« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月の30件の記事

2015年4月30日 (木)

この世に無駄な人間なんていない[No.2894]

(日付を調整しています)

人には、個性というものがありますよね。

生活環境や、学んだコトも影響あると思いますが、

僕が思うに、もっとも影響するのは、

その人の人付き合いだと感じます。



「良い人間とつきあえば良い人間になれる?」
「悪い人間とつきあうから悪い人間になる?」

僕は、一概にはそうだとは思いません。

例えば、よい人間、何かに成功した人間。

何度も失敗して、努力して成功した人間もいれば、

ツテやコネだけで成功した人もいますよね。

いくら成功している人間だからといって、

失敗も苦労もない人間からは、

成功論しか聞けないと思います。

もちろん、成功する為に、成功論を聞きたいのですが、

「これはやめておけ!」

注意されるコトは、恐らくないと思うのです。

成功論だけを聞いて、

誰でも成功できるのなら、出版したのなら、

大ヒット、ベストセラー間違いなしですよね。(笑)

でも、時代は変化しています。

その人が10年前に、無苦労で成功したとしても、

現代に通用するとも限りません。



今度は悪い人間……という言い方へ失礼ですが、

ちょっと、人とはズレた考えがある人

例えば、ヤンキーや暴走族などです。

僕が小・中学生の頃、興味本位で、

こういう人たちと、一緒に遊んだコトがあります。

成績は良くない、悪いコトはする。

正直、優秀な人には見えないかもしれません。

でも、人とは違う、失敗や経験の持ち主でもありました。

計算は出来ないけれど、人の痛みはわかる。

きっと、自己表現が不器用だったのだと思います。

でも僕は、一概に悪い経験をしたとは感じていません。

確かに、小さい頃に僕も仲間になって、

悪そうやイタズラはしてきたけれど、

見つかり、注意され、怒られ、殴られ、

「どうしてしてはならないのか?」

悪いコトを、身を持って経験したように感じます。

自分でいうのもなんですが、

大人になって「犯罪」を犯すよりも、

子どものウチの「イタズラ」程度で済まされた時期が

ある意味、現在の僕を育ててくれているのだと感じます。



僕が思うに、この世に不要な人間は居ないと感じます。

良いコトをする人間も、悪いコトをする人間も、

もちつもたれつだと思うのです。

もちろん、重犯罪やイジメはなくなるべきだと思います。

でも、犯罪があるからこそ、

成り立っている仕事もありますよね。

泥棒がいるから、鍵屋さんが商売が出来る。

事件があるから、警察がいる。

犯罪を認める訳ではありませんが、

臭いものがあるからと、蓋をするという考えなら、

小学生だって発想できます。

そうではなく、もっと大人として、

「どうすれば臭くならないのか?」

その辺をよく考えて、

よりよい社会にしていきたいですね。

今日の心得
 「好ましくない人 = 悪い人」ではなく、
 ある物事を考えさせてくれる貴重な人
 そう考えれば、対処法も出てくるのではないでしょうか。

 「高齢者の万引きが増えている = 取り締まり強化」
 ではなく、なぜ、高齢者が万引きをするのか?
 仲間が居なくて寂しいからとか、
 生活に刺激が欲しいからとか
 相手の気持ちになって考える想いやりと、
 ゆとりを持ちたいです。

この世に無駄な人間なんていない[No.2894]
 今日も最後までありがとうございます。

僕のもうひとつのブログ
「嬉しいコト@カラフル!」
http://ameblo.jp/moriyama-tomomi/
お暇な方は遊びに来てくださいね。(^^)

2015年4月29日 (水)

弱みを見せる[No.2893]

(長めになっています)

世の中には、自分の弱みを隠すだけでなく、

いいかっこしたがる人もいますよね。

どちらかというと僕は、この真逆の人間です。

自分の弱みを敢えてさらけ出す!



きっとなかには、

「自分の弱みをさらけ出すなんて恥ずかしい!かっこわるい!」

そう感じる人もいるかと思います。

でも、僕のいままでの経験ですが、

弱みを隠し、よいかっこする人のほうが、

よっぽど、かっこわるい結果に終わった人が多いです。

例えば「私はこれが出来ます!」そこまでは普通として、

出来ないコトまでも「それくらい出来ます!」と

かっこつけたがる人っていますよね。

それじゃあ、やってくれとお願いすると、

なにかしら言い訳をつけて、結局は出来ないのです。

僕は、陰口をいうのが好きではありませんので、

人にはいいませんが、別の人たちが陰で

「あの人は口ばかりだよな」と噂され、

よけい恥をかくコトになるのを、目撃してきました。



僕は、敢えて弱いところを見せます。

一見、かっこ悪いように見えるかもしれませんが、

「あの人は○○は苦手だったよね」

相手に認識してもらえると、手伝ってくれたり、

上達法法を、教えてくれたりするものです。

そして、教わった結果、人よりも詳しくなっていた。

なんてコトも、実際に僕はありました。

後で、社内の事情を聞くと、

「あの人、出来ないとか言ってたけど出来てるじゃん!」

高評価に変わっているんですよね。

僕は、当然のコトだと感じています。

最初がマイナススタートですから、

後は、あがるしかないのです。

ぜんぜん出来ないと思っていた人が、

突然出来るようになっていたら、

誰だって、評価したがるものです。



でも、カッコつけたがる人、見栄を張る人は、

「それくらい私は出来る!」といいます。

当然、本人が出来るというので、

誰も手を貸してくれません。

無意味に残業をしたり、結果として出来なければ、

結局嘘は、直ぐにバレてしまい、

「あの人は見栄張りの嘘つきだ!」

悪いレッテルを、貼られてしまうのです。

そこで「すまなかった。あれは見栄だったんだ」

素直にそれを認め、教えてくださいとお願いすれば、

きっと、心を改めた人には、

誰しも、手伝ってくれると思うのです。

その、謝るコトもせず、

「あのときはタイミングが悪かった」など、

意地を張り、言い訳をするようでは、

いつまでも、味方を作るコトは出来ないと思うのです。

むしろ、敵を作り続けているようにしか思えません。



正直僕は、特に怖いものはありません。

特に隠しているコトもなく、苦手なコトはバラしている。

「あれがバレないだろうか?」

なんて、ビクビク怯えなくてもよいのです。

もちろん、過去の思い出したくない記憶まで、

相手に公表する必要はないと思いますが、

カッコつける見栄張りな人生ではなく、

出来ないものは出来ないと、素直に伝えるコトによって、

教えてくれたり、協力してくれる、

頼もしい仲間に出会えるのではないでしょうか。

今日の心得
 いつまでも、独りよがりは独り者

弱みを見せる[No.2893]
 今日も最後までありがとうございます。

僕のもうひとつのブログ
「嬉しいコト@カラフル!」
http://ameblo.jp/moriyama-tomomi/
お暇な方は遊びに来てくださいね。(^^)

2015年4月28日 (火)

新しい目線を求めて[No.2892]

あなたは、自身を信頼していますか?

僕は、ある意味では自分を信頼し、

ある意味では、自分を信頼していません。

僕が疑っているのは、過去の自分です。



僕は小学生低学年の頃、

ホルモンを食べるコトができませんでした。

「気持ち悪い」と思ったからです。

でも、中学生くらいの頃には、好物になっていました。

「気持ち悪いと言っていたけれど、おいしいかもしれない!」

過去の自分を疑ったんですね。

そして食べると、おいしいではないですか!

過去の自分の判断が、

現在も同じだとは限らないのです。

大人になれば、味覚や感覚、考え方も変わります。

そういう、トレーニング(変化を感じる)意味も込めて、

僕は、定期的に断捨離をするのです。

去年は「必要」だと感じたものでも、

現在は「不要」と感じるコトも多くあります。

もちろん、時代の変化もあるコトでしょう。

当時は、それがないと困るけれど、

現在は、スマホがその役割を果たしてくれるなど、

時代が進化すると共に、必要なものも変化する。

そうやって、変化に気づく為にも、

僕は、定期的に断捨離しているのです。



・私は○○は嫌い!おいしくない!
・私は○○が必要!とっておく!

それが、いつまでも続くのでしょうか?

昔必要だったもの、例えばスマホなら、

「音楽再生プレイヤ、デジカメ、携帯ライト、携帯電卓、電話番号メモ帳など」

いまでは、スマホがまかなってくれます。

常に新しい目線があれば、

これらのコトにも、直ぐ気がつくハズです。

あくまで、これは物でのお話ですが、

自分の人生や、可能性だとしたらどうでしょう。

当時無理だと思っていたコトも、

現代だからこそ、求められているコトもあるのです。

常に新しい目線で、世の中の変化に気がつき、

臨機応変に、上手にいきてゆきたいですね。

今日の心得
 固定概念、ずっと同じ考えでは、
 柔軟に対応できない。

新しい目線を求めて[No.2892]
 今日も最後までありがとうございます。

僕のもうひとつのブログ
「嬉しいコト@カラフル!」
http://ameblo.jp/moriyama-tomomi/
お暇な方は遊びに来てくださいね。(^^)

2015年4月27日 (月)

減るコト・増えるコト[No.2891]

仲間が増えたからラッキー?

仲間が減ったからアンラッキー?

僕は、そんなに単純なコトではないと考えます。

確かに、一見増える、減るだけで見ると、

損得のように思えますが、果たしてそうなのでしょうか。



人には、波長というものがあります。

気が合う人、合わないの気(波長)です。

以前は、仲良しのお友達だったけれど、

お友達が去っていくコトもあるでしょう。

僕が思うに、それは、

あなたのレベルが、あがったからだと思うのです。

例えば、足し算、引き算の話題でお友達になった人。

あなたが、かけ算のレベルになっていれば、

あなたはきっと、かけ算の話題ばかりになりますよね。

足し算、引き算の仲間は、ついて行くコトが出来ません。

そうやって、あなたがレベルがあがって、

離れていく人もいれば、その逆もあると思います。

相手のレベルがあがったり、

自分のレベルが下がったなどです。



普段、意識されていないかもしれませんが、

既に、実感されているコトだと思います。

小学生の頃は、特に学年に関係なく、

鬼ごっこしたり、かくれんぼして遊んだものです。

でも、中学生くらいになると、

自分と趣味が合う物同士で、遊ぶようになりますよね。

学生の頃は、クラスや席替えでの御縁があります。

社会人になれば、御縁があるか、ないか、

続くか、続かないかだと思うのです。



あなたの能力が高いのに、

仲間が多ければ良いというものでもありませんよね。

それが良い仲間ならいいけれど、

悪い仲間だとしたら、あなたの足を引っ張られるだけです。

今度は逆に、例え仲間が少なくても、

素晴らしい仲間であれば、それで良いと思うのです。

友達、仲間は、数ではありません。

いくら100人いたとしても、力になってくれない人や、

人の不幸を笑うような人間は、仲間として、

僕は欲しくはありません。

別に僕は、見返りを求めている訳ではありません。

「何かあったら、僕も力になる!」

お互い様精神で、助け合い、学び、

相手をけ落とすのではなく、

一緒に、成長していきたいですね。

今日の心得
 減るコト・増えるコトが結果ではない。

減るコト・増えるコト[No.2891]
 今日も最後までありがとうございます。

僕のもうひとつのブログ
「嬉しいコト@カラフル!」
http://ameblo.jp/moriyama-tomomi/
お暇な方は遊びに来てくださいね。(^^)

2015年4月26日 (日)

行動的になれるかもしれない?おまじない[No.2890]

(日付を調整しています)

自分が思うように、行動出来ていますか?

「明日あれをしよう! 明後日はこれをしよう!」

計画を立てたものの、行動までには、

なかなか至らない場合もあるかと思います。

もちろん、僕もあります。

でも、ちょっとしたおまじないで、

少しでも、行動力をあげるコトが出来るようです。

その方法とは、事前に準備しておくコト!



この方法ですが、個人差はあると思います。

明日、部屋の掃除予定があるのなら、

前の晩の日に、掃除機を出して準備しておくのです。

僕は「行動指数」と呼んでいるのですが、

掃除をしようと思うと、

(1) 掃除機があるところまで移動する
(2) 掃除機を掃除する場所まで持って行く
(3) 掃除機をかける

こういう順番になると思います。

例えば明日当日、この(1)~(3)の手順を考えると、

「めんどくさいから、今度にしよう」

と、なってしまいがちなんですよね。

ですので、前の晩の日に(1)~(2)までの行程を

終わらせておくのです。

そうすれば、明日は掃除機をかけるだけで、

行動指数はぐんと減りますよね。

でも、人によっては、この方法はNGかもしれません。

どういうコトかと言いますと、

前もって掃除機があるコトによって、

「掃除しなきゃ!」とプレッシャーにおされ、

イライラしてしまい、逆に掃除がしたくなくなるパターンです。

その原因は恐らく、

掃除機が目線に入るからではないでしょうか。

では、例えば、掃除機は1階にあり、

2階の寝室を掃除したいのなら、

2階寝室に置くのではなく、

2階廊下に置くのはどうでしょうか?

他にも、あなたに適した方法があると思います。

是非とも行動的になって、いろんなアクションを起こし、

沢山のチャンスを掴んで、人生を楽しみたいですね。

今日の心得
 1~10まで一気にしようとするから負担になる。
 窓一枚磨くでも、本一ページ読むでも
 いいじゃないですか。
 なにもしないよりは、経験になっています。

行動的になれるかもしれない?おまじない[No.2890]
 今日も最後までありがとうございます。

僕のもうひとつのブログ
「嬉しいコト@カラフル!」
http://ameblo.jp/moriyama-tomomi/
お暇な方は遊びに来てくださいね。(^^)

2015年4月25日 (土)

スキルが求められる時代[No.2889]

(長めになっています)

昔に比べて現代は、

なにかと、スキルが求められる時代になりました。

紙、ペン、電卓だけでは、事務作業すらしずらい時代。

自然と、パソコンの知識も必要になっていますよね。

業務連絡も、スマホでメールくらい扱えないと、

迅速に対応出来ない現状です。

事務作業だけに限らず、例えばテレビ売場。

昔は、テレビの知識があれば、

テレビを販売するコトができました。

でも、現在のテレビは、ネットが出来、動画が見れ、

パソコン並の知識がないと、

テレビを売るコトも、難しいようです。

スマホもそうですよね。

昔はケータイで、電話だけだったけれど、

パソコンと変わらない機能が搭載され、

電話だけの知識では、販売員になるのも難しいのです。

一つの物で、ありとあらゆるコトが出きる反面、

一つの商品を説明するのも、大変な時代。



それに輪をかけるように、いつまで続くのか。

景気がよくないと言われ続けています。

それ故に、人員削減など、一人に対する労働も、

かなり増えている状況だと感じます。

昔のように、ひとつのコトを究めたとしても、

それは、長くは続かないようです。

テレビのコトだけに詳しかった人。

ケータイ電話だけに詳しかった人。

現在では、パソコン並の知識がなければ、

販売するコトも、サポートするコトも困難です。

時代が進化するなかで、

求められるスキルも、高くなったってコトですよね。



なんどか、ブログに書かせていただきましたが、

現在は、なにかとスキルが求められる時代です。

そういう現代で「とりあえず仕事をする」

という人も、少なくはないと思います。

もちろん、生きていく為には、働かなければなりません。

でも、その「取りあえず」を選ぶにしても、

適当には選んでほしくないのです。

若い人であれば「仕事をしながら勉強する」など、

そういうパワーもあるコトでしょう。

でも現在は、一人に多くのコトが求められる時代。

慌ただしい毎日のなかで、勉強する暇があるでしょうか。

もちろん、工夫すれば、通勤時間でも、お昼休みにでも、

いくらでも勉強する時間は出きるでしょう。

でも、集中して勉強出きるでしょうか?

それに、今時代、知識だけを学んだとしても、

そんなコトは、ネットで検索すれば直ぐに得れるのです。



僕が思うに、本当に勉強する気があるのなら、

自分に関連する、自分の為になる職場で、

その経験を学ぶコトだと思います。

と言っても、いきなり自分がやりたい仕事を

出きるかといえば、そうではないでしょう。

ですので、関連性を考えてみてほしいのです。

例えば、営業やお笑い芸人になりたいと思うのなら、

工場内での流れ作業よりも、居酒屋さんで、

接客をして、お客さんとの接し方や、

しゃべり方を、身につければよいと感じます。

エンジニアになりたいのなら、

最初は、お客様サポートなどで、

いろんな障害や、状況を把握するのも手かもしれません。

実際、僕がエンジニアになった元は、

お客様のパソコンサポートでした。



現代は、専門資料や勉強会に、お金を払う時代です。

お金を払って学ぶ時代なのです。

極端な例えですが、手取りのお給料が20万円だとして、

セミナー代や資料に、毎月10万円払ったとします。

手元に残るのは10万円です。

確かに、スキルが求められる時代ですので、

勉強は大切です。

でも、知識ばかりで、経験が無い人も、

社会は、あまり必要としていません。

これでは、せっかくお金を払って学んだのに、

本末転倒ですよね。

ですので、僕の提案としては、

最初から、10万円のお給料だとしても、

自分の為になるコトを身につければ、

例えお給料が安くても、授業料は不要であり、

経験が身につくと思うのです。

■お給料20万円で学ぶ人
 ・資料セミナー代10万円
 ・生活費10万円

 資格や知識は身につくけれど、
 社会が求めているともかぎらず
 経験はゼロです。

■お給料10万円だけど経験を積む人
 ・生活費10万円

 経験すれば自然と知識も身についてくる
 経験すれば、それが武器となり
 応用性もでてくる

あくまで、極端な例です。

もちろん、どちらを選ぶかは、あなたの自由です。

僕が思うに、簡単に情報が引き出せる現代は、

資格や知識よりも、経験や応用性が

現代に求められると感じています。

今日の心得
 「取りあえず働く」
 安易にだけは、考えないでほしい。

スキルが求められる時代[No.2889]
 今日も最後までありがとうございます。

僕のもうひとつのブログ
「嬉しいコト@カラフル!」
http://ameblo.jp/moriyama-tomomi/
お暇な方は遊びに来てくださいね。(^^)

2015年4月24日 (金)

ヒーローはヒーローになれない?[No.2888]

(日付を調整しています)

随分前から感じているコトです。

例えば、Aさんは、ある悪い癖がある為に、

仲間から嫌われているとします。

見て見ぬ振り、誰も注意しようとしません。

でもある日、Bさんは、意を決して、

Aさんに注意するコトにしたのです。

Bさんと同じ意見だった周りの人たちは、

「よくぞ言ってくれた!」

きっと、みんなのヒーローになるコトでしょう。



それに味を占めたのか? 正義感を出し始めたのか?

勘違いし始めたBさんは、こういうのです。

「Cさんの細かいこの点がおかしいと思う。Dさんは○○の癖があるから直した方がいいと思う。Eさんは口が悪いから……」

かつて、仲間だった人たちにもさえ、

小さなコトで、ダメだしを始めるのです。

これでは周りも「うざいやつ!」といって、

Bさんから、離れていきますよね。



僕が思うに、例え相手に、

悪いところを指摘するコトがあったとしても、

それで、自分がいい気になっていては、

ダメだと思うのです。

そもそも僕は、相手に悪い点を指摘するコトさえも、

少し、疑問に感じます。

相手に小さな癖があれば、自分にだって小さな癖はある。

あなたが言いたいのを我慢しているように、

周りも、あなたに言いたいのを我慢しているのです。

もし本当に、その人の為を思って注意するのなら、

他の人が居ない二人きりで、感情を抜きにして、

伝えてみてはどうでしょうか。

あなただって、いろんな人がいる状況で、

怒鳴られるように指摘されたら、

反発したくなりますよね。

僕が思うに、周りの視線を気にしながら、

相手を叩くコトは、ヒーローでもなんでもないと感じます。

大勢から賞賛を得てヒーローもどきになり、

相手を敵に回すのではなく、

相手にそっと伝えて、相手のヒーローになりたいですね。

今日の心得
 あなたが目立つ為に伝えるのではなく、
 相手にヒーローになってもらう為に伝える。
 「人は鏡」
 相手がヒーローになれたのなら、
 あなたがなれないハズがない。

ヒーローはヒーローになれない?[No.2888]
 今日も最後までありがとうございます。

僕のもうひとつのブログ
「嬉しいコト@カラフル!」
http://ameblo.jp/moriyama-tomomi/
お暇な方は遊びに来てくださいね。(^^)

2015年4月23日 (木)

ラジオを聞く理由[No.2887]

(長めになっています)

最近僕は、スキマ時間があれば、

なるべくラジオを聞くようにしています。

僕がラジオを聞きたいのは、

音楽を聞く訳でも、ニュースを聞きたい訳でもありません。

その道のプロ(専門家)や、ご年輩方々の、

人生経験が聞けるからです。



人生経験豊富で、ある程度年齢を重ねられたかたは、

ネットで、ブログを書く人は多くはありません。

かといって、視聴率競争が激しいテレビ放送で、

ご年輩の専門家や、

人生経験豊富なご年輩の方を、テレビに出すよりも、

売れているお笑い芸人さんをテレビに出すほうが、

スポンサーとしても、喜ぶ常態だと思います。

そこで最近僕は、ラジオに目を付けたのです。



ラジオ放送時間枠、という制限はありますが、

ありとあらゆる人生の先輩方が、

「なぜ、歌手になろうと思ったのか?」

「どうして芸人になったのか?」

その経緯や、体験を聞くコトが出きるのは、

ネットでもテレビでもなく、

ラジオならではと感じています。

いまどき…と言い方をすると、

ラジオに失礼かもしれませんが、

現在ラジオを聞く人は、だいぶ限られると思います。

車を運転している人や、ご年輩の方々が、

趣味でラジオを聞くなど、だと感じています。



あくまで、僕がラジオに感じたコトですが、

FM放送は、車運転者向けの情報故に、

「天気、道路交通情報、音楽、自動車保険CM、カー用品CM」

などを多く感じます。

車を運転するという意味でも、

比較的、若い世代向けのように感じました。

対するAMラジオは、

「天気、ニュース、経済、人生経験談、健康食品CM」

などを多く感じます。

恐らく、ご年輩向けなんじゃないかな?

と、僕が勝手に解釈しているのですが、

今僕が聞いているのは、このAMラジオです。

AMラジオの肩をもつわけではないですが、

うまく言えませんが、カッコつけて放送していない!

ように感じたのです。

仮に、ご年輩向けのAMラジオだと仮定したとして、

下手な嘘をいっても、リスナーは分かりますからね。

そして、苦情の電話が入るコトもあるでしょう。(笑)



「ちょっと年寄りくさい」

なんていわれそうなAMラジオだけれど、

僕がここ最近聞いたなかだけでも、

人生として、ためになるコトばかりでした。

ほんのスキマ時間だけでもいいです。

掃除をしながら、食事をしながら、作業をしながら、

なんとなく、AMラジオを聞いてみてください。

なにか、ヒントになるコトがあるかもしれませんよ。

今日の心得
 ネットの専門家の情報も大切だけど、
 ラジオで語られる、人生の先輩の情報も
 大切にしたいです。

ラジオを聞く理由[No.2887]
 今日も最後までありがとうございます。

僕のもうひとつのブログ
「嬉しいコト@カラフル!」
http://ameblo.jp/moriyama-tomomi/
お暇な方は遊びに来てくださいね。(^^)

2015年4月22日 (水)

言葉の意識[No.2886]

(日付を調整しています)

例えば、現金3万円をポケットにい入れて、

出かけたとします。

さて、買い物をしようとしたとき、

入れたハズの3万円が、ポケットから消えています。

あなたは、この状況のとき、

なんと言葉が出ますか?



きっと、多くの人は、

「うわ~ぁ、最悪だ!」ではないでしょうか。

でも、本当に最悪なのでしょうか?

人によっては、雨が降っただけでも、

「最悪だ」という人もいます。

恐らく、もう口癖になっていると思うのです。

雨が降ると「憂鬱だ!」と嫌な思いを感じる人は、

雨が降ったときに「最悪だ!」と

言っている人だと思うのです。

人間の脳って、以外とその辺単純みたいなのです。

「雨 = 最悪 = 最悪の雨が続くと = 憂鬱」

どんどん、気分がすぐれなくなってしまうんですよね。

少し話題はそれますが、

仮病で学校を休むとき、

「お腹が痛い!頭が痛い!」言っていたら、

本当に痛くなりだした経験はありませんか?

病は気からというように、最悪な事態も、

自分の心の持ちようだと思うのです。

元セレブが、ホームレスになっても、

「わしゃ生きとるから最悪じゃない!」

そう思えば、ぜんぜん最悪ではありません。

少し収入が減っただけで、最悪なんていっていたら、

言霊の力も重なって、どんどん不幸になっていくのです。

ですので、どうか言葉は意識して使ってください。

今年の梅雨が、雨続きだったとしても、

「どこにも行けない最悪」なんて言わないで、

「今年は水不足ないぜ!ラッキー!」

そういう気持ちで、ラッキーマンになってくださいね。

今日の心得
 最悪と思うから最悪になる。
 トラブルに見回れても、
 「さて、どう解決してやろうか?」
 ゲーム感覚で、楽しむ心構えが必要だと思います。

言葉の意識[No.2886]
 今日も最後までありがとうございます。

僕のもうひとつのブログ
「嬉しいコト@カラフル!」
http://ameblo.jp/moriyama-tomomi/
お暇な方は遊びに来てくださいね。(^^)

2015年4月21日 (火)

突っ込み思案[No.2885]

(日付を調整しています)

僕の今までの経験ですが、

世の中には、突っ込むのが好きな人がいるようです。

といっても、お笑いのボケ・ツッコミではなく、

揚げ足をとるような、言い方しかできないひとです。



例えるのが難しいのですが、

焼き鳥弁当!!

人それぞれ、焼き鳥のイメージがあるかと思います。

「串に刺して焼いたものが焼き鳥」
「焼き鳥は鶏肉だけが焼き鳥」

むかし焼き鳥が出始めた頃は、

鶏肉を串に刺し、焼いたものが焼き鳥だったと思います。

その後、ピーマンやら、ソーセージやら、エノキやら、

ありとあらゆる具材が串に刺され、

焼き鳥として、提供されるようになりましたよね。

豚バラだって串に刺せば、

「焼き鳥デビュー」出きるのです!(笑)



豚肉を、串に刺して焼いたお弁当。

「焼き鳥弁当」として売られても、

僕は、細かいコトは気にしませんし、

自分が焼き鳥だと認めて買ったのなら、

それでよしとしています。

普通の人も、細かいコトは気にしないでしょう。

でも世の中には、突っ込み思案の人もいるのです。

「これは豚肉であって、正確には焼き鳥(鶏肉)ではない!」

確かに、間違ったコトは言っていませんが、

そう文句を言うのなら、買わなければいいのです!

誰だって、そんなコトくらいは知っています。(笑)

そんな細かいコトを言っていたら、

世の中は、間違いだらけになってしまいますよね。

「あれはシャケではなくマスだ。あれはシシャモじゃないとか」

もっともっと、詰め込んでいくと、

「ビールではなくビヤだ、コーヒーじゃなくてカフィーだ」

発音や呼び方だけでなく、

そもそも、自販機で売っているコーヒーでさえ、

コーヒー通からすると「あれはコーヒーではない!」

という結論になると思うのです。



でも、普通に幸せに生活している人は、

そんな細かいコトは気にしていません。

「コーヒーかカフィー」の発音を知ったところで、

人生そのものに変化は現れないと思うのです。

僕が思うに、突っ込み思案の人は、

人や物事の指摘をして、

間違い探しをするのが好きな人なんだと思います。

「それはそうじゃない!正確にはこうだ!」

確かにそうかもしれません。

本人は、親切心で言ったのかもしれません。

でも「それなら知っているよ。正式名所は○○だけど、みんなに理解してもらえるように、知名度が高い□□の言い方で伝えたんだよ」

そういう状況のときもあるのです。

先ほどの豚肉の「焼き鳥弁当」を

正確に伝えようとするなら、

「焼き豚串刺し弁当」になってしまうんでしょうかね。

注文するときに、舌を噛みそうです。(笑)



僕が思うに、世間や物事の間違い(荒)探しを

している人こそ、間違いのように感じるのです。

あなたは、間違いを指摘する為に、

生まれてきたのでしょうか?

そう感じるのです。

人間が生まれてきた理由。

それは、幸せになる為ではないでしょうか。

黙っていても、人間は100%確実に死を迎えるのです。

「これは白だ!ベージュだ!」

どうでもよいコトに意見するくらいなら、

もっと他に、楽しいコトがあると思うのです。

政治家や、日本の法律を作るような、

器の大きな人ならば、

細かいコトにこだわる意味もあると思います。

でも、そうではない一般人が、

細かいコトを気にしたところで、

時間もエネルギーも無駄だと、僕は思うのです。

もちろん、業種によっては、

細かいコトにこだわってこそ、ナンボもあるでしょう。

でも、仕事でもないかぎり、

細かいコトは、どうでもいいように感じます。

僕が感じるなかで、日本人は細かいコトに

神経質になりすぎるんだと思います。

それ故に、少しでもうまく行かないと、

イライラしてストレスをためる。



僕が思うに、細かく生きるコトと、

丁寧に生きるコトは別だと感じます。

お米の味を楽しみたいからと、

ピンセットで細かくご飯を食べていたら、

ご飯が冷めてしまい、

本来のおいしさが楽しめませんよね。(笑)

細かく味わうのもいいけれど、

「暖かいうちに食べる」ほうにも、

注目してほしいですね。

今日の心得
 小さなコトを気にしすぎないよう、
 大きな心で、大きな人を目指したい。

突っ込み思案[No.2885]
 今日も最後までありがとうございます。

僕のもうひとつのブログ
「嬉しいコト@カラフル!」
http://ameblo.jp/moriyama-tomomi/
お暇な方は遊びに来てくださいね。(^^)

2015年4月20日 (月)

伝達手段いろいろ[No.2884]

(日付を調整しています)

もう、二年くらい前になると思います。

スマホのTwitter通知音を無効にしました。



最初は、静かに落ち着いて眠りたい目的だったのですが、

何かをしてて「ピロリン~♪」

ご飯食べてても、運転してても、仕事をしてても、

ブログ書いてても「ピロリン~♪」と鳴るのは、

やはり「なんだろう?」と

気になってしまうんですよね。(笑)

実際、重要なコトをTwitterでやりとりしないので、

そんなに急ぐ意味はないのも事実。

本当に大切な人とは、LINEなり、メールなり、

電話番号、場合によっては全部知らせています。

ですので、あまりTwitterを気にしないようにしました。



今でこそ僕は、いろんな仲間が増え、

Twitterがチャットのように、

コミュニケーションツールとして

成り立ちつつある僕ですが、

そもそも、僕がTwitterを始めた理由。

Twitterの本来の目的は、つぶやくコトなんですよね。

連絡なら、LINEでもメールでも出きる。

そういう意味では、Twitterは、

もっと、自由であるべきだと思うのです。

そういう理由もあり、二年ほど前から、

Twitterの通知音を無効にしたのです。

10件、20件返信がきても、

後で返事はできますからね。

僕が思うに、重大で重要なコトならば、

ゆるいTwitterというツールを使うコト事態が、

間違いだと思うのです。

電話、メール、LINE、Skype、Facebookなど、

コミュニケーションツールは沢山あります。

その目的に応じた手段をうまく活用し、

時間を有効に使いたいですね。

今日の心得
 便利だから、メンドクサいからと、
 ひとつの道具で何でも済まそうとすると、
 必ず、無理や負担がきます。
 「連絡が来た、来ない。遅い、早い」など
 大切で高価な品物を、定形外(無保証普通郵便)
 で送らないのと同じように、
 情報も、それに応じて伝えたいです。

伝達手段いろいろ[No.2884]
 今日も最後までありがとうございます。

僕のもうひとつのブログ
「嬉しいコト@カラフル!」
http://ameblo.jp/moriyama-tomomi/
お暇な方は遊びに来てくださいね。(^^)

2015年4月19日 (日)

後ろ向きでは[No.2883]

(日付を調整しています)

少し、イメージしてみてください。

首を後ろに向けたまま、前進しているところを。

最初は、問題なく歩けるかもしれません。

でも、いずれは、壁や障害物に激突するのです。



人生について、まだまだ経験や勉強不足の僕ですが、

後ろ向きでは、前に進めないコトくらい、

しっかりと把握しているつもりです。

ですので、不平不満を言わないように、

日々、気をつけています。

かといって、我慢しているという意味ではありません。

「この対応はおかしいな」

そう感じたとき、店員さんに、

噛みつくようにクレームを言うのではなく、

「うどんの麺は、この量が普通なんですかね?」

訪ねるように、やわらく伝えれば、

自分も相手も、嫌な思いはしなくて済むのです。

言いたいコトを我慢する人は、

「こんな店二度と来るか!」と不満をいう。

喧嘩腰で、

「ちょっと!なにやっているの?麺が少ないじゃない!」

そんな伝え方では、相手も気分を害しますし、

言った本人も、そのお店に近づきにくくなるでしょう。

お互いメリットなしです。



ミスは誰にでもある。

コンピュータにだってバグはある。

大きな心で見るコトができれば、

うどんの量なんて、どうでもいいと思うのです。

いつまでも、ひとつのコト(過去)に拘り、

後ろばかり向いていたら、前に進むコトはできません。

そういう状態で、無理に進んでも、

壁にぶち当たって当然ですよね。



人間も動物も植物も、過去へ戻って、

生きるコトはできません。

未来へ向けて、日々成長し、生きているのです。

家でじっとしていても、黙っていても、なにもしなくても、

未来(死)へ向けて、刻々と前進しているのです。

絶対に逃げるコトができない未来(死)

後ろ向きで進むよりも、前向きに進んだほうが、

事故も起こしにくいですよね。

たとえ、どんなコトがあっても、

前進するためには、前を向くコトが大切なんだと、

日々意識して、生きています。

今日の心得
 後ろ向きで前進。
 敢えて、危険な方法を選びたくない。

後ろ向きでは[No.2883]
 今日も最後までありがとうございます。

僕のもうひとつのブログ
「嬉しいコト@カラフル!」
http://ameblo.jp/moriyama-tomomi/
お暇な方は遊びに来てくださいね。(^^)

2015年4月18日 (土)

タイミング[No.2882]

仲間や知り合いが増えるタイミングもあれば、

逆に減るタイミングってありますよね。

今日は、そのコトについて、

僕が感じたコトを、書いてみようと思います。



人間は、誰しも気を持っていますよね。

波動などの気のコトです。

別に人間で無くても、

水晶だって微振動をしています。

人間は、沢山の気を出せる生き物だと感じます。

言葉や文章だって気ですし、

行動は、気そのものですよね。

「あの人は私に気がある」

の気も、それと同じだと感じています。

当然ですが、ホームレスにはホームレスの波動があり、

セレブにはセレブの波動があり、

不良グループの波動、勉強グループの波動、

ネガティブな波動、ポジティブな波動。

それらの沢山の波動に、人があつまるのだと思います。



そこで、少し考えてほしいのは、

セレブな人たちは、ホームレスに近づくでしょうか?

勉強グループは、不良グループに近づくでしょうか?

普通に考えれば、誰も近寄りたがりませんよね。

よく、自分の環境を、人のせいにする人もいますが、

「自分はバカなんだ!不良グループに居て!」

そう愚痴をいうのは、

自分がそういう波動を出しているからだと感じるのです。

少し、わかりづらい例えかもしれませんが、

「あいつオタクだよ!」

と人に指さすコトができるのは、

その指さしている本人が、アニメショップにいたり

するからなんですよね。(笑)

ようするに、文句が言えるのは、

自分がそういう環境にいるからだと思うのです。

「あいつは意地汚い!せこい!根性が曲がっている!」

なぜ、そういう不平不満が出てくるのでしょう?

自分が、そういう仲間のなかにいるからではないでしょうか。

「会社だから仕方がない!」

だったら、会社を変えてみたらどうでしょうか?



きっとなかには、

「私は違う!注意しているだけだ!」

そう言われるかたもいらっしゃるかもしれません。

でも、自分の夢や目標を実現させる人は、

自分のコトで忙しいので、人のコトを、

とやかく言う暇はないと思うのです。



まだまだ、いろいろと勉強不足な僕ですが、

最近感じているコトがあります。

それは、好ましくない人が、

むこうから去っていってくれたコトです。

恐らく、勉強好きな僕を見て、

「遊ぼうよ!」と声をかけづらかったのだと思います。

別に僕は、息抜き程度なら、

一緒に遊んでもよかったのですが、

その人の場合は、常に遊んでいる状態だったのです。

それは、遊ぶのは楽しいかもしれません。

でも、僕が勉強する時間がなくなってしまいます。

嬉しい出会いがあれば、

悲しい別れがあるのもまた事実。

無理に相手につきあって、

自分の人生を台無しにしない為にも、

ある程度は、人は人、自分は自分と割り切って考え、

自分らしく生きるコトによって、

本当の意味で、自分に最も適したパートナーが、

現れるのかもしれないですね。

今日の心得
 自分らしく生きる為にも、
 無理に人に合わせない。
 ゴマをすったり、表面上のおつきあいは
 長続きしないのです。

タイミング[No.2882]
 今日も最後までありがとうございます。

僕のもうひとつのブログ
「嬉しいコト@カラフル!」
http://ameblo.jp/moriyama-tomomi/
お暇な方は遊びに来てくださいね。(^^)

2015年4月17日 (金)

気にしすぎはノイローゼ[No.2881]

ひとそれぞれ、悩みはあると思います。

でも、気になる部分を、気にすればするほど、

そこが目立ってしまうように感じるのです。



僕がずいぶん前にいた会社の経営者や、

僕の知り合いに「バカ」という言葉に、

過剰に反応する人がいました。

「自分はバカではない」という

アピールが半端なかったのです。

「自分はどういう学校卒業で、どういう知識や経験があり……」

それらを、誇らしげに語るのです。

きっと、本人たちは、

「自分はデキル人間だ!」

そうアピールしたいと思うのですが、

「能ある鷹は爪を隠す」

というように、本当にデキルひとは、

あえて、アピールしないものです。

その証拠に、知識はアピールできても、

実際の作業として、実践できていませんでした。

「昔のコトで忘れた」

とか、いいわけするのです。



僕自身、人からバカと言われようが、

特に気にしていません。

なぜかというと、

僕自身が、バカと思っていないからです。

ハゲではない僕に、ハゲといわても、

全く気にならないのと同じです。

仮に、もし僕がハゲだとしても、

無理に隠さないと思うのです。

「僕はハゲですよ!」

最初からそうアピールしていれば、

バカにされようもないと思うのです。

それを無理に隠そうとするから、

あえて、目立ってしまうと思うのです。



男性なら、きっと経験あると思いますが、

本屋さんで、えっちな本を買うとき、

一般雑誌、えっちな本、一般雑誌

このように、サンドイッチで買う人もいますが、

あえて僕は、えっちな本の表紙を店員さんの方へ向けて、

買うようにしていました。

それはなぜか?

もし、僕が本屋の店員さんだったら、

「一般雑誌に挟んで隠したってわかるのにね(笑)」

そんな風に、むっつりスケベ的な、

視線でしか見れないからです。

でも、正々堂々とえっちな本の表紙を出されたらどうでしょう。

僕が店員さんだとしたら、

「いさぎよい人だなぁ」

そう感じ、変な目で見るコトがないからです。



僕の経験ですが、自分が思っている以上に、

人は気にしていないものです。

そもそも、人のコトよりも、

自分のコトで忙しいのです。

人の目線を気にしすぎて、

無駄にノイローゼになるよりも、

目線なんて気にせず、

正々堂々と、いさぎよくいきてゆきたいですね。

今日の心得
 隠そうとすればするほど目立つ!
 人間、いさぎがよい方がカッコいい!

気にしすぎはノイローゼ[No.2881]
 今日も最後までありがとうございます。

僕のもうひとつのブログ
「嬉しいコト@カラフル!」
http://ameblo.jp/moriyama-tomomi/
お暇な方は遊びに来てくださいね。(^^)

2015年4月16日 (木)

些細な変化から[No.2880]

当然ですが、2010年から、5年の月日が経ちました。

実は、僕が自分の人生を変えようと思い出したのは、

ちょうど、5年前の今頃だったのです。

タバコを止めたり、ウォーキング始めたり、

健康に気をつけ始めたり、換気したり、掃除したり、

風水や、字の練習、運が良くなる方法、文章術。

途中、断捨離や、ジャンクフードを禁止にしたり、

お金のコト、人付き合いのコト、ビジネスのコト

他にもたくさん学び、実践してみました。



そして、5年経った今、自分を振り返ってみて、

変わったといえば、変わったかもしれないけれど、

変わってないと言えば、変わっていないのかもしれない。

それが、いま感じる、素直な感想でしょうか。

あっ!でも、大きく変わったと思えるコトが、

ひとつあります。

それは、恐怖に怯えなくなったコトです。

人間、やろうと思えば、なんだってできる。

例え、20年近く吸い続けたタバコだって、

止めるコトができる。

「自分は禁煙ができない!」

それは、単なる妄想であったと感じています。

もう一つ大きなコトがあったとすれば、

モデルになったコトです。

5年前の僕が知ったら、絶対に信じないと思います(笑)

それくらい、勇気をもてるようになったコトでしょうか。



僕が、自分を変えようと、一番最初に行ったのは、

誰にでも出きる、簡単なコトです。

それは、朝起きて換気するコト。

今回は、その理由は書きませんが、

「人生変えたいな~」

そう思われている方は、朝換気をしてみてください。

既に換気をされている方は、

5分でもかまいませんので、朝掃除をしてみてください。

いろいろと、おもしろい変化が現れ始めますよ。

今日の心得
 良い変化は、待っていても訪れない。
 些細なコトからでも、まずはやってみる!

些細な変化から[No.2880]
 今日も最後までありがとうございます。

僕のもうひとつのブログ
「嬉しいコト@カラフル!」
http://ameblo.jp/moriyama-tomomi/
お暇な方は遊びに来てくださいね。(^^)

2015年4月15日 (水)

現状維持[No.2879]

(日付を調整しています)

14日のコトだったと思います。

NHK AMラジオに、

ダンディー坂野さんが、ゲストとして出演され、

芸人としての経緯や志を熱く語られていました。

そのなかで、僕が気になった言葉は現状維持!

ダンディー坂野さんは、

「今年の目標はなんですか?」

そう尋ねられると、

「はい!現状維持です!」

そう答えて、周りからは「成長や向上心の無い人」

と笑われるそうです。

でも、現状維持の本質を、

ダンディー坂野さんが語り始めたとき、

僕は、現在に、すごく感謝をされている方なんだな。

そう感じました。



お笑い界、芸能界、当たれば爆発的ですが、

その波を、いつまでも続けるのは難しいのです。

ダンディー坂野さんが語る現状維持で、

僕が感じたコトは、来年も仕事がある状態。

爆発的ヒットの次には、落ちるしかない。

変にアップダウンするよりも、中道を通る。

僕が思うに、それこそ生活の安定であり、

心の安定だと思うのです。

いきなり高収入を得たら、人はどう変わるでしょう。

高収入ならば、高収入なりの生活をすると思います。

いい部屋で、いい車で、いいものを持つ。

そして、収入が落ち込んだらどうなるでしょう?

生活の質を下げなければなりません。

きっと、気力や自信も失うと思うのです。

「流行語大賞に出た人は、今後芸能界に出てこない」

そういうジンクスがあるようですが、

登りにのぼって、次に落ちたとき、

自信を失い、姿を隠しているのかもしれません。



そういう状況を、ダンディー坂野さんは、

よく把握していらっしゃるのだと感じます。

当たり障りない、アップダウンの少ない人生で、

心の平安を目指されているのだと感じました。

しゃべり方ひとつにしても、その穏やかさは、

たくさん伝わってきます。



本日僕は、喫茶店で昼食をとりました。

僕のとなりで、

叔母様たち3人が、会話をしていたのです。

「現状維持は大切よね」
「そうよね。現状維持」
「現状維持がいちばん」

3人揃って、現状維持に関心を持っていました。

そこで、僕はふと感じたのです。

「あっ!これはもしかすると、僕へのメッセージなのかな」と。



人生の折り返し地点に立った僕は、

自分を変えようと、いろんなコトを学び、

いろんなコトを考えています。

もちろん、考えるだけでなく、少しづつですが、

行動もしています。

そんななかで聞く現状維持。

僕が感じるに「焦ってはダメだよ!」

そんな風に、神様からメッセージをいただいたのだと、

感じています。

一見、向上心がないように見える現状維持。

でも、落ちない状況を継続させるというコトは、

社会において、大変重要なコトだと感じています。

倒産する会社の多くは、無理に利益をあげようと、

沢山の事業に手を出したりして、失敗しています。

でも、莫大な利益はないけれど、

損失をださず、コツコツと続けている会社の方が、

長続きしているのも事実だと思います。

そう考えると、現状維持というものは、

物事を継続させる上で、

もっとも重要なキーワードだと感じています。

今日の心得
 今を幸せに感じ、今に感謝出きる人こそ
 現状維持を大切にし、物事を継続できる
 のだと感じます。

現状維持[No.2879]
 今日も最後までありがとうございます。

僕のもうひとつのブログ
「嬉しいコト@カラフル!」
http://ameblo.jp/moriyama-tomomi/
お暇な方は遊びに来てくださいね。(^^)

2015年4月14日 (火)

キーマン(重要人物)[No.2878]

(日付を調整しています)

僕の今までの経験ですが、

どんな人間に出会ったとしても、

必ず、意味があるのだと感じています。



幼い頃の僕は、人見知りする子でした。

でも、接客業などで仕事をするようになって、

どんな人間とでも、例え極道の人とでも、

接するコトが出きるようになりました。

人見知りはしなくなりましたが、

「できれば、この人には近寄りたくないなぁ」

そう感じる人はいたりします。

でも、敢えて僕は、近寄ってみるのです。

すると、不思議な出来事が起きました。

1回、2回の偶然ではなく、何度もです!



お話をわかりやすくする為に、Aさんとします。

「この人(Aさん)は苦手だな…」

そう感じたけれど、敢えて近づいてみる。

すると、Aさん経由で、いろんな御縁が広まるのです。

そして、不思議なコトに、

Aさん経由で、他の人と知り合えた途端!

Aさんとの縁がなくなるのです。

僕がAさんと距離をおいた訳ではなく、

Aさんが自然に離れていく感じです。

こういう出来事が、いままで何度もありましたので、

こういうAさんのような人を、

僕はキーマンと呼ぶようにしたのです。

好ましいと思わなかった人経由で、

良い御縁に出会えた!



僕が思うに、これは、

神様からの、ご褒美だったんじゃないかな。

そう、感じています。

僕は、去るものは追いかけませんが、

来るものは、どんな人であれ、

受け入れるようにしています。

「この人苦手だな」

そう感じても受け入れる。

すると、別の御縁を運んできてくれる。

そして、まるでその役目が終わったかのように、

苦手だと感じていた人は、去って行くのです。



「そんなの偶然だよ!」

そう思うかもしれませんね。

騙されたと思って、是非あなたも、

この人苦手だなと感じても、

逃げず、迎え入れてみてください。

きっと、不思議な御縁を運んできてくれますよ。

今日の心得
 ピンチはチャンスというように、
 苦手だと思う人の方が、
 チャンスを持ってきてくれるのかもしれませんね。

キーマン(重要人物)[No.2878]
 今日も最後までありがとうございます。

僕のもうひとつのブログ
「嬉しいコト@カラフル!」
http://ameblo.jp/moriyama-tomomi/
お暇な方は遊びに来てくださいね。(^^)

2015年4月13日 (月)

不平不満が多い人[No.2877]

(日付を調整しています)

今ままで僕が、40年間生きてきの経験です。

「世の中こうあるべきだ! こうするべきだ!」

みなさんにも、意見はあると思います。

もちろん僕にもあります。

でも、度が過ぎると、不平や不満になるんですよね。



「○○だといいな!」そう思う希望から、

「○○じゃない!」という不平不満に変わる。

僕が感じたコトですが、

この不平不満が多い人ほど、

自分の身の回りのコトが全くできて無く、

自分よりもできていない人を指さし、

優越感に浸っているように感じるのです。



よく、考えてみればわかると思うのですが、

業界で有名、活躍している人たちは、

日々勉強をしたり、トレーニングを重ねています。

ようするに、自分磨きで忙しいんですよね。

ですので、他人のコトに口出しをしたり、

不平不満をいう時間は勿体ないと感じていると思います。

それに、行動力ある人なら、

文句をいう前に、動くのです。

いつまでも、足腰痛いと愚痴を言っていても、

治るものも早く治らないのです。

痛いとか愚痴をいう暇(エネルギー)があるなら、

さっさと病院へ行く。

痛いとわかっているのに、いつままでも放置して、

愚痴をいっている人ほど、愚かはないと思うのです。



僕が思うに、文句があるなら動けばいいと感じます。

いま動けないのなら、いつ動くか計画する。

その計画もしないまま文句をいうのは、

ただのわがままでしかないように思います。

文句の言葉が出そうになったとき、

自分視点ではなく、

「第三者から自分をみるとどうだろう?」

少し、意識してみてください。

きっと、なにかしら自分に原因があると思いますよ。

今日の心得
 状況に文句を言うのは、赤ちゃんでもできる。
 状況をどう変えるのか?
 考え、行動するのが大人ではないでしょうか。

不平不満が多い人[No.2877]
 今日も最後までありがとうございます。

僕のもうひとつのブログ
「嬉しいコト@カラフル!」
http://ameblo.jp/moriyama-tomomi/
お暇な方は遊びに来てくださいね。(^^)

2015年4月12日 (日)

断捨離ができる人[No.2876]

(長めになっています)

断捨離ができる人、できない人

なぜ違いがあるのか?

僕なりに、いろいろと考えてみました。



僕が思うに、断捨離できる人は、

素直に、自分の非や、

負けを認めるコトができる人だと感じます。

実際、僕がそうなのですが、

例えば、ある高価なものを買ったとします。

「参ったなぁ。高かったのに……でもお気に入りでもないし、機能も果たさなかったから、売るなりあげるなり手放そう!」

例えそれが、買った当日であっても、

「自分が失敗した!」

素直に認め、反省し、手放す準備に取りかかるのです。

手放す準備とは、必要そうな人を思い浮かべる。

買い取ってくれそうなお店を思い浮かべる。



でも、断捨離できない人はどうでしょう。

「これ、すっごく高かったんだ!……でも、機能は果たさないけど、いつか使うかもしれない!なにかの役に立つかもしれない!」

素直に、失敗を認めていないのです。

実は、僕の母がこのタイプなのです。

そのせいあって、着ない服や、使わないもので、

一部屋物置にして、つぶれている状態なのです。



素直に、自分の失敗を認めないものですから、

また、同じコトを繰り返すんですよね。

「いつか使えるから、とっておけば無駄にはならない!」

そうやって、何年も保存し、

服にカビが生え、結局は処分するコトになるのです。

今捨てれば、今空間が手に入る。

もったいないからと、10年放置して使わず、

結局は、カビが生えて捨てる羽目になる。

10年間、部屋のスペースを無駄に使ったあげく、

ゴミ箱行きですから、

これほど無意味なコトはありませんよね。



僕は、以前の荷物は殆ど断捨離しました。

殆ど……というより、5年前の荷物は何一つありません。

当時、自分の持ち物を手放すとき、

沢山の後悔の念がありました。

「こんなに沢山買い込んだけれど、数年後には、不要だというんだよな」

それから僕は、目先で買い物しなくなったのです。

「限定品だからとりあえず買う! 安いから買う!」

今僕が買い物するときは、これらは一切関係ありません。

限定品云々よりも、自分が気に入るかどうか。

安いか云々よりも、自分に今必要かどうか。

そんな風に、僕が思えるようになったのも、

素直に、自分の非を認められたからだと思います。

「失敗した!間違えた!今度から気をつけよう!」

素直に認めるコトが、

成長につながるのかもしれないですね。

今日の心得
 買い物の失敗は、勿体ないという気持ちで、
 取りあえず保存すれば、帳消しにはなりません。
 失敗は失敗、素直に認め、物は手放し、
 学びを手に入れたいです。

断捨離ができる人[No.2876]
 今日も最後までありがとうございます。

僕のもうひとつのブログ
「嬉しいコト@カラフル!」
http://ameblo.jp/moriyama-tomomi/
お暇な方は遊びに来てくださいね。(^^)

2015年4月11日 (土)

おおらかに[No.2875]

(日付を調整しています)

僕は、常日頃から、

「人にどう思われてもいいや」

と思っています。

投げやりという意味ではありませんよ。

自分の考えがあり、相手にも考えがある。

それを、当たり前の事実として受け止めているだけです。

いくらどんなに、僕が効率的な方法を考えたとしても、

それは、僕にとっての方法でしかない。

世間の人間全員に通用するとは限らないのです。



意見を持つのはよいコトだけど、

あまりに強く主張すると、敵をつくるコトになる。

敵を作れば、どんなに正しいコトをいっても、

聞く耳を持ってくれるコトはないのです。

あくまで、これは僕の経験談ですが、

対人恐怖症の人は、人の目を気にしすぎます。

「人によく思われたい!」

くらいなら、どの人間も感じていると思いますが、

「私のコトどう思っているのかな? 変な人だと思われていないかな?」

考えすぎて、ノイローゼになったり、

変に思われたくないあまり、沢山ゴマをすり、

素直に意見も伝えられないから、ストレスをため、

「人間関係ってめんどくさい!」

という具合に、ひとり孤独のような気がします。



それは僕だって、ゴマばかりすっていたら、

そりゃめんどくさいですよ。(笑)

ですので、ゴマなんてすって生きていません。

「別に人にどう思われたっていい」

敢えて、人に嫌われるようなコトはしませんが、

素直に相手を思いやり、素直に行動したのに、

相手から避難され、相手が去っていくのなら、

それまでの価値しかなかった御縁だとして、

別に僕は、追ったりもしません。

僕は僕であり、相手に都合がよい人間ではありません。

Aさんに会うときは、アクティブな人を演じ

Bさんに会うときは、ネガティブな会話ばかり。

それでは、いったい自分はどういう人間なのか?

自分を失ってしまうと思うのです。



もちろん、相手を思いやる気配りは大切ですが、

度が過ぎないように、人は人、自分は自分と、

しっかりと線引きをして、ごちゃ混ぜにしないよう、

おおらかな気持ちで、生きてゆきたいですね。

今日の心得
 十人十色。
 あまり、人の目を気にしすぎない。

おおらかに[No.2875]
 今日も最後までありがとうございます。

僕のもうひとつのブログ
「嬉しいコト@カラフル!」
http://ameblo.jp/moriyama-tomomi/
お暇な方は遊びに来てくださいね。(^^)

2015年4月10日 (金)

妄想族[No.2874]

(長めになっています)

最近僕は、AMラジオをよく聞きます。

朝目覚めてすぐに、AMラジオを聞きながら、

部屋換気や、ベッドメイキングするのが日課です。

いつものように、ラジオを聞いていると、

ん? と感じました。



ラジオのゲストで、ある専門家が出演されていたのですが、

なんと言いますか、とにかく早口なのです!

もちろん、番組の時間枠がありますので、

それに合わせる為に、早くかと思っていると、

どうやら、そうではないようです。

「うん。うん。でねー。それがー」

相手が話している途中で、相づちをうち、

勝手に先読みして、話しを進めているようです。

そういう状態ですので、

「そういう意味ではなくてですね…」

とパーソナリティからつっこみが入ります。(笑)



そこで、僕は思ったのです。

勝手に先読みをして、勝手に自分で解釈する人は、

きっと、妄想心が強い人だと思うのです。

自分のコトを言われているわけではないのに、

勝手に自分のコトだと思って腹を立てる。

よい先読みならいいけど、

悪い方へ先読みしっぱなしです。

もうこれは、暴走族どころではありません。

妄想族です!!



頭を働かせるのはいいけど、

勝手に解釈するのは、どうかと思うのです。

ひとりの人間が、世の中を簡単に悟れるほど、

世の中単純ではないと思うのです。

「自分は○○だとう思う」

考え、意見を持つコトはよいと思います。

でも、勝手に決めつけるのではなく、

状況や様子を見て、しっかりと判断し、

相手に尋ねるくらいの、ゆとりを持ちたいです。



僕が尊敬する人のなかに、池上彰さんがいます。

池上さんは、

「これはこういうことなんですかね? ○○なんですね?」

必ず、相手に尋ねるのです。

僕が思うに池上さんは、

自分が思っているコトに、間違いがないかの確認と、

訪ねて、話題を繰り返すコトで、

視聴者に、わかりやすく伝える為の配慮(やさしさ)

だと感じるのです。

そういう配慮や、気配りができる人間になりたいですね。

今日の心得
 人の意見や話しを、勝手に先読みしない。
 本当にそうなのか? 自分の勘違いではないか?
 訪ねるゆとりや、やさしさを持ちたいです。

妄想族[No.2874]
 今日も最後までありがとうございます。

僕のもうひとつのブログ
「嬉しいコト@カラフル!」
http://ameblo.jp/moriyama-tomomi/
お暇な方は遊びに来てくださいね。(^^)

2015年4月 9日 (木)

すみません? ありがとう?[No.2873]

(日付を調整しています)

どうせ生きるのなら、ゲームを楽しんでみませんか?

僕が提案するゲームは、ありがとうを伝えるゲーム。



僕は、以前から、日本人に疑問を抱いています。

例えば、アメリカ人が落とし物をしたとします。

そして、僕がそれを拾い、アメリカ人に渡すと、

相手はこういうのです。

Thank you (ありがとう)

でも、日本人はどうでしょう。

多くの方が「すみません」

感謝ではなく、謝っているコトを多く感じます。

ですので、僕は意識して「ありがとう」

を伝えるようにしています。



本日のコトですが、僕は美容院へ行きました。

パーマ中、サービスで出されるコーヒーを飲み終えると、

店員さんは僕に声をかけます。

「コーヒーもう一杯お持ちしましょうか?」

「あっ!大丈夫!」

そこで僕は、「あっ!しまった!負けちゃった!」

と意識しているんですよね。

どういうコトかといいますと。

「あっ!大丈夫!ありがとう!」

と、本来僕は伝えたかったのです。

それが、瞬発的に出てこない僕は、

「まだまだなんだなぁ……」

と、こんな感じで、

ありがとうを伝えるゲームを、楽しんでいます。



あくまで、僕の価値観かもしれませんが、

「すみません」と相手に言わたら、

なんだか、相手が悪いコトをしたみたいじゃないですか。

相手に対して、自然と印象が悪くなりがちです。

でも「ありがとう」と言われたらどうでしょう。

素直に、感謝の念を伝えられているので、

相手に対して、悪い念を感じにくいと思うのです。

ついつい、すみませんと言ってしまいがちな日本。

それでは、まるで自分が悪い人みたい。

もちろん、謝るべきときは素直にあやまり。

感謝するときは、素直にありがとうと伝えたいですね。

今日の心得
 謝ってばかりの人生から
 感謝を伝えられる人生へ

すみません? ありがとう?[No.2873]
 今日も最後までありがとうございます。

僕のもうひとつのブログ
「嬉しいコト@カラフル!」
http://ameblo.jp/moriyama-tomomi/
お暇な方は遊びに来てくださいね。(^^)

2015年4月 8日 (水)

今を楽しみ、未来も楽しむ[No.2872]

(日付を調整しています)

僕は今、無駄になる楽しみ方は、

したくないと考えています。

以前(20年ほど前)の僕は、

あるアニメグッズのコレクターでした。

当時はその作品が好きで、集めるコトも楽しんでいた。

でも、それから15年後には、それらは全部手放すのです。

何一つ残っていません。

確かに、当時楽しんでいたのなら、

それはそれで、よかったと思います。

思い出が残っている。



でも、別の見方をすると、

楽しみ方は、他にもあったハズなのです。

当時僕が、グッズを集めるのではなく、

本を読んで集めるのが趣味だったとしたら、

きっと、いろんな知識を得ていたと思うのです。

僕の性格柄、納得できないコトは、

自身で経験しないと、気が済まない人なので、

知識だけでなく、いろんな経験もしたと思います。



なにかをコレクションするのが、悪いと言う意味ではなく、

どうせ集めるなら、自分の為になるコトにしたいと、

最近感じているのです。

グッズを集めても、ゲームを集めても、マンガを集めても、

その道の評論家にでもならない限り、

本当の意味で、自分の為にはならないと思うのです。

もちろん、ある趣味の知識があれば、

その輪に入って、ワイワイ楽しむコトができるかもしれません。

でも、その仲間と、一生その話題ができればよいのですが、

相手が結婚したり、趣味が変われば、

話が合わない人になり、やがて離れていくのです。

あるひとつの物事に、特化する気持ちはわかりますが、

狭い視野では、いずれ仲間はいなくなってしまう。



僕は、子どもからご年輩の方まで、

一緒になって、いろんなコトを話し、聞き、

年下、年上に関係なく、お互いが、

学びあえる話題ができる人間でありたいです。

そうやって、自分の引き出しを増やしていけば、

さらに、いろんな仲間に恵まれ、

本当の意味で、人生を楽しめるのではないでしょうか。

今日の心得
 いくら今が楽しくても、
 10年後、無駄になっているコトはしたくない。
 きっと、10年後も生かせる楽しみ方はあるハズ

今を楽しみ、未来も楽しむ[No.2872]
 今日も最後までありがとうございます。

僕のもうひとつのブログ
「嬉しいコト@カラフル!」
http://ameblo.jp/moriyama-tomomi/
お暇な方は遊びに来てくださいね。(^^)

2015年4月 7日 (火)

幸せになりたいの?[No.2871]

(日付を調整しています)

ふと思うコト。

人間、幸せになりたいと願っているハズなのに、

なぜ、不幸の主人公を演じたがるのでしょう。

不幸を演じれば、誰か助けてくれるから?

神様が手を差し伸べてくれるから?



僕が思うに、現代の日本に生まれ、

このブログを読んでいるという時点で、

すでに、幸せだと思うのです。

「私にはこういう問題があるから! 私にはこういう病気があるから!」

僕を含め、現代人は皆病気だと思います。

本当に超健康体が幸せかといえば、

病気への免疫力がなく、いきなり亡くなる人もいるのです。

そう思えば、病気は、長生きする為の試練。

肉体や精神に、ひどくムチ打つかもしれないけれど、

そうやって、体も心も鍛えられるのはないでしょうか。



考えればわかると思うのですが、

不幸の主人公を演じつづける人と、

明るく、前向きに生きようとする人。

どちらが、人に好かれるでしょう。

明るく、前向きな人には、明るい人が訪れ、

いろんなチャンスに、出会えるのだと思います。

残念ながら、暗い人には、暗い人しか集まりません。

「私と同じ仲間だ! 私よりもかわいそうな人だ!」

傷の舐めあいをしたって、癒えるコトはないでしょう。



僕が思うに、不幸の主人公を演じるのは、

人に助けてほしいから。

「私はこんなにも不幸です! だから助けてください!」

今あるもの、現在に感謝できない人に、

誰が、助けてくれるというのでしょう。

助けてくれるスーパーマンは、

ボランティアで、人を助けるコトはないのです。

スーパーマンへの報酬は、

「ありがとう!」

感謝されるコトで、

助けがいを感じていると思うのです。

ですので、現状に感謝できない人には、

スーパーマンは訪れないでしょう。

「この人を助けても、ありがとうの言葉はもらえない!」



不幸の主人公を演じ続けても、

いつまでも幸せにはなれない。

演じたところで、お給料ももらえない。

スーパーマンが助けにくるどころか、

仲間だと思われ、悪い虫がたくさんよってきます。

どうせお給料ももらえない!なにも変わらない!

だったら!

不幸の主人公を演じる時間やエネルギーを、

幸せの主人公を演じる役に変更しませんか。

人生という舞台で、幸せを演じつづければ、

きっと、あなたのファンで、

観客席はいっぱいだと思いますよ。

今日の心得
 後ろのコトを気にして走っていたら、
 なかなか前進するコトはできない。
 常に前を見て前進し、ときどき立ち止まり、
 「過去の自分は○○だったけれど、今は違う!自分スゴイじゃん!」
 そうやって自分を励まし、自信をもって、
 前に進み続けたいです。

幸せになりたいの?[No.2871]
 今日も最後までありがとうございます。

僕のもうひとつのブログ
「嬉しいコト@カラフル!」
http://ameblo.jp/moriyama-tomomi/
お暇な方は遊びに来てくださいね。(^^)

2015年4月 6日 (月)

自分というブランド[No.2870]

(日付を調整しています)
(長めになっています)

世の中、どんどん便利になっていく反面

規制が増え、自由が奪われているのも事実だと思います。

今回は、利便性と規制については触れませんが、

利便性に的を絞って、お話を進めたいと思います。



世の中、どんどん便利になっていますよね。

反面、人間はどんどん退化しているとも思えます。

スマホが電卓になり、スマホがアドレス帳や

メモ帳、スケジュール帳になる時代。

きっと、人間の記憶力や計算能力は、

以前よりも、だいぶ低下していると思うのです。

学習能力が低下するとどうなるでしょう?



以前犯した過ちを再び繰り返す。

すでに持っている物を、有効活用すれば、

必要なかったものを買ってしまう。

時間も、お金も無駄にするコトになります。

その失敗を、ストレスだといって、

SNSに愚痴を書いたり、衝動買いをして、

買い物に失敗していては、

再びストレスをためるコトになります。

僕は、そのコトに感じ始めた5年前

本やネットを読んで、勉強するコトを始めたのです。



その成果が、少しづつ現れ始めたのだと思います。

物事を表面的に見るのではなく、

本質的に見れるようになっていると感じます。

もちろん、僕はまだまだ勉強不足ですので、

至らない部分は多々ありますが、

不運に思えるコトさえも、感謝するようになりました。

例えば、餌をあげている野良猫。

僕の原付をトイレにされても、

「これは、僕は原付に乗らないほうがいい!きっと死ぬから!」

そんな風に、不運に思えるトラブルさえも、

猫の恩返しだと、感じています。



うまく、文章で表現するのは難しいのですが、

便利な世の中、スマホの計算機を使ったり、

スマホでネットで調べれば、

すぐに情報を取り出せる時代です。

でも、僕が思うに、それは人の意見や情報であって、

あなたや僕への情報とは、限らないと思うのです。

いくらどんなに、専門家や、多数決でそうだとしても、

僕やあなたには、適用されないかもしれないのです。

もちろん、ネットで調べた方が、

正確な情報かもしれません。

でも、何でも検索して頼るのではなく、

自分の頭トレーニングの為にも、

まずは、自分で考えてみる!想像する!

それが、知恵をつけるうえで、必要だと思うのです。

ネットや社会の情報だけに左右されていては、

いつまでも、皆と同じような人生になってしまいます。

「人と同じが幸せ」

そう感じるのであれば、それでよいと思います。

でも、人とは違う未来を手にしたいのなら、

自身でいろいろと考え、勉強し、

経験し、発想するべきだと思うのです。

「それなら知っている!ネットで知った!」

知っているだけの知識だけの人と、

「それならやってみたよ!実はね、意外にも○○で…」

実際に経験して、物事を語れる人。

きっと、多くの人が、経験談を聞きたがる

世の中になるのは、時間の問題だと思います。

知識だけなら、人に聞かなくても、

ネットで検索すれば出てきますからね。



自身として、オリジナリティ(価値観)ブランド

を出す為にも、知識だけでなく、

アクションを起こし、経験を熱く深く語れる、

人間味あふれる人生を、僕は過ごしたいです。

今日の心得
 情報を受けるばかりではなく、
 自ら配信できる、知識と経験豊かな人になりたい。

自分というブランド[No.2870]
 今日も最後までありがとうございます。

僕のもうひとつのブログ
「嬉しいコト@カラフル!」
http://ameblo.jp/moriyama-tomomi/
お暇な方は遊びに来てくださいね。(^^)

2015年4月 5日 (日)

チャンスを手にする為に[No.2869]

(日付を調整しています)

普通……というの変かもしれませんが、

きっと、多くの人たちは、

嫌なコトは避けたいと、日々、感じていると思います。

「嫌な人、嫌な仕事からは避けたい!」

一人の人間として、幸せに生きたいと願うのなら、

当然の行為だと思えます。



でも、○○が嫌だからと避けていても、

永遠と、解決するコトはないんですよね。

例えるのが難しいのですが、

あなたの隣に、怖そうな人が住んでいるとします。

「できるだけ目を合わさないでおこう。できるだけ近寄らないでおこう」

そうやって、ビクビクと怯えていても、

実際には、なんの解決にもならないんですよね。

それどころか「怖そうな人 = 逃げる」

そういう習慣が、脳内に焼き付いてしまうかもしれません。

あくまで、僕の経験ですが、怖そうに見える人ほど、

実は、情が深くて、よく世間を見ていたりするものです。

人は見かけによらないとは、まさにこのコトなんだと、

僕自身、なんども経験しています。

「見た目怖そう = 逃げる」

そんな固定概念では、

ずっと、逃げるコトになると思うのです。



「これは失敗しそうだからしない!(逃げる)」
「これは本やネットで失敗を聞いた覚えがあるからしない!(逃げる)」
「なんだか怪しそう、怖そうだからやめておこう!(逃げる)」

こんな状況では、

チャンスにも気がつかないと思うのです。

あくまで、僕の経験談なのですが、

いま、僕がラッキーだと感じたコトの発端は、

すべて、不幸に見えたトラブルからでした。

地震被害で、マンション地盤沈下したからこそ!

広い家に移り住み、ペットが飼える生活ができる。

他にも、沢山あるのですが、

不幸のどん底に見えるときこそ、

大きな試練であり、大きく変われるチャンスだと、

僕自身、身をもって何度も経験しています。

ですので、どうか、見た目に騙されないください。

いくらどんなに頭で考えていても、

実際に行動すると、全く違った何かを

経験できるかもしれないですよ。

今日の心得
 固定概念を捨て、
 大きな心で、広く物事に挑みたい。

チャンスを手にする為に[No.2869]
 今日も最後までありがとうございます。

僕のもうひとつのブログ
「嬉しいコト@カラフル!」
http://ameblo.jp/moriyama-tomomi/
お暇な方は遊びに来てくださいね。(^^)

2015年4月 4日 (土)

お気に入りを[No.2868]

(長めになっています)

以前に比べて、最近僕は、物を買わなくなりました。

そして、物を買うときの基準も、以前とは違います。

以前の僕は「安いから!限定品だから!」

そういう罠に引っかかって、別に自分が欲しくないものを、

「買わないと損!」みたいな価値観で見てしまい、

不要な物を、沢山買っていたんですよね。

当然、そういう物が必要なかった僕は、

売ったり、人にあげたり、断捨離したのです。



最近、僕が買い物をする時は、

「高い、安い、限定品」意識していません。

いくら高いブランド品でも、自分が気に入らなければ、

買う価値はないと感じています。

安い品物でも、自分のお気に入りの物であれば、

それを大切に使うようにしています。

もちろん、生産する国や品質、加工行程で、

商品の価値が変わるので、ある程度の価格のもので、

自分が気に入ったものを手にするよう、

無駄のないように、心がけています。



たかが千円の小物入れでも、

それがお気に入りなら大切にしたいです。

何万円もするブランド品質ではないかもしれないけれど、

100円ショップよりは、ずっと高級です。

お金を節約する意味で、実用主義の人は、

100円の小物入れでもOKという人もいるかもしれません。

それが、その人のお気に入りならよいのですが、

なんとなく安いからと、気に入らないものを使うのは、

なんだか、気分が滅入ってしまいますよね。



物が沢山あり、どんどん価格も安くなっていますが、

「安い = 買う」「高い = 良い・買わない」「限定品 = 取りあえず買う」

そんな、単純な外見だけの判断ではなく、

自分の心が気に入るものを、長く手にしたいですよね。

たかが千円の小物入れでも、自分がお気に入りであれば、

それで、十分だと思うのです。

仮にもし!数万円するものが自分のお気に入りだとすれば、

その数万円に、お金を払ってもよいと思うのです。

100円ショップの品物で、無理に我慢をして、

気分が優れない毎日を過ごし続けるよりも、

お気に入りにつつまれて生活する方が、

いろんな意味で、前向きに考えられ、生産的だと思うのです。

物の高い安いではなく、

自分にとって、価値が高いか安いかを基準にして、

いつも楽しい、笑顔で居続ける生活をしたいです。

今日の心得
 価値を決めるのは自分自身。
 安くても高くても、納得できるのなら
 それで良いのではないでしょうか。

お気に入りを[No.2868]
 今日も最後までありがとうございます。

僕のもうひとつのブログ
「嬉しいコト@カラフル!」
http://ameblo.jp/moriyama-tomomi/
お暇な方は遊びに来てくださいね。(^^)

2015年4月 3日 (金)

自身を知る[No.2867]

あなたは、自身のコト。

自分が歩んでいる人生について、どう感じていますか。



いきなりこんなコトを言われても、

困るかもしれないですね。

すみませんでした。(笑)

僕自身は、間違った道には進んでいないと感じています。

だけど、まだまだ勉強不足で、

なにを、どのように行動すればよいのか?

よく分かっていない状況なのです。

ですので、これに対して、どうすればいいか?

僕が出した答えは、勉強するコトだと感じたのです。



もちろん、本や人の話を聞くだけの勉強ではなく、

実際に自分で経験して学ぶコトが、

いちばんだと感じています。

でも、全部を試していたら、

お金も時間もかかってしまいますよね。

ある程度は頭で計算(シミュレーション)して学び、

それで解決(理解)できない分野では、

実際に経験して、学んでいこうと考えています。

考えて(学んで)済む範囲のところと、

実際に経験しなくては分からない範囲。

しっかりと見極め、

人生を無駄にせずに、成長していきたいですね。

今日の心得
 自分を知り、自分に足りないコト
 適切な学び方を知り、
 丁寧に、歳を重ねていきたいです。

自身を知る[No.2867]
 今日も最後までありがとうございます。

僕のもうひとつのブログ
「嬉しいコト@カラフル!」
http://ameblo.jp/moriyama-tomomi/
お暇な方は遊びに来てくださいね。(^^)

2015年4月 2日 (木)

不要な欲は捨てる[No.2866]

(日付を調整しています)
(長めになっています)

人間は、良い意味でも、悪い意味でも、

欲がある生き物だと感じています。

「○○を手に入れたい! ○○になりたい!」

欲があるからこそ、頑張れたり、

我慢するコトもできるのだと思います。

でも、悪い方向に進むと、

大変時間を消費するのだと感じました。



例えば、小さなコトでいえば、ボールペン!

「よし!ボールペンを買おう!」

そう思ったとき、

「どうせ買うなら…」

と、つい欲が出てしまうコトってありますよね。

「どうせなら、シャーペン付きボールペンがいい。ボールペンも多色がいい。消しゴム付きや、USBメモリ機能付きがいい!」

実際僕も、それはよく考えます。

でも、機能性を求めるあまりに、

すっごく時間をつかって悩んだりするコト自体、

機能的ではないように感じたのです。

どういうコトかといいますと、

拘る商品を探すのに時間もかかりますが、

そもそも、本来欲しかった物はボールペン

そこに求められるのは、ボールペンの基本性能です。

握りやすさ、書きやすさ、手首の疲れにくさなど、

そこにあると思うのです。

その付加価値として、

デザインくらいはあってもいいと僕は思います。

いくらどんなに書きやすいボールペンでも、

自分が嫌いなデザインでは、触れる回数も減りますからね。



でも、僕が思う不要な欲とは、

本来のボールペン以外の機能を求めるコトだと思うのです。

ボールペンに、シャーペン機能を求める。

シャーペンがあるから、消しゴム機能も求める。

これは、あまりよろしくない考え方だと思うのです。

もし、これが人間だとしたらどうでしょう?

仮にですが、あなたが運転手さんを雇ったとします。

「どうせ運転手を雇うなら、掃除洗濯に料理もできる運転手がいい!」

運転手さんに、お手伝いさんを求めているようなものです。

もし、これが経営者ならどうでしょう。

「事務で雇った人だけど、ついでに人事や営業もさせよう!」

そうやって、人をこき使う人間になってしまうと思うのです。



僕自身、現在、人を雇えるほどの器でもなく、

まだまだ、いろいろと勉強不足ですが、

「どうせなら!」

と、貧乏性的な発想から欲をだして、

ひとつの物や人に、あらゆるコトを求めると、

結果的に、嫌われる人間になると思うのです。

事務の人には事務の人のプライドがあり、

営業には営業の人のプライドがあります。

そして、ボールペンにも、

ボールペンのプライドがあると思うのです。

「たかがボールペン、心を持っていないボールペン」

それが次第にエスカレートしていくと、

「たかがスマホの情報のやりとり。たかがパソコンでのメールのやりとり」

そうやって、知らずに人を傷つけるコトも、

あると思うのです。



ですので、僕は思うのです。

物も大切にできないような人が、

人を大切にするコトはできないと。

その、人という枠のなかで、

最初に大切にするのは、他人ではなく、

まず最初に、自分自身だと思うのです。

あくまで、僕が感じているコトなのですが、

(1) 物を捨て、本当に大切なものを知る。
(2) 自分を労り、なにが嬉しいかを知る。
(3) それを他人に尽くし、思いやる。

この順番だと、感じています。



良い欲は、自分を向上させる為に必要ですが、

悪い欲は、自分を劣化(白い目で見られる材料)だと、

感じています。

無理に他人の目を気にして生きない為の訓練としても、

まずは、物、自分、と言う具合に、

思いやる気持ちを育てて生きたいですね。

今日の心得
 あれこれ求めているとき、
 「どうせだから!ついでだから!」
 それらを一端捨ててみる。
 すると、シンプルな答えが出ると思います。
 シンプル故に、その実現も早いかもですね。

不要な欲は捨てる[No.2866]
 今日も最後までありがとうございます。

僕のもうひとつのブログ
「嬉しいコト@カラフル!」
http://ameblo.jp/moriyama-tomomi/
お暇な方は遊びに来てくださいね。(^^)

2015年4月 1日 (水)

人の矛盾と恐怖[No.2865]

(日付を調整しています)
(長めになっています)

僕自身のコトでもあります。

きっと、どんな人でも、

もったいないと思う気持ちと、無駄なコトをしたり、

騙されたくないと思っていると感じます。

「騙されるのは嫌だ! 失敗するのが嫌だ!」

そう言って、行動しない人が多いように感じます。



でも、おかしなコトに、そう言っている割には、

無駄な買い物に、無駄な時間は使う。

自分の思うようにうまく行かないからと、

ストレス発散だといって、

飲み食べや買い物、テレビを観たり。

それこそ、無駄だと僕は思うのです。

例えば、安い牛丼を食べて、お菓子を食べるくらいなら、

最初から、良い食事をしても、同じだと思うのです。

1,000円の食事が高いからと、500円の食事をし、

500円のお菓子を買っていては、同じなのです。

むしろ、ファストフード + お菓子の方が、

体や脳に悪そうです。

ストレス発散だと、テレビを観たりゲームをしたり。

ある程度時間を決めて、楽しむ範囲なら良いと思います。

でも、だらだらと、ストレス発散目的でやっていると、

時間もお金も無駄にし、生産的な行動とは思えないのです。



もちろん、お菓子を食べても、テレビを観ても

それが悪いと言っている訳ではありません。

いつまでも、ダラダラするのが良くないと思うのです。

少し、真面目な話になりますが、

なぜ、自分の思う通りに、世の中が動かないのでしょう?

僕が思うに、それは勉強不足だからと感じるのです。

ダラダラとテレビ観る暇があるのなら、勉強をする。

勉強をしていたら、仕事だって、将来だって、

自分が思っているように、進みやすくなると思うのです。

そこで、ストレス発散だといって、

遊ぶコトに逃げていては、いつまでも勉強不足のまま。

その結果、再び思うようにならないのです。



自分が思い描く将来にする為には、

息抜きも必要かもしれないけど、ほどほどにして、

我慢する忍耐も必要だと思うのです。

僕は、そういう自分の意思確認の意味も含めて、

20年近く吸っていたタバコを、断捨離したのです。

(禁煙歴5年)

僕自身を含め、人間一度楽を覚えてしまうと、

あえて、苦労なんてしたくないものです。

なにも苦労せずに、当たり障りのない人生で、

死ぬときに後悔する人生がいいのか。

それとも、苦労はあるけれど、

楽しく生き生きとした人生で、

死ぬときに感謝できる人生かで、

あなたの人生の価値は、

大きく変化するのかもしれないですね。

今日の心得
 「無駄な努力になるかもしれない!」
 現在の表面的な恐怖に怯えるのではなく、
 ひとつの大きな人生としてみたとき、
 恐怖に怯え行動しないコトよりも、
 行動しなかった恐怖の方が、
 後悔の念が強いと感じます。

人の矛盾と恐怖[No.2865]
 今日も最後までありがとうございます。

僕のもうひとつのブログ
「嬉しいコト@カラフル!」
http://ameblo.jp/moriyama-tomomi/
お暇な方は遊びに来てくださいね。(^^)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

プロフィール

  • 現在モデル事務所に所属
    モデルや、物書きになる為の勉強をしています。
    2ndブログはこちら
    Facebookはこちら


    永良ます子/EiraMasuko ♂
    本名/森山誠美(ともみ)
    生息地/博多(めんたいこ)
    血液型/O
    誕生日/s5035日(啓蟄)
    好きな色/白/黄/オレンジ/緑
    趣味/くぎみー
    癒し系(アロマ/ハーブティー)
    文章を書くこと/読書/断捨離
    不思議と御縁があるもの
    亀/蝶/黄色/ミッキー/3と5と8/ゾロ目/明治/水に関係ある所/天神様/梅/太宰府

    超理系だけど、超文章書いて、
    超未来にする!φ(`・ω・´)
    アナログデバイス
    ZEBRA スラリ0.5/呉竹精昇堂 美文字筆ペン/伊予和紙/土佐和紙
    デジタルデバイス
    iPhone6[au]/F-06E/VAIO S15/X200MA/VAIO L/工人舎PM/ポメラ/EP803AW
    パソコン歴
    SHARP MZという時代から使いCE→PG→SE→講師→コンサルのお仕事をしていました。現在は一応役職らしいです。
    お掃除アイテム
    クイックルワイパー ハンディ/激落ちクロス リビング/マキタ 充電式クリーナ/ペットボトルブラシ/除菌ウエッティー
    Yankee Candle
    タヒチアンティアレフラワー/ガーデンハイドアウェイ/ミッドナイトジャスミン/ガーデンスイートピー/アイランドスパ/セージシトラス/ラブズミーラブズミーノット
    南阿蘇ティーハウス
    ジャスミン/ホッと一息ティータイムブレンド/疲れた体にやさしいブレンド/幸せ黄色のハーブブレンド/店舗・季節限定ブレンド

このブログ成分

1st Twitter

2nd Twitter

無料ブログはココログ