとストレス溜めたりするよりも、

「なるほど。そういう感じ方、考え方もあるんだ」

自分とは違う感覚も認めるコトによって、

視野が広がり、

大きな人間になれるのではないでしょうか。

今日感じたコト
 否定されたと思うか、別の感じ方があると学ぶか。
 それによって、人生は変わってくると思います。

決めつける人[No.3155]
 今日も最後までありがとうございます。

僕のもうひとつのブログ
「嬉しいコト@カラフル!」
http://ameblo.jp/moriyama-tomomi/
お暇な方は遊びに来てくださいね。(^^)

2016年1月25日 (月)

使い捨て社会を生きる[No.3154]

良い意味でも、悪い意味でも、

現代は、使い捨て社会だと思います。

物を大切にしたくても、3年もすれば、

ケータイ、スマホのバッテリは弱ってきます。

そこで、お金を払ってバッテリを交換したとしても、

5年もすれば、OSが古くてアプリが使えなかったり、

通信規格が変わって、安い通信プランを使えなかったり、

古いものを大切に使うメリットがなくなってきている。



パソコンにしても、新しいOSを使いたいからと、

メモリ増設、CPU交換、HDD交換、OSのアップデート。

最近はパソコンが安いだけに、

買い換えた方が金額も安く、性能も良いという。

変な話し、物を大切にしようとすればするほど、

お金がかかり、デメリットもあるように感じます。

それ故に、使い捨て社会になっているように思う。



「従業員が使えないから…」

人を働くロボットや、

物のように扱う経営者もいるでしょう。

簡単にクビやリストラにしたり、

「新しい従業員を入れればいい」

そんな、安易な考えの経営者もいると思います。

でも、そこでクビになった人は、

落ち込む必要なんて、ぜんぜんないと思います。

それこそよい意味で、こちら側が捨てたと思えば、

腹が立つコトはないと思うのです。

「酷い経営者だったな。良い勉強になったよ」

そう思えば、自分が捨てたれたなんて思わないでしょう。

「むしろ、自分が捨てたんだ!」



「捨てた」言葉の表現は悪いかもしれませんが、

いつまでも古い昔のコトを引っ張りつづけるのは、

いつまでも古いパソコンを使うようなものです。

使い捨て社会であるならば、

嫌な思いも、即捨てれるような

気持ちの切り替えを持っていたいですね。

今日感じたコト
 古くて使えないもを捨てるのは普通。
 古くて使えない恨みや妬みを、
 いつまでも大切に持つ必要もないと思います。

使い捨て社会を生きる[No.3154]
 今日も最後までありがとうございます。

僕のもうひとつのブログ
「嬉しいコト@カラフル!」
http://ameblo.jp/moriyama-tomomi/
お暇な方は遊びに来てくださいね。(^^)

2016年1月24日 (日)

愚痴と相談[No.3153]

(日付を調整しています)

正直僕は、愚痴を言うのは好きではありません。

それはなぜか。

愚痴を言う場合の殆どは、外部で言うからです。

学校の愚痴は、自宅や友人と遊んでいるとき。

会社の愚痴は、家庭や友人と飲んでいるとき。

家庭の愚痴は、会社や友人と飲んでいるときでしょう。

もちろん、相手に話すコトによって、

ストレス発散という考えもあるかもしれませんが、

それでは、根本的な問題解決にはならない。

でも「もしかすると、なにかヒントがもらえるかも?」

そう思うのなら、愚痴ではなく、

「相談」という名目で、話しを進めるとよいと思います。

「ねぇ聞いてよ。○○がさぁ…」と愚痴をいうよりも、

「現状がこういう状態なんだけど、どうすれば良いと思う?」

訪ね方次第で、得れるものも違うと思うのです。



でも、基本僕は、解決しないところでは、

愚痴を言わないようにしています。

家のコト、会社のコト、Twitterやブログで愚痴っても、

なんの解決にもならないです。

ヒントを求めているのなら、

最初から相談するのが筋だとも思います。

「誰かヒントくれないかな…」

そんな感じで延々と愚痴っていたとしても、

感じが悪い人と、仲間が減っていくだけだと思います。

そして仲間が減ったと、また愚痴る羽目になる。

愚痴と相談は違います。

クレームと質問も違います。

「これは初期不良だ!」という言い方よりも、

「こういう仕様なんですかね?」と訪ねるほうが、

快く対応してくれるコトが多いです。

「Aさんは○○なんだ!」と愚痴るよりも、

「Aさんは○○な行動とるんだけどどう思う?」

訪ね方ひとつで、気持ちも変わるものです。

もちろん、愚痴は言わないコトに

越したコトはないですが、

自分だけで解決できないときには、

「相談」という形で「解決できそうな適切な場」で

言うのがよいのかもしれませんね。



もし他に、適切な解決方法があるのなら、

僕にも教えてくださいね。

僕からの相談です。

今日感じたコト
 解決しないような場所では愚痴らない。
 ヒントを求めているのなら、相談しよう。

愚痴と相談[No.3153]
 今日も最後までありがとうございます。

僕のもうひとつのブログ
「嬉しいコト@カラフル!」
http://ameblo.jp/moriyama-tomomi/
お暇な方は遊びに来てくださいね。(^^)

2016年1月23日 (土)

階段と上り坂[No.3152]

(日付を調整しています)

以前、どちらかのブログに書かせていただきましたが、

階段をのぼるのと、坂道をのぼるコト。

簡単そうに見えて、実際に難しいのは、

坂道の方ではないでしょうか。

Img_7948
これは、神社にある小さな階段と坂道。



なんとなくですが、本堂へ向かうまで、

神様に試されているように感じたのです。

「安定した階段をのぼるか。楽そうに見える坂をのぼるのか」

実際に坂をのぼればわかると思いますが、

足首を傾斜に合わせて曲げ、

後ろに倒れないように踏ん張りながら前に進む。

三つのステップが必要。

でも階段であれば、足首を曲げる必要性も、

踏ん張る必要もないんですよね。

常に、なにかと苦労する人っていますが、

もしかすると、これではないのでしょうか。

楽な道を通ろうするから、つらい結果になってしまう。



それは誰だって、普通に階段をのぼるよりも、

別のコトをしたいと思うのは、当然だと思います。

けれど、今回僕が感じたコトは、

なにも、階段で普通とは違うのぼりかたをしなくても、

途中の休憩や頂上で、

違うコトをすれば良いのでないのだろうか?

そう感じたのです。



変わったのぼりかたをすれば、

ケガをしてしまうコトもあるかもしれません。

「坂が悪い!靴が悪い!手すりがないのが悪い!」

なにかのせいにしたって、解決はしない。

ときには、普通にのぼってみるコトも、

大切だと感じます。

今日感じたコト
 「普通とは違うのぼりかたをしなければ…」
 「普通とは違う運転をしなければ…」
 確かに、普通ではない結果が待っているでしょう。
 ケガをしたり、事故に遭ったり。
 そして不幸の主人公を演じるのは、どうなのかな。

階段と上り坂[No.3152]
 今日も最後までありがとうございます。

僕のもうひとつのブログ
「嬉しいコト@カラフル!」
http://ameblo.jp/moriyama-tomomi/
お暇な方は遊びに来てくださいね。(^^)

2016年1月22日 (金)

騒がしく賑やかに[No.3151]

僕は博多っ子。お祭りが好きなくせに、

騒がしいところは、あまり好きではないという。

少し変わり者なのかもしれない。

普段、コーヒーを飲むにしても、

食事をするにしても、騒がしいお店よりも、

静かで落ち着けるお店を選らんでしまう。



けれどときどき、こういう騒がしいところで、

あえてご飯を食べたくなる。

Img_7971
(ショッピングモールのイートインコーナー)

僕には、母や妹、義理の父の家族はいるけれど、

居るようで、居ない感じ。

ひとりが嫌いって訳ではないけれど、ときどき、

どうしてひとりで食べなきゃいけないんだろう?

なんて思うときもある。

その逃げ場が、ここなのかもしれない。



「騒がしい」そう表現すると、

なんだか迷惑的行為に感じてしまうけれど、

「賑やか」と表現すると、

なんだか楽しそうに感じませんか。



「騒々しい、うるさい!」

そう決めつけるのではなく、

賑やかで楽しいと感じるアンテナを張るコトによって、

人生を謳歌できるのではないでしょうか。

今日感じたコト
 騒音(ノイズ)だと感じるか、
 そうではないものとして楽しめるか。
 いろんなアンテナを張り巡らせていたい。

騒がしく賑やかに[No.3151]
 今日も最後までありがとうございます。

僕のもうひとつのブログ
「嬉しいコト@カラフル!」
http://ameblo.jp/moriyama-tomomi/
お暇な方は遊びに来てくださいね。(^^)

2016年1月21日 (木)

小さな目標を[No.3150]

僕は、定期的に神社へお参りへ向かいます。

神社の広場の方から声がするので、

「なんだろう?」と覗いてみました。

Im01
すると、15人くらいでしょうか。

ストックを二本持ち、足や腕を動かし、

指導者の元、スキーの練習をしているようです。

「スキーかぁ。いいなぁ。僕はスキーを一度もしたコトがないから、いつかしたいなぁ」



そして、僕はあるコトに気がつきました。

僕が尊敬する人は、スキーや海外旅行など、

多くの経験をしていらっしゃいます。

そこで僕は、はっ!と感じたのです。

大物になったから、

スキーや海外旅行をしているのではなく、

スキーや海外旅行をしようと、

小さな目的から達成できたから、

大物になれたのではないだろうか。



当然ですが、小さな目標、

小さな行動を起こせない人が、

大きなコトを成し遂げるコトはできません。

いきなり大きなものを目指そうと、

現実とのギャップに苦しむのではなく、

小さな目標から積み重ねて行くコトによって、

経験と自信がつき、次のステップへと、

進めるのではないでしょうか。



考えてみれば、今まで僕も、

小さな目標を沢山作ってきました。

部屋を片づけよう。部屋を明るくしよう。

禁煙しよう。思想を変えよう。

まだまだ、変えるべきところは沢山ありますが、

無理に大きなコトをしようとするのではなく、

まず、自分にできる範囲から、

徐徐に積み重ねて行こうと思います。

今日感じたコト
 国語(文字の読み書き)ができない人が、
 いきなり数学の問題が解けないように、
 物事には順序がある。
 それを理解し、小さな目標を作って行けば、
 最終的には、大きな目標になるんじゃないかな。

小さな目標を[No.3150]
 今日も最後までありがとうございます。

僕のもうひとつのブログ
「嬉しいコト@カラフル!」
http://ameblo.jp/moriyama-tomomi/
お暇な方は遊びに来てくださいね。(^^)

2016年1月20日 (水)

敢えてずらす[No.3149]

普段から僕は、違う道を通るのが好きです。

いつものお店に行くにしても、

右から、左から、まっすぐから。

多少遠回りになったとしても、

見たコトがない景色を楽しみ、

「あっ!こんなところにこんなお店があるんだ!」

そういう発見をするのが好きなのです。

実は今日も、普段通る道を一本ずらしただけで、

地図には載っていない公園を発見しました。

「あっ!もしかしてこれって…」



人生の道筋や未来への結果は、

地図なんかには載っていない。

たった一本、ほんの少しずらすだけで、

載っていないものが見えてくる。



いつもと同じ、安定を求めるコトも大切。

でもそれでは、大きな発見はできない。

だから、敢えてずらしてみる。

オーケストラが壮大に聞こえるのは、

複数の奏者が微妙にズレて演奏するから、

それが壮大に聞こえるんだと思う。

100%まったく同じ演奏なら、

バイオリン奏者を10人必要ないと思う。

10人が全員微妙に違うからこそ、

より太い音になって、壮大さをますのだと思う。



いつも決まった道で、学校や会社と自宅の往復。

変化も壮大さもなくて当然だと思います。

いきなり私生活を180°変えるのは難しいでしょう。

だから、少しずつずらしてみる。

5分、10分早めに起きてみる。

30分も早めに会社に着けば、

ゆっくりコーヒーでも飲めます。

そして、今日一日の段取りを決めるコトもできます。

スムーズに仕事をこなせば、評価もされるでしょう。

そんな小さな変化から、

大きくなっていくんだと思います。

「こんなコトくらいで変わったりしない!」

そんな風に決めつけず、だまされたと思って、

少しずつでも、変化を楽しんでほしいです。

今日感じたコト
 小さな変化を起こせる人が、
 大きな変化を起こせる人になる。

敢えてずらす[No.3149]
 今日も最後までありがとうございます。

僕のもうひとつのブログ
「嬉しいコト@カラフル!」
http://ameblo.jp/moriyama-tomomi/
お暇な方は遊びに来てくださいね。(^^)

2016年1月18日 (月)

軌道修正するきっかけ[No.3148]

(日付を調整しています)

個人差はあると思いますが、人間は、

強いようで、心の弱い生き物だと思います。

良い意味でも、悪い意味でも、

何かに影響され、考え、不安に苦しんだり、

憎しみや悲しみから、精神的に弱ってしまう。

「バカ、下手くそ、ノロマ、クズ」

暴言を言われても、なにくそ!

前向きになれる人もいるでしょうが、

やはり、少し落ち込むのではないでしょうか。



経営者やリーダーの場合は、

もっと複雑かもしれません。

単純に、相手を誉めればよいというものでもなく、

誉めればつけあがり、技術が劣る者もいれば、

誉めるコトによって延びる者もいる。

どっちに転ぶにしても、やはり人間は、

小さなコトに影響されやすいんだと思います。



今回のお話しは、それを逆に使ってしまおう!

というコトです。

あなたは落ち込んだとき、つらいコトがあったとき、

どうしていますか?

「なぜ? どうして?」考えこんでしまう人や、

どんどん悪い方向にハマっていく人もいる。

落ち込み元気がないので、食欲もない。

ご飯食べないから、意欲もない。

意欲ないから動かない。

動かないコトによって、運が開けない。

仕方がないからと「○○が悪い!世間が悪い!」

愚痴を言ってしまう。

なんの、生産性もないと思うのです。



僕は弱っているとき、軌道修正するきっかけを作ります。

心のモヤモヤを少しでもスッキリさせる為に、

お風呂に入る! 部屋を片づける!

嫌なコトを忘れるために、グッスリと寝る!

そして、普段食べないような物を食べたりします。

誰しも、小さい頃に覚えがあるかもしれませんが、

「テストに合格したら寿司を食べにいこう! ステーキを食べよう!」

何かを成し遂げたとき、

自分にご褒美を与えませんでしたか。

「成し遂げた → ご褒美 → 普段食べない物 → 気持ちが向上する」

非常に良い循環だと思うのです。

でも、気が滅入っているときはどうでしょう。

「落ち込む → 食欲ない → 普段より食べない → より意欲を失う」

負の連鎖だとは思いませんか。

だから僕は、落ち込んだり、気が滅入ったときは、

普段よりよく食べるようにしています。

「落ち込む → 普段食べない物を食べる → 気分が向上してくる → 嫌なコトを忘れる」



言い方を変えるなら、

ストレス発散といってもいいのかもしれません。

それがカラオケや運動、買い物やゲームかもしれません。

落ち込んだとき、何もしないのではなく、

よい方向へ向かう為のきっかけ作りを、

大切にしたいと考えています。

今日感じたコト
 風邪で弱っているとき、栄養あるものを食べるように、
 心が弱っているときも、なにか栄養が必要だと思います。 
 特に食事は、人間腐ってしまわない為にも。
 悪いコトをして、
 刑務所で臭いメシを食べているのではないのです。

軌道修正[No.3148]
 今日も最後までありがとうございます。

僕のもうひとつのブログ
「嬉しいコト@カラフル!」
http://ameblo.jp/moriyama-tomomi/
お暇な方は遊びに来てくださいね。(^^)

2016年1月17日 (日)

想像力と想いやり[No.3147]

(日付を調整しています)
(長めになっています)

ブログはよいです。

ブログのなにがよいのか?

普通日記は、自分だけが見る日常のコトや観察日記。

数人で交わす交換日記くらいではないでしょうか。

でもブログは、全世界に配信されてしまう。

例え冗談でも、言ってはダメなコト。

最低限に、発言に責任を持つ義務が生まれる。

人によっては、

全く気にしていない人もいるかもしれませんが、

比較的、モラルやマナーを守る日本人なら、

僕の言っているコトが伝わっていると思います。

そう、ブログの発言は、責任を持たなければならない。



自分ひとりしか見ない日記。

「よし!禁煙するぞ!」そう書いて、

本当に禁煙できた人は、どれくらいいるでしょう。

「自分しか見てないし、明日でいいか。今度でいいか。来年でいいか」

そうやってズルズルになってしまう。

けれど、ブログの場合は少し違う。

「禁煙するぞ!」そう宣言した立て前、

実行しないと「かっこわるい!」

ある意味では「うそつき」なんて言われてしまう。

そういう、良い意味でのプレッシャーがあるからこそ、

20年近く吸っていたタバコを、

僕は禁煙できたのだと思います。

(禁煙して6年)



そして、今回僕がいちばん伝えたかったコトですが。

ブログは、自分が何を考えているのか?

よく理解できるんですよね。

自分のコトを理解するとなにがいいか?

「自分はこうされると気分が悪いから、こうしたら相手も傷つくだろうな。喜ぶだろうな」

相手がどう思うか、概ね解るのです。

当然といえば、当然かもしれません。

超身近な自分のコトが解らない人に、

赤の他人の気持ちが解るハズがありません。

「自分が店員で、こんな風にクレームを言われたら嫌だな」

それが理解できる人は、

「クレームを言うにしても、伝え方をやわらかくしよう」

想いやりが持てると思うのです。

その思いやりとは、自分だけの為でなく、

相手の為にもなります。



少し、大げさに聞こえるかもしれませんが、

僕がブログを書いているのは、自身の頭を整理し、

自分が何を考え、感じているかを理解するコトによって、

自分を把握するだけでなく、相手の気持ちを想像し、

僕自身も、相手にもメリットがあるコトだと信じて、

毎日書かせていただいています。

「自分の為だけ!」ではなく「人の為」でもある。

その人の為が、また自分に返ってくる。

良い循環を目指したいです。

今日感じたコト
 自身を知るコトで、相手への想像力が高まります。
 「自分がこうされたら嫌だから、相手もそうだろな」
 想いやりを大切にしたいです。

想像力と想いやり[No.3147]
 今日も最後までありがとうございます。

僕のもうひとつのブログ
「嬉しいコト@カラフル!」
http://ameblo.jp/moriyama-tomomi/
お暇な方は遊びに来てくださいね。(^^)

2016年1月16日 (土)

場所だけでなく時期(時間)も[No.3146]

(日付を調整しています)

僕は昔から、お祭りは好きだけど、

騒がしい場所は好きではありません。

ハンバーガーショップや定食屋さんよりも、

少々高くても、静かな喫茶店を選びます。

でも最近は、少し思考を変えてみました。

「いつも騒がしいとも限らない!」



実は、いまこのブログは、ファミレスで書いています。

僕以外には、一組のお客さんしかいなく非常に静かです。

ハンバーガーショップも、24時間なお店もありますが、

夜、夜中に立ち寄ると、また違った世界になっている。

少し、大げさに聞こえるかもしれませんが、

「あの場所は騒がしい!」というのは固定概念で、

時間さえズラせば、そうではない場合もある。

これって、人生にも同じコトが言えると感じたのです。



例えば、あなたがある才能を持っていたとしても、

世間はそれを受け入れてくれない場合があります。

「A社は認めてくれなかった!○○さんが認めてくれなかった!」

それで終わりではなく、時期も大切だと思うのです。

おなかいっぱいの人に、

どんなにおいしい食べ物をプレゼントしても、

相手は、そんなには喜んでくれないと思うのです。

ようするに、タイミングが重要!

いつでも、

そのベストなタイミングに駆け出せるように、

準備しておきたいですね。

今日感じたコト
 物事がうまく進まないのは、
 場や人だけでしょうか。
 時期(タイミング)にも間違いがないか、
 今一度確認してみたいと思います。

場所だけでなく時期(時間)も[No.3146]
 今日も最後までありがとうございます。

僕のもうひとつのブログ
「嬉しいコト@カラフル!」
http://ameblo.jp/moriyama-tomomi/
お暇な方は遊びに来てくださいね。(^^)

2016年1月15日 (金)

他人をうらやむのではなく[No.3145]

(日付を調整しています)

他人をうらやましいと思うコトは、

誰しもあると思います。

「自分もあんな風になりたい!」

目標を持つという意味では、良いコトだと思います。

けれど、そうではない場合もありますよね。

例えば「世間はクリスマスや正月か…うらやましい!」

「自分は仕事なんだぞ!」と、

不幸の主人公を演じてしまう。



そんなんだから、

幸せになれないのだと思います。

では、ホームレスになったとしたらどうでしょう。

「ビシッとスーツを決めて、仕事できていいな」

そう思うのではないでしょうか。

借金がある人は「借金がない人はいいな」

借金がない人は「貯金がある人はいいな」

貯金がある人は「技術や知名がある人はいいな」

結局、どのポジションにいても、

他人をうらやむコトになると思うのです。



そんな、他人をうらやむコトよりも、

今の自分をどう楽しむのか? これだと思うのです。

「世間はクリスマスやお正月だけど俺は働いているんだぜ! でも、みんなが働いている平日に休めるんだぜ! お店も空いているし、ゆっくりできるし、並ばなくてもいいんだぜ!」

そんな風に思えば、悪くは感じないハズです。

人は人、自分は自分。

無いものを求めるよりも、今の自分をどう楽しむかで、

未来を切り開くコトができるのではないでしょうか。

今日感じたコト
 自分に無いものを無理に求めるよりも、
 今あるもので楽しむコトが大切だと感じます。
 もちろん、現状に満足するという意味ではなく、
 上を目指していく為に、今を良い環境だと思うコトで、
 前に進みやすくなるのだと感じています。

他人をうらやむのではなく[No.3145]
 今日も最後までありがとうございます。

僕のもうひとつのブログ
「嬉しいコト@カラフル!」
http://ameblo.jp/moriyama-tomomi/
お暇な方は遊びに来てくださいね。(^^)

2016年1月14日 (木)

敢えて遠くから変えてみる[No.3144]

(日付を調整しています)
(長めになっています)

もし目が覚めたとき、今までとは違う部屋で、

違う職場、違う人間関係だとしたら、

あなたはどうしますか。

きっと、ビックリすると思います。

そして、戸惑いも出てくると思います。

衝撃が大きいと、拒否反応なんてあるかもしれません。

拒否反応、つまり反発です。



でも、多くの人は、

変わりたいと願っているのではないでしょうか。

貧しい人は、裕福な暮らしをしたい。

裕福な人は、より上を目指した生活をしたい。

けれど人間は、なんだかんだいっても、

慣れ親しんだ環境に身を置くコトが、

一番安心するようにも思うのです。

「住めば都」という言葉は、まさにそれだと思います。

例え貧しい生活だとしても、

そこで10年無事に過ごしているのなら、

ある意味、安全は実証済…みたいなものですよね。

ですので「動きたい!変わりたい!」

そう思う気持ちがあったとしても、

心の奥底には、変わりたくない自分もいると思うのです。

それ故に、安易に変わるコトはできない。



でも、変わりたい人はどうすればよいのだろう?

いろいろ考えた結果、僕はひとつの答えをだしました。

それは「敢えて遠いところから変えてみる」

例えば、毎日飲んでいる身近なコーヒーを、

いきなり牛乳に切り替えるのは難しいと思います。

けれど、手洗いの石鹸や歯磨きチューブなら、

変えるコトはできるのではないでしょうか。

そういう意味で、僕は敢えて遠いところから、

いろいろと変えていこうと考えています。



たかが歯磨きチューブ、たかが洗剤なんて思われる

かもしれませんが、変なものを使うよりも、

良いものに変えると、やはり気分はよいものです。

「小さな気分が良い」を沢山集めれば、

大きな気分へと繋がると思うのです。

例えば喫茶店で、いくらコーヒーがおいしくても、

店員さんの態度が悪ければ、

コーヒーの味も台無しですよね。



普通人間は、メインのものに変化を求めると思います。

キレイな住まい、かっこいい車など。

でも、直ぐに大きな変化を受け入れられなかったり、

いきなり引っ越しや、車を手に入れるのも困難。

ですので、今あるものを、快適に使おうと言うコトです。

今ある車が例えボロでも、それを大切に乗れば、

新しい車を手に入れても、違和感なく扱えると思います。

でも、車がボロだからいいか!と雑に扱えば、

新しい車を手に入れたとき、

新しいからと神経質になりすぎたり、

扱いが解らないと思うのです。



大きな変化を求めたいのならば、

よりいっそう、できる範囲の細かいコトから、

変化させて行くコトが重要だと思います。

今日感じたコト
 小さな変化を起こせない人は、
 大きな変化も起こすコトはできないと感じます。

敢えて遠くから変えてみる[No.3144]
 今日も最後までありがとうございます。

僕のもうひとつのブログ
「嬉しいコト@カラフル!」
http://ameblo.jp/moriyama-tomomi/
お暇な方は遊びに来てくださいね。(^^)

2016年1月11日 (月)

笑顔[No.3143]

(日付を調整しています)

日本は豊かな国?

確かに、豊かな国だとは思いますが、

本当にそうなのでしょうか。



Twitterで見かけた一枚の写真。

ゴミ捨て場、古着で簡易的に作ったブランコで、

笑顔で写真に写る素足の少年。

キレイな場所ではないゴミ捨て場。

本物ではないブランコ。

決して良いとは言えない服装に素足。

それでも少年は笑顔で写っている。

対する私たちはどうでしょう。

衣食住、なにも困っていないのに、

笑顔になれていない気がします。



冒頭にもどりますが、日本は恵まれている。

そう、物理的な物や環境には恵まれている。

けれど心までは、そうとは限らないようです。

普段、テレビをあまり見ない僕ですが、

最近は意識して、お笑い番組を見るようにしています。

笑えば笑顔になれ、嫌なコトも忘れるだけでなく、

幸せだから笑顔になるのではなく、

笑顔でいるから幸せになれると感じているからです。



きっと、多くの人が幸せを求めていると思います。

物や情報が多い現代から幸せを探し求めるよりも、

笑顔になるほうが、もっとも早い方法のように感じます。

難しい顔して幸せを考えたって、きっと見つからない。

笑うコトに集中してみようと思います。

今日感じたコト
 幸せのオーラを探し求めるよりも、
 自身が出す方が、簡単なのかもしれない。

笑顔[No.3143]
 今日も最後までありがとうございます。

僕のもうひとつのブログ
「嬉しいコト@カラフル!」
http://ameblo.jp/moriyama-tomomi/
お暇な方は遊びに来てくださいね。(^^)

2016年1月10日 (日)

自ら敵を作る人[No.3142]

(日付を調整しています)

誰が聞いても、暴言だと感じる言葉ってありますよね。

例えば、商品が不良品だったとしても、

対応が悪かったにしても、言い方ってあると思います。

「ちょっと何よこれ!どうなっているの?責任者だせ!」

大声で怒鳴り散らす人。

そんな対応を、第三者の僕が見ていても、

「この人は明らかに敵を増やす人だろうな」

そう感じてしまいます。

大きな声で暴言を吐けば、良い対応が望めるのでしょうか。



もし、自分が逆の立場だったらどうでしょう。

「そんなに大きな声で怒って言わなくても…」

きっと、そういうと思うのです。

周りに敵を作らず、見方を作れば、

精神的にもゆとりが持て、怒る必要もないと思うのです。

怒鳴ったり、怒ったりするほどに人は離れていき、

苛立ちもより出てくる。

その苛立ちを、クレームにぶつけたって、

なにも良い結果は得られない。



もちろん、僕自身も不良品をつかまされたり、

注文したものと違うものを受け取ったコトがありますが、

普通に伝えれば、普通に対応してくれる。

損するどころか、

「間違って送った商品はどうぞお詫びと思って使ってください」

「ご迷惑をかけたので商品券です」

「間違えたお詫びに大盛りにサービスしておきました」

得の方が多かったように感じます。

店員さんからしても「良いお客さん(クレーム)」であれば、

良い対応をするのが普通ではないでしょうか。

今日感じたコト
 いちど敵を作れば、作り続けるコトになる。
 そこに時間とエネルギーを使うなら、
 良い仲間を作るところに使いたいです。

自ら敵を作る人[No.3142]
 今日も最後までありがとうございます。

僕のもうひとつのブログ
「嬉しいコト@カラフル!」
http://ameblo.jp/moriyama-tomomi/
お暇な方は遊びに来てくださいね。(^^)

2016年1月 9日 (土)

溜め込むと背負うコトにもなる[No.3141]

(日付を調整しています)
(長文です)

もし、家が果てしなく広く、いくらでも入る

クローゼットや倉庫があるとしたら、

あなたはどうしますか。

きっと、自分が今まで買った物を、

いろいろ溜め込むと思います。

「便利そう!使いそう!役に立ちそう!お買い得!安かった!」

様々な理由で買った物を、収納すると思います。

10年前の僕ならば、溜め込むコトでしょう。

でも、今の僕は違います。



少し、冷静に考えると解ると思うのですが、

本来、どういう目的で物を手に入れるのでしょう。

倉庫に収納する為?…ではありませんよね。

本来物は、使う為に存在するのだと思います。

「便利そう!使いそう!役に立ちそう!」

それで実際に便利に使うのなら良いのですが、

倉庫に収納してしまうようなものは、

「便利ではなかった。使わなかった。役に立たなかった」

そういうコトではないでしょうか。

なら、手放しても問題ないと思うのです。



極端なお話しですが、これがもし、

あなたが社長や店長として、従業員を雇うとき、

「便利そう!使えそう!役に立ちそう!」

そう思ったけれど、そうではなかった従業員を

いつまでも雇うのと、大差ないと思うのです。

言葉は悪いかもしれませんが、

使えない従業員というのは、

社内の風紀を乱すだけでなく、

場合によっては、大切なお客さまや取引先にも

迷惑をかけてしまうコトになりかねません。

そして給料を支払うのは、マイナスしかないですよね。

使わない物も、大切な場所を失ったり、

部屋がごちゃごちゃして精神的にイライラしたり、

ぜんぜん良いコトなんてないと思うのです。

「また使うかもしれないから取っておく?」

使うつもりで購入し、

使わないから収納しようとしているのに、

まだ使うつもりなのでしょうか。



「お買い得だった!安かった!」

それで使うものならよいけれど、

安いだけの理由で買った物は、

「使いたい。使える」と「安い」とは、

またぜんぜん違う次元の話しだと思うのです。

時給100円で働きます!と言われて雇っても、

ぜんぜん仕事ができなければ、むしろ勿体ないです。

例え10万円の物が千円でも、

使わなけば倉庫の肥やしになる。

それが文字通り、倉庫の肥やし(意味のある物)

ならよいのですが、ただ場所を使う存在であれば、

マイナスでしかないと思うのです。



実は、僕の祖母の家ですが、

大量に荷物をため込んでいます。

「この家を動くつもりないから。物を溜めても平気!」

きっと、そんな軽いノリだったんだと思います。

木造の中二階もある築50年ほどの一軒家。

建物も古く、リフォームしようにも、

荷物が多すぎて、リフォームも容易ではありません。

引っ越しをしようにも、物数が多いので、

移動するコトも簡単ではないのです。

結局、リフォームするコトも、引っ越しも

できないまま、家が老朽化してつぶれるのを

待たなければならないようです。



物に執着すると、自身まで動けなくなってしまう。

可能性も少なくなり、行動範囲も狭くなる。

「二階は荷物が多くて建物が古いから、人があがると床が抜けるかもしれない」

そんな理由から、あがるコトのできない祖母の家。

なんの為に二階に荷物があるのだろう。

祖母は狭い一階で寝ています。

家の中の行動範囲すら狭くなっている。

好きな服も着るコトできず、ボロじゃ恥ずかしいからと、

外も出歩けないようでは、自由さえも奪われる。

人と話す機会もなくなり、狭いところに潜んでいては、

認知症になるのも無理はないと思います。

今は、病院で入院しているとのコトです。

溜め込んだ荷物は、結局は手をつけられない状態。

便利に使うつもりだった物たちが、

使わない不便な物と化けて、リフォームすら出来ない。

僕が思うに、もう悪魔にしか思えないのです。

そういう状況を見てきたからこそ、

僕は定期的に断捨離をするのです。

「使うかもしれない」は、見方を変えると、

「使わないかもしれない」

「もう手に入らないかもしれない」は、

「今後いくらでも手に入るかもしれない」

便利な現代ですので、個々の物がなくても、

なんとかなり、

それほど不自由しないのが殆どだと思うのです。

コーヒーメーカー、布団乾燥機、アイロン、

ホットプレート、たこ焼き機、電卓など、

それら愛用して使っているのならいいけれど、

これらがなくたって、インスタントコーヒーが飲め、

布団や衣類自体が昔にくらべ安くなっている。

安い布団や衣類に手間暇かける人も少なくなり、

使い捨てなんて人も多いのではないでしょうか。

便利なチンする冷凍食品が調理器具を使う回数を減らし、

スマホやパソコンが、電卓やラジオ、

音楽プレイヤーにもなる時代。

「何かを失って、不自由をしてみなさい!」

という方が難しい世の中だと思います。



あくまで、僕が思うにですが、

物が豊富にあり、便利な世の中だからこそ、

「自由を失ってはならない」と思うのです。

その自由とは、物に縛られるコト。

「これさえなければベッドやソファーが置けるのにな」

それは、物に自由を奪われていると思います。

「買い物に失敗したんだ」

素直に失敗を認め反省し手放し、

自由を手に入れて欲しいです。

「もったいないから取っておく」は、

失敗した買い物を帳消しにするコトでも、

罪悪感を減らす手段でもないと思うのです。

未来の自分が苦しまない為にも、

不要な物はどんどん手放して身軽になり、

活発に行動できる人生にしたいです。

今日感じたコト
 「勿体無いから!」そう思ったとき、
 それを保存する場所や、縛られるコトも
 覚えておいてほしい。
 罪悪感を消す魔法の言葉ではないのです。

 「食べたものが勿体無いから!」
 そういってトイレに行かなければ、
 腸内細菌だらけで死に至ります。

溜め込むと背負うコトにもなる[No.3141]
 今日も最後までありがとうございます。

僕のもうひとつのブログ
「嬉しいコト@カラフル!」
http://ameblo.jp/moriyama-tomomi/
お暇な方は遊びに来てくださいね。(^^)

2016年1月 7日 (木)

なにが、とりあえず?[No.3140]

僕自身も、無意識のうちに使ってしまうのですが、

「とりあえず」という言葉は、使ってはならないと思う。

「とりあえず○○する!」

物事を、軽々しく考えているようにも思うのです。

例えば「とりあえず何か食べる!」

目的無く食べるというコトは、最近食べたものなど、

栄養バランスのコトは考えていないと思うのです。

「昨日お肉だったから、今日はお魚を食べよう!」

とりあえずとは、違った未来になると思いませんか。



食べ物だけの話なら、大きく感じないかもしれませんが、

これが引っ越しや仕事だったらどうでしょう。

「とりあえず引っ越しする!」

今よりも環境が悪くなるかもしれません。

「とりあえず仕事する!」

ブラック企業でコキ使われ、

精神的に病んでしまったり、病院代がかかれば、

プラスどころか、マイナスのようにも感じます。

「とりあえずビール」くらいならいいけれど、

言い続ければ、癖になってしまい、

物事を、とりあえず(無計画)で

片づけてしまう人間になりそうです。

「とりあえず」と言いそうになったとき、

本当のその判断でよいのか。

「なにも行動しないよりはマシ」的なレベルで

物事を甘く考えていないか。

今一度考え直すと、良いかもしれないですね。

今日感じたコト
 とりあえず動く。安易な考えではなく、
 動くべきか、しっかりと考えるコトで、
 良い人や仕事も厳選できるのだと思います。

なにが、とりあえず?[No.3140]
 今日も最後までありがとうございます。

僕のもうひとつのブログ
「嬉しいコト@カラフル!」
http://ameblo.jp/moriyama-tomomi/
お暇な方は遊びに来てくださいね。(^^)

2016年1月 6日 (水)

無理に探さない[No.3139]

昔僕は、欲しいものがあるとき、

無理してでも探し回る人でした。

「手に入れたい」そう思う気持ちよりも

「探している自分が楽しかった」そう感じていたからです。

でも最近は、それをしていません。

過去の経験を振り返って、手に入れた苦労以上に、

使うコトがなかったからです。



もちろん、それがコレクターが趣味ならば、

それはそれで、よいかもしれません。

けれど僕は、無理して集める程のコレクターではないのです。

それなのに、無理する必要があるのか?

そこにエネルギーや時間を使うコトが無駄と

感じ始めたので、やらなくなったのです。

うまく例えるのが難しいのですが、

そこまでコーヒー好きでない人が、

おいしいコーヒー店に拘って探す必要がないと思うのです。



最近は、無理に探してもキリがないので

「あったらいいな」

程度で、無理に探さないようにしています。

逆に、それくらいゆるめの方が、

柔軟な発想で手に入れたり出来るようです。

それに、手に入れるコトが出来る人は、

運命的に、自然と手に入るんですよね。

もちろん、苦労して探して、

時間やエネルギーを使うコトが趣味な人は、

それでいいと思います。

けれど、そうではない人は、

そこまでする必要性があるのか?

単に意地になっていないか?

よく改めて考える必要があると思うのです。

今から16年ほどまえ、

僕が初めてヤフオクを落札したときは、

別にそこまでして欲しくなかったものを、

意地になって高値で落札したコトがあります。

そういう無駄を、無くしたいと思っているのです。

今日感じたコト
 無理に手に入れる楽しみもあるけれど、
 自然に任せて手に入れる楽しみもあるのです。

無理に探さない[No.3139]
 今日も最後までありがとうございます。

僕のもうひとつのブログ
「嬉しいコト@カラフル!」
http://ameblo.jp/moriyama-tomomi/
お暇な方は遊びに来てくださいね。(^^)

2016年1月 4日 (月)

違う発見は違う場所から[No.3138]

(日付を調整しています)

お正月、持病の脊髄分離症のせいか、

突然足が痛くなったので、

久しぶりにネットカフェで休んでいました。

いつもと場所や環境が違うせいからなのか、

普段とは違うコトを検索する。

そして、新たな発見がありました。



人生が大きく変わるような発見ではありませんが、

身近なところに、新たなレジャー施設が

出来ていたコトを知ったのです。

特に、最近できたばかりでも、

特別宣伝しているわけでもないようなので、

ネットカフェで検索しなければ、

きっと、見つけるコトは出来なかったと思います。

なぜ、そういう経緯になったかは、

僕が足が痛くなり、ネットカフェに入ったコト。

ゆっくりと、温泉にでも入りたいと思ったので、

近所にスーパー銭湯がないか検索しての発見でした。

今度、友人と行く予定にしています。

普段とは違う場所で、違うひとときを楽しめば、

新たな案や未来が見えてくるかもしれない。

そういう場所を、あなたにもたくさん見つけて欲しいです。

今日感じたコト
 いつもと同じ場所で、違う刺激を求めるより、
 いつもと違う場所の方が、きっとみつけやすい。

違う発見は違う場所から[No.3138]
 今日も最後までありがとうございます。

僕のもうひとつのブログ
「嬉しいコト@カラフル!」
http://ameblo.jp/moriyama-tomomi/
お暇な方は遊びに来てくださいね。(^^)

2016年1月 3日 (日)

いまを大切に[No.3137]

ときどき、小学校や中学校の前を通るとき、

「いいな」って思います。

なにが良いのだろうか? 若さなのだろうか?



勉強にしても、将来の決め方にしても、

もう一度やりなおしたいと、心は思っているようです。

僕が80、90歳のおじいちゃんになったときには、

きっと「あの頃、40代に戻りたい」と思うのでしょう。

僕にとって、いま現在がその40代なんですよね。

年齢を重ねるコトによって、80歳になったとき、

「40代に○○をやれば良かった!」

と気づくコトがあると思います。

けれど、過去には戻れない。

80歳になって気づくのではなく、

いかに早くそれに気がついて、行動に起こすか。

それが、悔いのない人生のように感じます。



いま現在を当たり前と思うのではなく、

若いうちにしか動けないコトがあるコトを、

ありがたいと思わなければ、

決して、動くコトは出来ないようにも感じます。

いま目に入る視界、音、空気。

温度や環境に、身体の体調。

これって、いまの一瞬にしか、

感じるコトが出来ないコトなんですよね。

解りやすく例えるならば、

小学生の頃に食べたプリンや駄菓子の味は、

あの時代にしか、十分に楽しめない。

もちろん、大人でも楽しむコトは出来るでしょうが、

感じ方や捉え方は、違うと思うのです。



いま一瞬を、大切に生きるコトができるのなら、

将来歳をとっても、後悔は少ないように感じます。

今年はまだ始まったばかりですが、

いつもとは違う年の感じ方をするだけで、

未来は、変わっていくのかもしれないですね。

今日感じたコト
 いまを大切に出来る人は、
 きっと、将来も大切にできる。

いまを大切に[No.3137]
 今日も最後までありがとうございます。

僕のもうひとつのブログ
「嬉しいコト@カラフル!」
http://ameblo.jp/moriyama-tomomi/
お暇な方は遊びに来てくださいね。(^^)

2016年1月 2日 (土)

未知なる領域を求めて[No.3136]

(日付を調整しています)
(長めになっています)

ずいぶん前から感じているコトですが、

問題は、頭脳次第で解決できるのだと思っています。

例えば、今にも飢え死にしそうな野良犬。

「食べ物がない!今にも死にそうだ!」

野良犬がコンビニの前をトボトボ歩いている。

食べ物がないのではなく、コンビニにはあるのです。

頭の良い犬なら、食べ物のニオイをかぎわけて、

コンビニに入り、弁当を奪っていくかもしれません。

けれど、多くの野良犬たちは、コンビニに多くの

食べ物があり、人間のように言葉がしゃべれて、

お金を支払うコトが出来れば、簡単に食べ物が

手に入るコトを、動物たちは知らないのです。



うまく表現できないのですが、

飢え死にしそうな野良犬をみたとき、

「目の前に食べ物があるのに!」

人間は、そう思うかもしれません。

けれど、野良犬はコンビニの存在をしらない。

宇宙規模、神様レベルで私たち人間をみたときも、

きっと、同じような存在だと思うのです。

小さなコトで悩み、クヨクヨしている。

「問題はそこじゃないのにね」宇宙や神様は、

私たちをそう思っているのかもしれません。

同じ人間でも、50年前の人間が、

ポケットに入るスマホを想像できたでしょうか。

「そんなの物理的(部品の大きさ的)に無理だ!」

50年前の技術者は、声をそろえていうでしょう。

けれど、現在はそれが可能になっている。



もちろん、いきなり小さなスマホが出来たのではなく、

集積率が上がり小型になったり、

部品そのものが小さくなったり、複数の機能が、

ワンチップで出来るようになった、

技術の集合の結果ではあるのですが、

50年前の技術者たちと、現在の技術者たちの脳は、

使っている部分が違うと思うのです。



ずいぶん前説が長くなりましたが、

今回僕がお話ししたかったコトは、

「脳の未知なる領域を使おう!」と言うお話しです。

未知なる領域とはなんなのか?

少し説明させていただくと、例えばハードディスク。

1テラバイトのハードディスクだからと、

1テラバイトの領域を使うコトはできません。

ハードディスク自身が、データを管理する為の、

管理領域というものが必要だからです。

ハードディスクだけでなく、SDカードにしても、

USBメモリ、DVD-RやBD-Rにしても、

フォーマットすると、容量が減ってしまうあれです。



機械が苦手な人の為にも、説明させていただくと、

教科書やノートの余白部分です。

100ページの教科書は、100ページびっしりに

書いてあるのではなく、目次があったり、

余白にページ番号が書かれていますよね。

後半のページになると「索引」なんてある

教科書や説明書もありますよね。

僕が今回注目したのは、その余白の部分です。



普段教科書や本は、ページの内容に注目しています。

私たちが普段、考えるコトに相当すると思います。

けれど、その余白の部分を、

有効に使おうという案なのです。

子どもの頃、教科書の余白に絵を描いて、

パラパラマンガをした経験はありませんか?

普段使わない余白で、そういう楽しみ方ができる。

私たちの頭脳にも、余白部分があると思うのです。

自宅と会社の往復だけの毎日では、

それ以外の道は、まるで余白だと思います。

大げさかもしれませんが、

もし、バーチャルリアルティーな世界だとしたら、

それ以外の街や道のデータは必要ないのです。

少ない情報の世界では、限られた発想と、

限られた行動しかできない。



普段、私たちが意識していない余白な世界。

それをうまく活用するコトによって、

新たな世界や発想が広がり、どんな問題ごとも、

解決出来るのだと確信しています。

あなたも是非、その未知なる領域を見つけて、

問題解決への道をみつけてほしいです。

今日感じたコト
 問題が問題なのではなく、
 発想や固定概念。
 考え方が問題なのかもしれない。

未知なる領域を求めて[No.3136]
 今日も最後までありがとうございます。

僕のもうひとつのブログ
「嬉しいコト@カラフル!」
http://ameblo.jp/moriyama-tomomi/
お暇な方は遊びに来てくださいね。(^^)

2016年1月 1日 (金)

あまのじゃく人間[No.3135]

(長めになっています)

新年、あけましておめでとうございます。

もうひとつのブログを含め、こちらでも、

今年もよろしくおねがいしますね。



本日ふと感じたコト。

僕が思うに、人間は基本、

大昔からあまのじゃくなんだと思います。

覗いてはならないと、覗いてしまった鶴の恩返し。

開けてはならぬと、開けてしまった浦島太郎。

桃太郎にしても、鬼退治に行ってくれと願えば、

嫌だと断られたのかもしれない。

もちろん、そうだとしたら、

物語は始まっていませんけどね。(笑)



先ほど、もうひとつのブログに

書いたのですが、今年僕は本厄。

不運が訪れやすい年でもあるので、

新たな物事にチャレンジするのはNGだと言われています。

でも、するなと言われて、

「はいそうですか」とバカ正直にな人は、

少ないのではないでしょうか。

「そんなの迷信だ!」信じない人。

「怖いからやめておこう!」信じすぎる人。

どちらも正解ではないと思うのです。

僕が思うに、厄年だから。

では、なにに注意しなければならないのか?

どういう動きは許され、危険とされるのか?



もちろん、その答えが解るのなら苦労はしませんよね。

重要なポイントは、考えるところにあると思うのです。

「良い悪い」ではなく、どうするべきかを考える。

ダイエットしたいからと「食べる食べない」

単純に考える人ほど、絶食に苦しみ、

失敗するのだと思うのです。

「どうすれば太らず食べられるのか? なにが原因なのか? カロリーの過剰接種なのか? 運動不足なのか? 食事制限だけでなく栄養バランスや運動も考えようか。単に運動よりも楽しんで行えたほうが続くよね。痩せたときのご褒美はなんにしようか。人にどう自慢しようか」

そう考えたコトで、僕自身もひとつきで10kg減量や、

20年近く吸い続けたタバコを、

やめるコトが出来たんだと感じています。

禁煙して、そろそろ6年です。



物事を無理に、

難しい視点でみる必要はないと思いますが、

あまりにも単純にみるのもどうかと思うのです。

「食べると太るから食べない? 本厄だから行動しない?」

そんな単純な方法で成功するのなら、

みなさんダイエッターで、

不運に見舞われてないと思うのです。

人間が、他の動物とは決定的に違うところ。

それは想像し考える知能の高さだと思います。

エサを無理に取ろうとすると電流が流れる。

ネズミは、二度とエサを取らないといいます。

でも人間は、どうすれば電流が流れずに

取るコトが出来るのだろうか?

考えるコトが出来るのです。

僕が小2くらいの頃、どうすれば貯金箱を壊さずに

お金を取り出せるコトができるのか?

鍵がない南京錠を開けるコトができるのか?

考えた結果、どちらも達成できたのです。

そう考えていると、あらゆる物事も、

同じコトがいえるのではないかと感じたのです。



僕が思うに、物事は良いか悪いか、白か黒かではなく、

なぜ白なのか? どうして黒なのか?

そこを考える必要があると思うのです。

マジックで、手のひらからコインが消えた!

「うわーすごい!」驚くのもよいですが、

なぜ消えたのか?

消えたように見えただけではないのか?

可能性を広げるという意味で、

疑る余地があると思うのです。

白か黒か、良いか悪いか、単純な結論ではなく、

どちらも受け入れ、どちらも否定できる。

柔軟な発想を大切にしたいと考えています。

僕が白だと言えば、黒だという人が訪れるでしょう。

それが、あまのじゃくな人間故だと思うのです。

敵を作るのに意見するなんて、

おもしろくないですからね。



もしかしたら(私はあまのじゃくなんかではない!)

そう言われているかもしれないですね。

それもまた正解(人間)だと思います。(笑)

今日感じたコト
 嫌だダメだ。良い悪い。
 単純なコンピュータみたいな判断ではなく、
 なぜダメで、なぜ良いのか?
 そこを複雑に考えられてこそ、
 人間としての価値が生まれるのだと感じます。

あまのじゃく人間[No.3135]
 今日も最後までありがとうございます。

僕のもうひとつのブログ
「嬉しいコト@カラフル!」
http://ameblo.jp/moriyama-tomomi/
お暇な方は遊びに来てくださいね。(^^)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

プロフィール

  • 現在モデル事務所に所属
    モデルや、物書きになる為の勉強をしています。
    2ndブログはこちら
    Facebookはこちら


    永良ます子/EiraMasuko ♂
    本名/森山誠美(ともみ)
    生息地/博多(めんたいこ)
    血液型/O
    誕生日/s5035日(啓蟄)
    好きな色/白/黄/オレンジ/緑
    趣味/くぎみー
    癒し系(アロマ/ハーブティー)
    文章を書くこと/読書/断捨離
    不思議と御縁があるもの
    亀/蝶/黄色/ミッキー/3と5と8/ゾロ目/明治/水に関係ある所/天神様/梅/太宰府

    超理系だけど、超文章書いて、
    超未来にする!φ(`・ω・´)
    アナログデバイス
    ZEBRA スラリ0.5/呉竹精昇堂 美文字筆ペン/伊予和紙/土佐和紙
    デジタルデバイス
    iPhone6[au]/F-06E/VAIO S15/X200MA/VAIO L/工人舎PM/ポメラ/EP803AW
    パソコン歴
    SHARP MZという時代から使いCE→PG→SE→講師→コンサルのお仕事をしていました。現在は一応役職らしいです。
    お掃除アイテム
    クイックルワイパー ハンディ/激落ちクロス リビング/マキタ 充電式クリーナ/ペットボトルブラシ/除菌ウエッティー
    Yankee Candle
    タヒチアンティアレフラワー/ガーデンハイドアウェイ/ミッドナイトジャスミン/ガーデンスイートピー/アイランドスパ/セージシトラス/ラブズミーラブズミーノット
    南阿蘇ティーハウス
    ジャスミン/ホッと一息ティータイムブレンド/疲れた体にやさしいブレンド/幸せ黄色のハーブブレンド/店舗・季節限定ブレンド

このブログ成分

1st Twitter

2nd Twitter

無料ブログはココログ