« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月の30件の記事

2014年6月30日 (月)

100均は上級者向け?[No.2599]

(日付を調整しています)

昨日は、環境を整える為の環境創り

を書かせて頂きましたね。

物理的な環境を整えるだけでなく、

自分のモチベーションを高める環境創りも必要

極端な例えですが、清掃業者のコスプレ?(笑)

をすれば、掃除が捗る人もいるというコトです。

自分にあった方法を探してくださいね。



さて本日は、

僕が行った具体的なコトを書かせて頂きます。

まず最初に、いきなり完璧を求めないコトだと思います。

完璧を求める志を持ちながらも、半分くらいでも満足する

「私は完璧主義だから!」

そういって、お腹パンパンになるまでご飯を食べる人

肥満になったり、病気になるだけですよね。

半分でも満足出来る、

ゆとりを持っておくコトだと感じました。

そういう志の元、僕は以下のように行動しました。



ある程度、物を捨て、部屋が片付いたら、

きっと、収納家具が欲しくなると思います。

大型収納であれば家具屋さん

小物収納であれば100円ショップに向かうのが、

一般的かもしれませんが、僕はそれは行いませんでした。

その理由は、

「大きくて大容量な収納家具を買えば、それに見合った物が増える」

「100円だから……と使い勝手の悪い物、結局は使わない物を買いがち」

物が増える要素が含まれているからです。

ですので、僕がオススメしたい場所は、

ホームセンターです。

ジャンルに関係なく、ホームセンターを隅から隅まで

全商品見まくるのです。

「へぇ、こういう商品があるんだ。これは何かに代用出来そうだな」

そう感じるだけにして、何も買わずにお店を出ます。(笑)

自宅に戻り、部屋の物を見直すと、

「このモップはあのフックで押入れに収納するとスッキリする。この小物は押し入れ用の衣装ケースに収納すると取り出ししやすい」

など、収納に関する智慧が身についていると思います。

工作が好きな人で、理想サイズの家具がなければ、

自分で作ってみるのも手です。

(以前僕は、ローボード・テーブル・棚なども自作しました)



別に僕は、どこぞのホームセンターの

回し者ではありませんが(笑)

片付いている人も、片付いていない人も、

ホームセンターを探索して、

いろんな智慧を授かるコトをオススメします。

今日の心得
 100円だから!安いから!
 そういってゴミが増えていませんか。
 本当に必要で本当に便利な物とはなにか?
 ホームセンターへ探しに行ってみませんか?

100均は上級者向け?[No.2599]
 今日も最後までありがとうございます。

僕のもうひとつのブログ
「嬉しいコト@カラフル!」
http://ameblo.jp/moriyama-tomomi/
お暇な方は遊びに来てくださいね。(^^)

2014年6月29日 (日)

環境を整える環境創り[No.2598]

昨日は「○○を行わなければならない」と

自身への命令調から、

「○○を行いたい!」

そう思える環境創りを書かせて頂きましたね。

では、具体的にはどうすればよいのか?

僕が行った方法をお話しさせて頂きますね。



みなさんも、こんな経験があると思います。

部屋の隅に置いていたダンボール一箱

それが無くなっただけなのに、

随分とスッキリとした感覚

大きい邪魔物がなくなれば、気持ちがいいですよね。

それに気がついた僕は、大きな物を処分したり、

大きな物の移動を最初に行いました。

そのまま処分するのが勿体ないものは、

リサイクルショップなどに売りに行きました。

大きな変化を感じると、やり甲斐を感じますよね。

大きい物、中くらいの物、小さい物

順に、整えるようにしたのです。



簡単な、小さなコトからするのも手かもしれませんが、

変化が見えにくく、面白いと感じにくいと思います。

一生懸命にダイエットに励んでいるのに、

体重の変化が少なかったら、やる気を失いますよね。

ですので、最初は小さな労力

(ダンボール一箱、タンスやベッドをひとつだけ捨てる)

を行い、自己満足度とスッキリした快感を味わうのです。

すると脳は、どんどんスッキリ感を味わいたいと、

自然と、断捨離力も身についてくるのです。



最初は僕も、大きなベッドやタンスからでした。

その数年後には、

不要なペンや文具はひとつも入っていない

ペンスタンドを使う状態にまでなれたのです。

掃除・片付け・断捨離

一緒にされがちかもしれませんが、全く異なるものです。

僕がオススメする順番は、

断捨離:物を捨てる。
自分にとって何が大切で不要なのかを改める。

片付け:整頓させる。
所定の位置をつくり整えたり、使いやすいようにする。

掃除:磨く。
汚れを落としたり、生活の垢を落とす。



もういちど、最初からお伝えしますと、

大きな物を捨て、スッキリ感を味わい、

自分にやる気(環境)を与える

物を捨て、片付けやすい環境を整える

(物数が少なければ片づけも簡単ですよね)

片付けが整ったら、きっとそれに満足するハズです。

整頓された環境に満足すれば、

今度は掃除を行いたくなるんですよね。

そして、その掃除も終えたとき、

今度は、部屋のドレスアップをしたくなるでしょう。

お気に入りの色、お気に入りのデザインで整え

部屋が終えたのなら、

今度は自身のコトになっていると思います。

環境に左右されやすい人間

だったら! 前向きな人生を送れる環境を

作ればいいんじゃないかな。

今日の心得
 いきなり環境を整えようとするのではなく、
 環境を整えやすい環境創りから行うコトで、
 スムーズに行える

環境を整える環境創り[No.2598]
 今日も最後までありがとうございます。

僕のもうひとつのブログ
「嬉しいコト@カラフル!」
http://ameblo.jp/moriyama-tomomi/
お暇な方は遊びに来てくださいね。(^^)

2014年6月28日 (土)

なかなか行動出来ないとき[No.2597]

「仕事が思うように進まない。趣味をあまり楽しめていない。掃除や片付けが進まない。思うようにダイエットが出来ない。コミュニケーションがうまく出来ない」

過去に僕が経験させられたコトです。

以前の僕は、

「無理して仕事を進めよう! 楽しんでいるフリをしよう!」

自分で自分を押し付けていたのですが、

長続きはしませんでした。

抑えこもうとすればするほど、バネの力のように

反発する力が生まれてしまうんですね。

では、どうすればよいのか?

7年ほど考えて、最近出た僕の答えは、

「まず、行動しやすい環境を整える」でした。



例えば、部屋が散らかっていると人は、

「片付けなくては!」

と認識しますよね。

僕が思うに、それでは駄目だと思うのです。

なぜなら、「片付けなくては!」は、

自分への命令になっているからです。

試しに、自分に「今直ぐ片付けろ!」と

強く命令してみました。

すると「まだ片付けなくてもいい。生活に支障がない」

行動しなくてもいい、

言い訳を考えてしまうようなのです。

ですので、そんな自分の心理的なところから見直し

自分を変えるコトにしたのです。

「片付けなくてはならない部屋から、片付けやすい部屋へ」

「仕事しなければならないと苦に思う環境から、よし!仕事をするぞ!と行い易い環境へ」

ゴミの山の部屋、散らかり放題の部屋を見て

片付ける気にならないのは当然ですよね。

仕事も同じです。

仕事の山、スムーズに出来ない仕事は、

行いたいとは思いません。

単に労働するだけでなく、面倒くさいと感じた時点で、

気力を失うのだと感じました。

ゴミの山の部屋、仕事山積みの職場から

ゴミのない部屋、

仕事の状態が分かりやすく作業しやすい職場

ひとつゴミがあれば、気になって片付け、

ひとつ仕事が入れば、待ってました!と

言わんばかりに取り掛かるコトが出来ると思います。

「○○を行わなければならない」命令調から

「○○を行いたい!」と自身から思える

環境創りを大切にしています。

今日の心得
 命令すると反発する……なら、
 行動しやすくすればいいんじゃないかな。

なかなか行動出来ないとき[No.2597]
 今日も最後までありがとうございます。

僕のもうひとつのブログ
「嬉しいコト@カラフル!」
http://ameblo.jp/moriyama-tomomi/
お暇な方は遊びに来てくださいね。(^^)

2014年6月27日 (金)

本物はバカという[No.2596]

決して、オススメするものではありませんが、

ある方法にて、

バカな人かどうかを知る方法を知りました。

それは、15年ほど前

仲間と話していたときの出来事です。



大阪での「アホ」は

褒め言葉と認識されているようですね。

博多での「バカ」は

天才的や、拘りを持った者として使う場合もあります。



会話の流れで、相手が「だって俺はバカだから!」

そう言ったので、僕は答えました。

「そうやね。バカやね(笑)」

僕は、相手が言った冗談を、

そのまま返したつもりでいました。

すると、触れてはいけない部分だったのでしょうか?

相手は、すごく怒りだしたのです。

なので僕は、心でこう思っていました。

「自分で言い出しておいて、なんだろうね? この人は…」



しばらく、その人と付き合って分かったコトですが、

どうやらその人は、臨機応変な対応や、

柔軟な発想が出来ない人のようでした。

例えるなら、二度手間になるような判断をしたり、

文章(メール)を良く読まないなどです。

パソコンのコトで質問されたので、

僕はその人にメールを返信しました。

対応策を書いていたのに、

僕のメールをちゃんと読んでいないのです。

そして、慌てる始末

夜中に電話がかかってきて、

流石に僕も頭に来た覚えがあります。

「ちゃんとメールに書いていただろ! 読んだんかい!」

「ごめん…見落としてた…」



相手は、トラブルに直面した時点で冷静さを失い、

メールを読めなかったものだと思います。

それが生死にかかわるような重大な問題ならわかりますが、

パソコンゲームの質問で、しかも夜中の電話です。

僕が以前、その相手が自分のコトをバカと言ったので、

「そうやね。バカやね」と返したとき、

相手が怒りだした理由が分かりました。

相手は、自分のコトをバカだと認識していたのです。



人それぞれかもしれませんが、

僕は、バカと言われても怒ったりはしません

なぜなら、バカと一言に言われても抽象的すぎるからです。

「オタク」もそうですね。

バカやオタクと言われても、なんのコトだかわかりません

それなのに、怒り出す人は、

本当のバカでオタクなんだと感じます。

僕が思うに、世の中の人間全ては、

なにかのオタクであり、なにかのバカなのです。

「車オタク、料理オタク、釣りオタク、節約オタク」

知識が無いという意味での

「経済バカ、文系バカ、理系バカ、機械オンチ、歌オンチ」

沢山いるのです。

それなのに、抽象的な「バカ・オタク」で過剰反応する人は、

きっと、本当のバカなんだと思います。

今日の心得
 バカと言われたり、バカにされたとき
 過剰に反応するのではなく、
 「そうだよ!それで?」
 そう言える心のゆとりを持ちたいですね。

本物はバカという[No.2596]
 今日も最後までありがとうございます。

僕のもうひとつのブログ
「嬉しいコト@カラフル!」
http://ameblo.jp/moriyama-tomomi/
お暇な方は遊びに来てくださいね。(^^)

2014年6月26日 (木)

人生という大きな枠[No.2595]

(日付を調整しています)

最近僕は、細かいコトを気にしなくなりました。

例えば、見知らぬ店員さんの態度

細かい自分の失敗

「バスに乗り遅れた。忘れ物をした」や

僕の趣味でいえば、

「細かいパソコンのスペック云々」などです。

昔は拘っていたのに、なぜ現在は拘らなくなったのか?

それは、人生という大きな枠組で考えたとき、

その部分に拘っても、人生が変わらないから。

むしろ、場合によっては、

マイナスになると感じたからです。



見ず知らずの店員さんの態度に腹を立てても、

自分にとって、1円の得にもなりません。

自分の時間とエネルギー(人生)を無駄にします。

細かい自分の失敗

「今度から気をつけよう!」と反省はしますが、

いつまでも、クヨクヨ考えたとしても、

その失敗は無効にはなりません

クヨクヨする時間(人生)を無駄にします。

趣味レベルの細かいコト

自分の趣味であり、楽しむコト

拘るコトは良いと思います。

でも、必要以上にそこに時間とお金をかけても、

それ以上に自分の人生が変わるのでしょうか?

「楽しむのも自由! 拘るのも自由!」

もちろん、そう感じていますので、

自由にされて良いと感じています。

でも、最近僕は思うのです。

自分が趣味として楽しむ為(ひとときの満足の為)に

沢山の時間とお金やエネルギーを使うコトと、

長い自分の人生の為に、学んだり経験するコト

歳を重ねたとき、どちらを大切に感じるだろうかと



「若い内だからこそ、身体が動くウチに遊びまくれ!」

「若い内だからこそ、頭を使って学びまくれ!」

どちらも正解だと感じています。

僕が伝えたかったコトは、

「若い内だからこそ、細かいコト気にして時間を無駄にするな!」

クヨクヨ、メソメソ

細かいコトを気にするのも経験かもしれませんが、

ネガティブな経験値を上げても、仕方がないですよね。

今日の心得
 人生という大きな枠組で物事を考えると
 目の前の小さなコトは気にならなくなる
 もっと、大切なコトに時間を使ってください。

人生という大きな枠[No.2595]
 今日も最後までありがとうございます。

僕のもうひとつのブログ
「嬉しいコト@カラフル!」
http://ameblo.jp/moriyama-tomomi/
お暇な方は遊びに来てくださいね。(^^)

2014年6月25日 (水)

軟弱な軍人[No.2594]

(日付を調整しています)

ときどき、こういう言葉を発する人を目にします。

「自分ごときの人間が……自分なんて全然ムリムリ!」

一見、謙虚な人に思えますが、

僕はそうとは思えません

その理由は「自分ごとき」

自分を見下すコトによって、

「自分は才能がないから何もしなくていい!」

変な理由付けをして逃げ、

行わないコトを正当化しているように感じるからです。



もし!太平洋戦争時代に生まれていたらどうでしょう。

「自分ごときの人間は、直ぐに死ぬから足手まとい。だから戦争には行かない」

そんな理由が、日本軍隊に通じるでしょうか。

弱音を吐いても、戦争に出なければならなかったのです。

もし!あなたが戦場で戦うとき、

弱音を吐いて戦いますか?

それとも、絶対に勝つ!

強い意思を持って戦いますか?



僕は戦争の経験はありません

平和な状態の日本に生まれました。

人を殺しあう戦争の経験はありませんが、

人生という戦場で、自分と戦っています。

勝利する為に、何事も経験し、視野を広く持ち

どんな戦いにも挑める、勇気を身につけたいです。

今日の心得
 「自分ごとき」は逃げの言葉
 「自分だからこそ!」に変えたとき
 勇気が生まれるんじゃないかな。

軟弱な軍人[No.2594]
 今日も最後までありがとうございます。

僕のもうひとつのブログ
「嬉しいコト@カラフル!」
http://ameblo.jp/moriyama-tomomi/
お暇な方は遊びに来てくださいね。(^^)

2014年6月24日 (火)

想うと想われる[No.2593]

(日付を調整しています)

最近僕が、身を持って感じたコトです。

馬鹿という人は馬鹿であり

面倒だという人は面倒がられ

駄目だという人は駄目になり

無理だという人は無理になる。

これは、言霊の力

でも、直接口に出さなくても、思想は現実化します。



僕が気をつけているコトですが、

相手に馬鹿にされても、決して反発しないコト

僕が相手に馬鹿と言った時点で、

自分に跳ね返ってくる

言い換えると、相手の思うつぼになるんですよね。

相手に馬鹿というときのプロセスを、

よく考えれば分かると思います。

「あなたはなぜ、相手に馬鹿と言いたくなったのか?」

それは、相手に腹が立ったからですよね。

相手の言動が許せなかった、腹が立った

では、腹が立つとどうなるのか?

「あいつめ~ このヤロー!」

嫌な人のコトを考えなくてはなりません

エネルギーや時間を消費するだけでなく、

気分もよくありません。

気分が悪い状態で、仕事や趣味を楽しめるでしょうか?

気分が悪いからと、

大切な人に八つ当たりな態度を取ったり

そういうマイナスのオーラを出していると、

不思議と、言葉やメールに現れます。

相手に馬鹿にされたからと、腹を立てた時点で、

馬鹿になってしまうんですよね。

ですので僕は、そういう人達は無視するようにしています。

「私を怒らせれるものなら怒らせてみろ! お前さんなんかに振り回されるような暇はない!」



もちろん、大切な妹や友人には、怒るのではなく、

注意でもなく「それは止めたほうがいいと思う」

僕の意見として伝えています。

価値観や、理由は人それぞれですからね。

僕が意見として相手に伝えれば、

相手からも意見が返ってくるからです。

「これはこういう理由でこうしている…」

でも、「それは止めたほうがいい!」と強制すると

「いいや!これはこうなんだ!」と反論されるからです。

相手を思い通りに動かそうとすると、

こちらも相手から動かされようとするのです。

「人は鏡」

なんども書かせて頂いていますが、

相手にお願いするわけでも、強制するのでもなく、

自分が相手に求めたい結果を、

先に行うコトがポイントだと感じています。

感謝されたいのなら先に感謝する

譲ってほしいのなら先に譲る

そのとき「もし!譲ってもらえなかったらどうしよう?」

そんな損得や不安を考え始めた時点で、

相手も「なにか裏があるかもしれない…」

疑いの念を抱いてしまうのです。

裏がある人には、裏がある結果が返ってくるんですね。

裏表なくシンプルに生きるコトが、

自分にも素直になり、

道が拓けるのかもしれないですね。

今日の心得
 銃弾は、威力が強いほど壁をへこませます。
 相手に言う暴言は、結果的に自身をへこませます。
 その辺をよく考えて、行動したいですね。

想うと想われる[No.2593]
 今日も最後までありがとうございます。

僕のもうひとつのブログ
「嬉しいコト@カラフル!」
http://ameblo.jp/moriyama-tomomi/
お暇な方は遊びに来てくださいね。(^^)

2014年6月23日 (月)

負けるな人間![No.2592]

(日付を調整しています)

晩ご飯を食べながら、テレビを観ていました。

「弱肉強食世界の衝撃映像」

バッファローがライオンに襲われ、

絶体絶命のピンチになったとき!

突然、沢山のバッファローがライオンを囲みました。

二匹のライオンに対し、200頭のバッファロー

バッファローは群れを成して、

仲間を救う習性があるそうです。

それを見た僕は、なんだか情けなくなりました。

イジメられていても、放ったらかしの人間

困っている人がいても、見て見ぬふりの人間



動物だって一生懸命子育てをしているのに、

育児放棄する人間

人間は、もっとも知能が高い生き物と言われていますが、

もっとも、愚かな生き物にも見えたのです。

もちろん、人間全員が悪い訳ではないですが、

「もっとしっかりしてよ人間!!」

心のなかで、思わず叫んでしまいました。



自分のコトしか考えない人間

常に損得ばかりを考えて生きる人間

「どうせ私なんて誰にも相手にしてもらえない」

そういう人は、自分のコトしか考えていない人

相手もあなたのコトなんて考えてくれないのです。

「他人は鏡」

あなたは、どういう人に出逢いたいですか。

今日の心得
 人にしか出来ないコト
 人として生まれたからには、
 人間らしい振る舞いを大切にしたいです。

負けるな人間![No.2592]
 今日も最後までありがとうございます。

僕のもうひとつのブログ
「嬉しいコト@カラフル!」
http://ameblo.jp/moriyama-tomomi/
お暇な方は遊びに来てくださいね。(^^)

2014年6月22日 (日)

○○を言う人[No.2591]

(日付を調整しています)

僕の経験ですが、

人の意見や考えを聞く耳を持つ人は、

自分の意見や考えを相手に伝えます。

「あなたはこう考えているんだね。私はこう考えているんだよ」

お互いが考えている

メリットやデメリットを伝えるコトによって、

新たな物の見方や発想(視野)が広がるので、

どちらにもメリットがあると感じています。



でも、なかには独りよがりをする人もいます。

「そんなコトはないんだ!君の意見はおかしい!世の中は間違っている!」

不平不満・否定し続ける人

「それは実はね……」

「いいや!世間がおかしい!私は間違っていない!」

そういう人は、聞く耳を持ちません

そして、そういう方達には、共通点もあるようです。

プライド高く、いつも強がっているように感じます。

「私にはお金があるから! 名誉があるから!」

そういう人から、

お金や名誉を取ったらなにが残るのでしょう。

「私は偉いのだ! ははは!」

偉そうにしているのは、実は心の小さな人

心の小ささを、偉そうにして補っているように感じます。



不平不満・批判する人は、

人から、不平不満・否定される人になり

人を馬鹿にする人は、

人から馬鹿にされる運命に遭うのです。

このブログにも、何度も書かせて頂きましたが、

人は鏡なのです。

不満だらけを口にすれば、

不満だらけの人生になってしまいます。

本当は、幸せになりたいですよね?

では、どんな言葉を発すればよいかご存知ですね。

言霊の力はスゴイのです。

今日の心得
 ホームレスの周りにはホームレスが集まり
 セレブの周りにはセレブが集まります。
 不平不満を言う周りには、
 そういう仲間が集まります。
 感謝を言う周りには、
 感謝しあう仲間に恵まれるのです。
 人は鏡、人を変えたければ自分から

○○を言う人[No.2591]
 今日も最後までありがとうございます。

僕のもうひとつのブログ
「嬉しいコト@カラフル!」
http://ameblo.jp/moriyama-tomomi/
お暇な方は遊びに来てくださいね。(^^)

2014年6月21日 (土)

媚を売らない[No.2590]

小学生時代の僕は、引越し転校が多かったコトもあり

あまり友達はいませんでした。

中学生頃から、引越しもしなくなったので、

友達を増やす為にも、相手に意見を合わせていました。

でも、増やそうと思えば思う程

空振りだったように感じます。

「なぜだろう?」



相手に媚びを売る

その場、一時的には相手に好かれるかもしれない

でも、媚は長く続かないんですよね。

極端な例えですが、よく飲み屋さんなんかで、

一般サラリーマンのお客さん相手でも、

「よ!社長!一杯呑んで行きませんか?」

そう言って、客引きをするお店がありますよね。

「俺社長じゃないのに気分がいいな。よし!少し呑んでいこう!」

そういう、お店の作戦なんですよね。

でも、それ以上に会話をするのは難しいと思うんですよね。

誰がどう見ても、一般のサラリーマン

にしか見えない人に、社長と声をかけたとして、

「どうして俺社長に見えるの?」

突っ込んだ話しをしたら、店員はどう答えるのでしょう?

「貫禄が…ですね…」

「俺太ってる感じ? 偉そう? それとも馬鹿にしてる?」

もちろん、相手の捉え方次第ですが、

こういうケースになりかねないんですよね。

僕の経験では、

一時的に相手の気分をよくするコトは出来ても、

長く媚を売るのは難しいようです。



中学後半から僕は、媚を売らないようにしました。

無理に相手の機嫌をとらない

言い換えると、相手を干渉しすぎない

例えば、あなたがお友達の家に遊びに行ったとして、

必要以上にもてなされたらどうでしょう?

「お茶はいかがですか? ジュースはどうですか? お酒は? お食事は? おやつは? トイレは大丈夫ですか?」

あまり気を使われても、なんだか落ち着かず

「少しはほっといてくれ!」

言いたくなるかもしれませんよね。(笑)

相手から気を使われると、こちらも気を使うのです。

ある程度自由に、相手に選択してもらわないと、

押し付けになってしまいますよね。



冒頭の飲み屋さんの客引き例え

「よ!社長!一杯呑んで行きませんか?」

現在の僕なら、こういう言い方をしているかもしれません

「お客さん!今日も一日お疲れさまです!お疲れのようですね。どうです?一杯呑んでいきませんか?」

媚を売っているといえば、媚を売っているかもしれませんが、

相手の体調を想った、一言を添えれば、

媚ではなく、想いやりだと僕は思うのです。

仮に、上の例えを元に会話をするにしても、

「そうなんですよ。部長の方針に疲れてしまってですね」

きっと、そういう会話が出来るのかもしれません

お店の人に、勝手に社長と自分のコトを決めつけられては、

上のような会話をするのも困難ですよね。



僕は、無理に相手に合わせて、

媚を売ったりするのではなく、

素直に、相手を想いやる言葉をかけるコトによって、

信頼される人間関係になるんじゃないかな。

そう感じています。

今日の心得
 媚は売っても続かない
 きっと、期間限定商品(笑)
 どうせ言葉を発するなら
 相手を想いやる言葉をかけたい

媚を売らない[No.2590]
 今日も最後までありがとうございます。

僕のもうひとつのブログ
「嬉しいコト@カラフル!」
http://ameblo.jp/moriyama-tomomi/
お暇な方は遊びに来てくださいね。(^^)

2014年6月20日 (金)

独りはいやだから[No.2589]

(日付を調整しています)

僕が毎日ブログを書いている理由は沢山ありますが、

そのひとつに、独りになりたくない想いがあるからです。

小学生の頃の僕は、すっごく内気で人見知りをし、

自分の意見もハッキリと言えないような子でした。

仲間はずれにされたくないものですから、

相手に合わせてしまう…

「僕は何をどうしたいのだろう? 何を望んでいるのだろう?」

ときどき、自分を見失うコトもありました。



中学生になる頃には「このままではいけない!」

気持ちを切り替え、

自分の意見をハッキリいうようになりました。

「僕はこう思っている!」

僕の意見に反対する人もいたけれど、

賛成してくれる仲間もいたのです。

中学生くらいの年頃ですので、

最初は、自分の意見と合うもの同士と仲間になりました。

でも、専門学校や仕事をするに連れ、

違う意見を言う人も好んで接するようになりました。

その理由は、僕は宗教を作りたい訳ではないからです。

同じ意見も持つ者を集めたとしても、

それ以上発展しにくいコトに気がついたからです。

Aの意見の輪には、Bを敵対する目線で見る人もいます。

頑固Aに拘る人……

僕は、見るに堪えられなかったんですよね。

僕が求めていたものは、

「自分はAが良いと思っているけれど、B派のあなたは何故Bを良いと思っているの?」

Bの意見を聞き、Bの良さ、Aの悪さを知るコトにより

選択の幅や、話題を広げたかったからです。



僕がブログを書いている理由のひとつ

それは、僕が感じたコト、僕が思っているコト

僕の体験記を素直に書かせて頂きたいからです。

広告なスパムコメントも多いので、

本当はコメント不可にしたいところですが、

コメントを受け付けるようにしているのは、

みなさんから、意見を聞ける状態にしておきたいからです。

独りよがり、話すだけの一方通行では、

本当の仲間を持つコトは出来ないと感じています。

喧嘩や言い合いをするのではなく、

意見として、話し合うコトの出来る仲を大切にしたいです。

今日の心得
 独りよがりは、独りになる
 意見を言うだけでなく、聞く姿勢も大切にしたい

独りはいやだから[No.2589]
 今日も最後までありがとうございます。

僕のもうひとつのブログ
「嬉しいコト@カラフル!」
http://ameblo.jp/moriyama-tomomi/
お暇な方は遊びに来てくださいね。(^^)

2014年6月19日 (木)

恵まれて[No.2588]

数日前、母が買い物に連れて行ってというので、

家具屋、ホームセンター、スーパーへ行きました。

お互いケータイを持っているので、

別行動をしても、問題ない時代です。(笑)

僕は「さぁ!何を見ようかな~!」と

張り切るのですが、特に欲しいものはありません

ですので、何となく商品を見るという状態

特に気になる物もなく、直ぐに母と合流したとき、

ふと、若い世代の人達のコトを想いました。



最近の若い世代の人達のなかには、

「将来の夢がない」という人がいます。

恵まれて、何不自由しないものだから、

何を求め、何を目指したらいいのか

分からないのかもしれません

貧富の差が少ない日本ならではの、

幸せな問題なんですよね。

かといって「あれも欲しい!これも欲しい!」

「あれもしたい!これもしたい!」

貪欲になればいいというコトでもありませんよね。

「どうすればいいのだろう?」

僕が考えたとき、少しだけ見えたものがあります。

それは、目に見える物理的な

お金や物を求めるのではなく、

目に見えない大切なものを

求めるコトではないでしょうか。

ひとりで趣味に没頭するのもよいですが、

両親や友人との大切な時間

お金では買うコトが出来ない、時間や絆

物が溢れた現代だからこそ、目には見えないものを

大切にするチャンスが沢山あるのだと感じています。

今日の心得
 物に恵まれて満足するのではなく
 目に見えないものを大切にし、
 次なる目標へと目指していきたいです。

恵まれて[No.2588]
 今日も最後までありがとうございます。

僕のもうひとつのブログ
「嬉しいコト@カラフル!」
http://ameblo.jp/moriyama-tomomi/
お暇な方は遊びに来てくださいね。(^^)

2014年6月18日 (水)

10年先の山登り[No.2587]

(日付を調整しています)

数日前ふと

「10年後も今と変わらない生活だったら嫌だな」

そう思ったとき、逆に10年前の僕はどうだったか?

振り返ってみました。



10年前の僕は、多額の借金がありました。

狭いマンション住まいで、

物理的にも精神的にも、息が詰まる生活です。

当時僕は29歳

「そろそろ30歳にもなろうとする人が、このままではいけない!」

決意を新たにし、隠していた借金のコトを母に打ち明けました。

すると、借金を隠すコトで精一杯だった毎日が、

返済するコトに集中が出来ました。

高級車が数台買えるような金額です。

10年近く苦しんでいた借金は、

集中して仕事に没頭できたコトもあり

わずか3年ほどで全額完済いたしました。

その間、いろいろな出来事がありました。



住んでいたマンションが地盤沈下

ペットが飼える広いマンションに引越しし

広い部屋になったり、家具を新しくしたり。

趣味・思考が変わり、感謝するようになったり。

愛犬と出逢い、ブログを書くようになったり。

過払い金が戻ってきたり、

失明すると言われていた僕の眼が、

失明しない状態に回復していたり。

親友との仲を取り戻し、自分磨きを始めたり。

タバコを止め、激痩せ体重から健康的になったり。

換気から風水を始めるようになり、

好きな色を暗い黒から明るい白へ変えたり。

苦手だった手書きだけど、

あえて手書きで日記を書くようになったり。

断捨離に出逢い、不要なものを捨て始めると、

新築一軒家を譲り受ける幸運に出会ったり。

沢山の野良猫を保護し猫に恵まれ、

文章や心の学びを始めたり。



改めて自分の10年間を振り返ってみたとき、

「結構、いろんなコトがあったんだなぁ」と

しみじみと感じてしまいました。(笑)

10年前の僕と、現在の僕

捨てたもの、手に入れたもの

このブログを書き始める前にメモしてみたのですが、

10年先の今後を考えたとき、

僕に足りないもの(必要なもの)が少し見えてきました。



人生という山を登るとき、

手ぶらで登るコトはできません

ケガをしたとき、治療する為のアイテムも必要

喉が渇いたとき、水のある場所を知ったり

食べ物の調達や持参するコトも必要

疲れたとき、ときには休憩も必要で、

困った人がいれば、助けあうコトも必要

まだまだ僕自身、いろいろと勉強中ではありますが、

頂上を目指すためには、いろんな準備が必要で、

経験や仲間も必要であるコトを感じています。

山のふもとで遊ぶコトも大切ですが、

頂上の景色を見て、感じる為にも、

日々の備えが大切だと感じています。

10年先のあなたは、どこまで登っていますか。

そこは、どんな眺めですか。

今日の心得
 「予想外! 想定外!」
 そんなコトにならないよう
 日々の備えを怠らないようにしたいです。

10年先の山登り[No.2587]
 今日も最後までありがとうございます。

2014年6月17日 (火)

言霊はこだまする[No.2586]

(日付を調整しています)

このCMを覚えていますでしょうか。

「遊ぼう」っていうと
「遊ぼう」っていう。
「ばか」っていうと
「ばか」っていう。
こだまでしょうか、いいえ、誰でも。



ホント、素晴らしい言葉だと感じています。

自分が相手に言ったコトは、言霊となって、

自分に跳ね返ってくるんですよね。

最近、改めて僕が感じたコトですが、

仕事関係である人から、僕のコトを、

馬鹿だのアホだの言われていたのです。

でも、僕は一切言い返しませんでした。

僕が相手に言うコトによって、

僕自身に跳ね返ってくるからです。



数日後、相手はいろんな人達から批判され、

居る場所を失い、自ら去って行ったのです。

どちらが馬鹿だったかは、言うまでもありませんよね。

馬鹿と発するのは、自分が馬鹿だから。

自分の至らなさを、相手に押し付けたいのかもしれません

どうせ自分に言葉が返ってくるのなら、

自分にとって、プラスになる言葉を使いたいですね。

今日の心得
 暴言をが来たら、暴言で打ち返さない
 暴言が来たとき、僕は良い経験(勉強)をありがとう
 と心で唱えるようにしています。

言霊はこだまする[No.2586]
 今日も最後までありがとうございます。

2014年6月16日 (月)

10年後[No.2585]

(日付を調整しています)

このブログを書き始めるほんの少し前

ふと、あるコトを考えてしまいました。

「毎日寝る前に書いているこのブログ。10年後も同じこの部屋で、同じようにしていたらどうしよう?」



健康で、無事に暮らせるコトはありがたいコトです。

でも、10年後も現在と何も変わらない

何も成長していないのは問題ですよね。

普段通りの生活をしていれば、

普段通りの明日がやってきます。

普段通り一年を過ごせば、

また普段通りの翌年がやってきます。

「10年前の僕は、何をしていたのだろう?」

そう思ったとき、約10年前の僕は、

福岡県西方沖地震の被害に遭ったからこそ、

広い家に引越しし、

愛犬や愛猫と暮らすようになったんですよね。

もし、地震被害はなく、あのまま暮らしていたら、

今の生活を手にするコトは、

出来なかったかもしれないのです。

「ピンチはチャンス」ってやつですね。



今生活している日常を、

早送りして10年先を見たとき(想像したとき)

あなたの生活は変化しいているでしょうか?

僕自身、少し疑問に感じています。

「なにか、今までとは違う特別なコトをしないかぎり、未来は変わらないのではないだろうか?」



10年後の未来の自分は、どうあってほしいのか?

どういう環境に身を置きたいのか?

逆算して、スケジュールを組めばよいのでしょうか?

僕自身、まだ良くわかっていません。

でも、ひとつだけ分かっているコトがあります。

それは、自分の気持ちに

素直に生きるコトではないでしょうか。

今日の心得
 理想の10年後を手に入れる為にも、
 自分の気持ちに素直に生きる

10年後[No.2585]
 今日も最後までありがとうございます。

2014年6月15日 (日)

努力する楽しさ[No.2584]

(日付を調整しています)

長年ホームページやブログをしていると、

突然、変なコメントやメールがやってくるコトもあります。

「初めまして、私は○○のブログを書いている○○です。遊びに来てください。[ブログのアドレス]」

その内容の殆どは、

「楽して儲かる! 楽して痩せる!」ブログなのです。

個人の普通のブログならまだ良いのですが、

その方法を知る為に「教材費○○円振り込め」



よく考えれば分かるコトですが、

「楽して儲かっている人」が、

見ず知らずの個人の僕のブログに、

ブログのアドレスをコメントに書くというコトは、

儲かっていないから、そういうコトをしているんですよね。

楽して儲かっている成功者がするコトではありません

よって、これは嘘と直ぐに分かっちゃいますよね。(笑)



「楽して痩せる為の教材代」もそうです。

本当に楽してやせる方法があるのなら、

個人のブログで商売するのではなく、

健康医療機関の人達に引っ張りだこで大忙しです。

そんな、体に関するプロ(多忙の人)が、

一個人の僕のブログに、

コメントを残すのはおかしいのです。(笑)



世間のみなさん達は、

そんなに、楽してあるものを手に入れたいのでしょうか?

例えば、簡単に手に入る100円ショップの品物

簡単に手に入るだけに、簡単に失っていませんか?

「これは失敗な買い物だった。100円だからいいやとゴミ箱へ」

簡単に手に入るものは、簡単に失うのです。

楽して手に入れたものも同じです。

簡単に痩せ、簡単に稼げるのなら、

簡単に太り、簡単に借金を作るのです。

宝くじに当選し、簡単に巨額を得た人達は、

金銭感覚も簡単に考えるようになり、

借金を作ったりするようですね。

自分の器(考え方)の大きさに対して、

入ってきたお金が大きすぎたのです。



僕は、楽して手にできるコトに興味はありません

簡単にクリア出来るゲームも面白くありません

簡単にお金が手に入るのも嬉しくありません

簡単に痩せれたとしても楽しくありません

簡単に結婚出来ても幸せではありません

「よし!今日はここまで出来たぞ!」

そういう達成感を味わい、大変さもわかるからこそ、

無駄遣いしなかったり、やけ食いしなかったり、

相手を大切にするのではないでしょうか。

僕からいわせると、楽して○○出来るは、

「その楽しみを奪わないでください!」と言いたいです。

ヘリコプターで、

イキナリ山の頂上に連れて行かれ景色を見るのと、

自分の足で、一歩一歩山を登りながら、

「どんな景色なんだろう?」

ワクワクするのが楽しいのです。

今日の心得
 「楽して○○出来る」は、
 自分を駄目する。

努力する楽しさ[No.2584]
 今日も最後までありがとうございます。

2014年6月14日 (土)

絆[No.2583]

(日付を調整しています)

最近、ネット仲間で感じたコトです。

付き合った時間、絆、信頼関係

リアルな世界ならまだしも、

ネットの世界では、より目に見えないものです。

でも最近、目には見えないけれど、

少しづつ、そのあたたかさを感じるようになりました。



相手とネットで話しをしているとき

なぜか感じてしまうのです。

僕は譲ってもらっているなぁ

合わせてもらっているなぁ

楽しもうと思っている方だなぁとか

そういう想いやりを感じるのです。

反対に、想いやりのない人は一歩も譲りません



リアルの世界、ネットの世界でも、

話した量(付き合った時間) = 絆

と思われがちかもしれませんが、

長年険悪な夫婦すらいるコトを考えると

絆は、付き合った時間の問題ではないようですね。

相手のコトを真剣に想い、譲りあうコトによって、

絆は深まっていくのだと、僕は感じました。

今日の心得
 付き合いが長い短いに関係なく
 譲りあう心のゆとりを持ちたいですね。

絆[No.2583]
 今日も最後までありがとうございます。

2014年6月13日 (金)

自分の分身はいらない[No.2582]

ツイッター、フェイスブック、LINEなど

簡単に人と触れ合う機会が増えましたよね。

気軽に仲間を増やせる一方で、

「この人は嫌い」と、相手をブロックしたり

する人もいるようです。



知り合った最初は、

「あっ!私と同じ共通点をもっている!」

簡単な理由で、仲間になったのだと思います。

でも次第に「この人は、この考えが私とは違う」

そういって、相手をブロックしたりするようですね。

いくらどんなに、

自分と価値観が似ている人が現れたとしても、

全部が全部、あなたと同じではありません

自分の価値観の値を1000として、

999一緒でも、最後のひとつで相手を避ける人

自分の分身が欲しいのでしょうか?

自分なら、既に今ここに生きています。



自分で自分の価値観を認め

自分で自分の駄目なところも認め

そんな自分でも、自分を許し認める

調子がよい自分も、悪い自分も素直に自分だと認める

すると次第に、自分は完璧ではないコトに気が付きます。

「自分に足りないものを学びたい!」

そう感じたとき、

他人の価値観の大切さを知るコトになると思います。

自分と違う意見を聞けるから、為になり参考になり

その後の智慧や経験になるのだと感じています。

簡単に仲間を増やしたり、減らしたり出来る世の中ですが、

同じ価値観同士で集まるのも大切ですが、

ときには、まったく違う価値観や

人生経験を持った人と接するコトで、

自身の成長を加速させてくれるように僕は感じました。

いろんな人、いろんな意見

僕は大切にしています。

今日の心得
 価値観が違うからこそ
 人付き合いはおもしろい

自分の分身はいらない[No.2582]
 今日も最後までありがとうございます。

2014年6月12日 (木)

想いやりのキャッチボール[No.2581]

(日付を調整しています)

僕が最初に人間関係を整理し始めたのは、

今から10年ほど前になります。

当時僕は、1998年~2003年ごろ辺りまで、

ネットにて、あるファンサイトを運営しておりました。

僕が覚えている限り、仲間は300人超

福岡・大阪・名古屋・東京で

オフ会も主催しておりましたので、

参加して下さった方や、僕が参加したオフ会を含めると

少なくても100人以上の方には、直接お逢いしました。

人数が多いゆえに、直接お話しできたのは、

そのうち60~70人くらいだったと覚えています。



当時から僕は、信頼出来る親友が三人いました。

信頼し合える親友がいるのに、なかなか逢えません

「なぜだろう?」

そう思ったとき、直ぐに原因はわかりました。

それは、知り合いや顔見知り程度の人達に逢い

時間を使っていたからです。

僕はもともと、友達が多い方ではありませんでしたので、

「よし!ないものは作ろう!」

パソコン通信時代から、

積極的にオフ会に出席したりしていたのですが、

どうやら、増やしすぎてしまったようです。

それに気がついた僕は、積極的には増やさないようにしました。

「どうでもよい人達に逢う為に、大切な人と逢う時間を削りたくない!」



自然と離れていってくれた方は、

去る者追わずで、特に好きな訳でも嫌いな訳でもなく

ひとつの記憶として、今でも大切にしています。

好きな人に関しては、そのまま交友を続けるだけです。

でも問題は、嫌いな人です。

僕は仕事柄、あまり人見知りをしなくなったので、

見た目や雰囲気、言葉遣いで人を嫌いになるコトは

殆どありません。

「では、僕にとって嫌いな人の基準は?」

10年前の僕は、直ぐに答えは出てきませんでした。

でも、ある顔見知りの方をきっかけに、

「この人とは関わりたくない」という基準を知りました。

それは「人の話しを聞かない人」です。



彼は僕に、相談があると話しをするコトになりました。

話しを真剣に聞いて、僕の素直な意見を伝えました。

すると相手は、僕の話しを聞く耳がまったく無かったのです。

僕は心のなかで、

「あなたは何をしに僕に相談にきたのですか? 自分の意見を自慢しにきたのですか?」

そう感じていました。

要するに、自分の言いたいコトだけを言って、

人の話しを聞かない、想いやりの無い人なんですね。

似た僕の経験では、

相手が自分の言いたいコトだけを言って

「この話しはもう止めよう!」

勝手に話しを終了する人

きっと、自分にとって都合の悪い意見を聞きたくないのでしょう。

そして、聞く度胸もないのだと感じます。

もしそれで、言い争いになって喧嘩になったとしても、

僕は、それで喧嘩をする相手なら、

それまでの関係であり、そういう器の人間であり、

付き合うまでの価値が無かった人だと、割り切っています。

些細なコトにイライラして怒ったり

自分の意見を押し付けて、

相手を思うように動かそうとしたり

きっと、器が小さいのですよね。



会話するなかで「私はこう思う」

それに対して「いや、これはこうだ!」

自分の価値観を強制する人がいます。

「あなたは経験したのですか? 言葉や文章をよく見聞きしましたか?」

と問いたいです。

「彼はこう思っている」意見に対して、

「あなたの思っている」意見ですよね?

あるラーメン店を、

「美味しく思う」か「まずく思うか」は個人の自由

強制される理由はないのです。

「いや、これは美味しいんだ!」

あなたが強制されたとき、気分はいいでしょうか?



会話は言葉のキャッチボール

その本質は、想いやりのキャッチボールだと感じるのです。

一方が言いたいコトや想いをぶつけるのではなく、

相手が返してくれるからこそ、面白みがあるのです。

相手に言葉を投げるだけ投げて、

「この話しは終わりにしよう」では、

相手からのボールは、受け取らないコトになります。

きっと、受け取れる技術が身についていないのかもしれません

自分はAの意見、相手はBの意見

頑として自分のAを通そうとする人

そういう想いやりのない人は、仲間も少ないと思います。

もし仮に、パートナーに出逢い

結婚するコトになったとしても、

長く続かないコトは目に見えていますよね。



「私は相手よりも年上だから偉い! だから年下のお前は私の言うコトを聞くべきだ!」

それが通用するのは、中学生までだと思います。

市立・公立など、差はありますが、中学までは義務教育

時代の変化もありますが、基本的には、

同じコトを学んでいるハズです。

でも、高校からは違います。

義務で学校から学ばされるのではなく、

自分で進むべき道を選び、大人への階段を登り始めるのです。

僕は、年下・年上あまり関係ないと感じています。

年下でも、ブログや本などで学ぶべき人は沢山います。

年上でも、失敗だらけの駄目は人も沢山います。

「実力化・努力家の若手ベンチャー企業の社長さん」

「ギャンブルにハマり借金を背負い、路頭に迷った結果、ホームレスになってしまった年配の方」

「家にこもりがちで人生経験が少なく、歳だけ取ってしまった年配の方」

失敗している年上の方もいれば、

成功している年下もいるのです。

ですので僕は、年齢ではなく、

その人そのもの素晴らしさを、先輩だと尊敬しています。



すみません、なんだか長くなってしまいましたね。

僕がいちばんお伝えしたかったコトは、

年上、年下関係なく、相手の学ぶべきところ

相手の認めるべきとことは素直に認め

自分の言いたいコトだけを言うのではなく、

相手を想いやる気持ちを大切にしたいコトです。

自分の器、相手の器を大きくする為にも、

沢山話し、相手とキャッチボールしあうコトによって、

大きく、割れにくく、強い器になっていくんじゃないかな。

今日の心得
 自分の気持ちだけを考えるのではなく、
 相手の気持ちもしっかりと
 考えられるゆとり(器)をもつ

想いやりのキャッチボール[No.2581]
 今日も最後までありがとうございます。

2014年6月11日 (水)

昔の貧乏と現代の貧乏[No.2580]

(日付を調整しています)

数日前テレビにて「ビンボーさんのお家拝見!」

的な番組を偶然目にしたとき、

僕は、ある違いに気が付きました。



僕が小学三年生の頃、父と母は離婚し、

僕は母の元で新たな生活をするコトにしました。

持って出かけたのは、

着替えと、僕のファミコンくらいです。

母との新たな住まいは、ボロいアパートで、

テレビも無ければ、冷蔵庫も無い

洗濯機も無ければ、冷房に暖房も

ガスコンロさえも無い状態です。

母種家庭として、生活が始まりました。

最初は本当に貧乏で、カセットコンロでラーメンを作り

安いもやしでカサ増ししてから、一袋のラーメンを

母と半分ずつして食べていた状態です。

今から30年程前のコトですが、

貧乏だったウチは、本当になにもありませんでした。



最近テレビで観たビンボーさん宅

僕から見ると、全然貧乏ではありません

確かに、狭い部屋に住んではいますが、

ケータイ、テレビ、ビデオ、ゲーム機、エアコン

冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ、バイクや車など

必要なものは全部揃っているのです。

唯一「決定的に違うな!」と感じた点は、

部屋の汚さです。



昔の貧乏さんは、本当に物がありませんでした。

覚えている方もいらっしゃるかもしれませんが、

昔はある一定以上のお金持ちを

「3C」と呼んでいました。

カラーテレビ、クーラー、カー(車)

すべての頭文字がCなので、3Cと呼んでいた時代です。

これらを持っている人はお金持ち!

昔の貧乏さんは、それだけ物がなかったのです。



僕が最近感じたコトですが、

昔の貧乏 = 物を持っていない
昔のお金持ち = 沢山物を持っている

現代の貧乏 = 物を持ちすぎている
現代のお金持ち = 物を沢山持っていない

だと感じたのです。

現在は物が安く、場合によってはタダ同然の値段で、

家財道具一式揃えるコトだって可能な時代です。

特に日本は、物に恵まれた国なんですよね。

貧乏性故に、「捨てるのが勿体ない!」

と溜め込んでしまい、快適な生活も出来ず、

ストレスが溜まったり、病気がちになってしまうのです。

極貧でも、特別生活に困らないものですから、

向上心も芽生えないと思うのです。

ふと思ったコトですが、貧乏な人ほど、

変なところに拘りがあるような気がします。

例えば、「電子レンジはこれじゃなきゃ駄目! 洗濯機はこれじゃなきゃ駄目!」

高い家電を買えば、美味しく調理出来、

キレイに洗濯出来ると思っているようです。

本当にそうでしょうか?



現代の裕福な家庭は、

無駄なものをあまり持っていないようですね。

高価な高級車は必要なく、タクシーで十分です。
(出先で駐車場に困らなくて済みます)

高価な洗濯機を買わなくても、大切な衣類はクリーニングに出します。
(プロの技でアイロンもパリっと決まります)

高価な電子レンジや鮮度を保つ高性能な冷蔵庫がなくても、コンビニや出前でも、お手軽に美味しい料理が食べられます。
(作る手間も省けます)

便利な現代は、不便だった昔のように、

そんなに物が必要とは思えないのです。

いちばん良い例えは、スマホではないでしょうか?

スマホさえあれば、

「電話・パソコン・カメラ・音楽プレイヤ・時計・電卓・メモ帳・電話帳・辞書・地図・ナビ・ライト・ゲーム機」

まだまだ沢山あると思いますが、

随分と物を減らすコトが出来ます。

僕が思うに、本当に幸せになる為には、

物を減らし、スッキリとさせるコトだと実感しています。

ですので、断捨離を続け、物を減らしているのです。



「目に見える物」を勿体ないというと

「目に見えない物」を失います。

使わない物が沢山入ったダンボール箱

快適な空間や、スッキリした気持ちが失われるのです。

使わない物を「勿体ない」と取っておくコトと、

「快適に感じたい!スッキリしたい!」

そんな気持ちを手放すコト

どちらが人生として勿体ないでしょう。

僕個人としての分析ですが、

現代の幸せな家庭は、

沢山の物に囲まれて、息苦しい住まいを強いられるのではなく

「無駄な物が少なく、スッキリとキレイな生活を保っている家庭」

だと感じています。

今日の心得
 物が多い = お金持ちや裕福ではない
 スッキリとさせ、心の裕福な人になりたい

昔の貧乏と現代の貧乏[No.2580]
 今日も最後までありがとうございます。

2014年6月10日 (火)

それで日本は変われる?[No.2579]

(日付を調整しています)

僕が偉そうなコトを言えた口でありませんが、

漫才かと、思わず吹き出してしまいました。

昨日、車で移動中のラジオで

「参院決算委員会」を聴いていたときのコトです。

以前から、安部総理に感じていたコトですが、

とにかく一文が長いのですよね。

極端に例えてみますと、

「現在は水不足により野菜が高騰していますが、手頃なコンビニやスーパーでも野菜は売っていますが、そのコンビニやスーパーが経営困難で次々と合併していまして、野菜が全く買えない心配はないと思われますが、水不足は深刻であり、野菜が少ないのは事実でありまして、現在検討中であります」

問題は野菜なのか? 水不足なのか?

コンビニやスーパーの経営難なのか?

そしてどうしたいのか?

これでは、何を伝えたいのか分かりませんよね。

きっと、言っている本人も

何を喋っているのか、分かっていないと思います。

もちろん、総理という立場上

ハッキリと言えない部分があるとは思います。

でも、自分で発言したコトに対して、

「○○ですが、△△ですが、□□ですが」

と何度も否定していては、

何を考えているのかも分かりませんし、

何の説得力もありませんよね。

「思われます」

思っているだけなのですか?

最後の「検討中」も、なにをどう検討中なのか?

不透明過ぎて、熱意も誠意も伝わってこないのです。

これでは、安心も信用も得られないですよね。

一般の方ならまだしも、

現在の日本の総理というのですから、

残念で仕方がありませんよね。

こういう方の身の回りに、素晴らしい仲間や、

支持してくれる人が集まり、

日本を変えられるとは思えないのです。



その点、麻生元総理の時は分かりやすかったです。

漢字を知らないなど、

メディアにバカにされた報道もありましたが、

やる気や意気込み、

そして何より、熱意は伝わってきました。

麻生元総理は、言葉で心を動かせる人

だったと、僕は感じています。



少し話しはそれますが、

ボランティア活動の人達は、

お金で動く人ではありません

現実問題や言葉に心を打たれ、

心で動いているのです。

ボランティア活動の人達の見返りは、

お金ではなく、人の役に立つコトや、

ボランティア団体が大きくなるコトに喜びを感じています。

一方、お金で動く人達はどうでしょう?

お金で一時的に人は動いても、

お金で心までは動かないのです。

組織が大きくなるコトや、

人の役に立つコトに喜びを感じるのではなく、

自身の報酬を得るコトに喜びを感じるのです。

それでは、組織が大きくなるどころか、

人の役にも立ちませんよね。

まさに、金の切れ目が縁の切れ目

になるのではないでしょうか。



もし!僕が総理だとしたら、どう伝えているのか?

僕の意見として、少し考えてみました。(笑)

みなさんは、どのように伝えますか?

(架空の問題です)

現在、水不足が深刻化しており野菜が高騰しております。
野菜を手にできるコンビニやスーパー。
経営困難で合併が相次ぎますが、
突然身の回りから消える心配はございません
しかし、野菜が高騰しているのは現実問題であります。
海外がら輸入に頼るのか、人口栽培を増やして
野菜を国民に提供しやすくするのか、
現在検討中であります。

今日の心得
 お金で一時的に人を動かす人ではなく
 言動や文章で末永く心を動かせる人でありたい

それで日本は変われる?[No.2579]
 今日も最後までありがとうございます。

2014年6月 9日 (月)

気にしない[No.2578]

(日付を調整しています)

会社でのトラブルや人間関係

細かいコトに、いつまでも気にする人がいますよね。

気にして考えて、よい案を練ったり

答えが見つかるのなら、気にして考えるべきだと思います。

でも、答えが見つからないのであれば、

僕は、それ以上考えないようにしています。

考えても出てこないものは、いくら考えても出てきません

僕の場合、考えても駄目な場合は、

何も考えずにいると、

ある日ふと、出てくる場合もあるからです。



僕の経験ですが、気にしているコト(心の傷)は、

時間とともに広がるようです。

「あのとき私は言いすぎたかな。謝っておくべきだったかな」

「あのときの相手の態度は許せない!」

気にするから気になり、

気になるから心配したり、腹を立てるのです。

自分が謝って済むコトなら、早めに相手に謝り

相手の態度が気に入らなかったときは、

早めに忘れるコトです。

1だった怒りは、時とともにどんどん広がり

20にも30にもなって、憎しみや妬みにもなるのです。

そうなる前に、忘れてしまいましょう。



あなたが最も嫌いな人

その嫌いな人の為に、嫌な気分になり、

時間やエネルギーを使うのは、人生を無駄にするだけです。

最も大切な人の為に時間やエネルギーを使い

人生を楽しく過ごしたいですね。

今日の心得
 細かいコトを気にしない
 自分が動いて解決するコトなら早めに解決し
 そうではない場合は、気にしすぎない

気にしない[No.2578]
 今日も最後までありがとうございます。

2014年6月 8日 (日)

習慣と順番[No.2577]

数日前、習慣を身につけやすくする為に、

ある行動とセットで行うコトを書かせて頂きましたね。

僕は、目覚めると同時に、部屋換気と掃除をし、

顔を洗った後で、朝食を摂るなど

朝食を得る為の前行動として、

身に付けている習慣(約束事)があるのです。



本日、もうひとつ気がついたコトがあります。

「寝る為には、歯を磨く習慣」

約束事でもありますが、順番でもありますよね。

当然ですが、寝ながら歯を磨くコトは出来ません

僕は、自然と身についてしまったようですが、

ある順番を守っているようです。

寝室で目が覚め、部屋を換気し、掃除をする

寝室を出て、トイレに行くと同時に、

1階の洗面所で顔を洗い、コーヒーを入れたり

朝食を摂って、再び寝室で朝のパソコンチェックをする

意識したつもりは全然無かったのですが、

「寝室で目覚めベッドメイキング → 部屋換気 → 掃除 → 2階寝室を出る → 2階トイレ → 1階洗面所 → 1階キッチン → コーヒーや朝食 → 2階寝室でパソコンチェック → 出かける」

一連の流れになったいたのです。

習慣として身に付けるには、

ある行動とセットで行うコトも有効ですが、

一連の動作のなかで、流れるように行うと

スムーズに行い易いのかもしれないですね。

今日の心得
 習慣として身に付ける為に、
 流れるようなスムーズな順番も身につける

習慣と順番[No.2577]
 今日も最後までありがとうございます。

2014年6月 7日 (土)

自分を認めて[No.2576]

(日付を調整しています)

世の中には、自分を認めていない人がいます。

「どうせ自分は取り柄も無いし。ブサイクだし。デブだし。ガリガリだし。貧乏だし」

自分の気に入らない点、認めたくない点

いくらどんなに気に入らなくても、

自分というパートナーである以上は、

一生つきまといます。



もちろん、僕にもコンプレックスはあります。

でも、人生という旅を、

一生共にする大切なパートナーでもあるんですよね。

その大切な自分というパートナーを、認めないのですか?

認めないパートナー、認めないナビゲーターでは、

良い未来に進めるコトは出来ません

ですので僕は、自分がどうであれ、

自分をすべて認めるコトにしています。

自身への過信や過剰評価ではなく、

信頼出来る友として、自分を認めています。

「最近太ったね」

「そうだね」

「運動しようか」

「よし!そうしよう!」

僕はときどき、自分と会話します。



例え話ですが、あなたが芸能界を目指しているとします。

「でも私はブスでデブで取り柄がなく……」

そういって諦める人と、

自分がどうであれ、自分を認めて努力をする人

芸能界の人達は、みんながみんな美男美女ですか?

「この体格ではスポーツ選手にはなれない?」

関取は痩せていますか?

僕が思うに、世間の大きさからみると、

自分の悩みなんて、実に小さいコトがよくわかります。

両眼・両耳を失って、何も聴こえず、見えない人もいます。

両手・両足を失って、自由に動けない人だっています。

そういう方達のコトを想うと、

「どうせ自分なんて」

そういう言葉を発するコトは、僕には出来ません



実は、僕は脊髄や首のヘルニア障害で、

左半身が常時痺れている状態なのですが、

時々全身麻痺して動けなくなる以外は、

問題なく生活させて頂いています。

どうやら神様は、僕に生きなさい!

と、生かしてくださっているのです。

その大切な自分、見守られている自分に、

「どうせ」なんて言葉を使うのは、

神様に申し訳なくて出来ないですね。

この恵まれた環境を、

どう上手に使って生きるべきか?

どうすればご恩返し出来るのか?

今、いろいろと考えている次第です。

今日の心得
 「どうせ自分なんて!」と思うのか、
 「よし!自分だからこそ!」と思うかで、
 未来は随分と違ってくるハズです。

自分を認めて[No.2576]
 今日も最後までありがとうございます。

2014年6月 6日 (金)

身勝手は得をしない[No.2575]

(日付を調整しています)

僕自身や、僕の身の回りを見て感じたコトです。

「自分が得をしよう!」

見返りを求めて行動した人達は、

殆どの方が、損をしているように感じました。

「あの人は偉い人だからゴマをすっておこう!」

でも、偉い人の殆どは、

賢いから偉くなったんですよね。

当然、ゴマをすっているコトなんてお見通しです。

見返りを求めているコトも、分かっているのです。



僕が思うに、見返りを求めて行動するのは、

極端な例かもしれませんが、

馬券を買って、一発当てようとしているように思えます。

馬券を買う為には、お金や時間が必要です。

お金も時間も使い果たし、

見返りが無かったら、気力を失い、元気も失います。

僕はギャンブルはしないので、

詳しくは分かりませんが、

もし、競馬のプロとして食っていくのなら、

それなりの情報採取や、研究も必要になるのでしょう。

結局は、努力は必要になるんですよね。



趣味として、遊びとして、

適度にお金を使うギャンブルは、

別に良いと思っています。

ゲームセンターで遊ぶも、ボウリングするにも、

カラオケで歌うにも、お酒を呑むにも、

同じくお金を使うからです。



これは、僕の経験ですが、

「楽しむ為のお金」は後で返ってきます。

出来ればひとりではなく、

家族や友人と楽しむお金です。

良い思い出や、経験を与えてくれます。

でも「儲けようとするお金」は返ってこないようです。

特に、儲けたお金を独り占めしようとする人は、

借金を抱え、大変な目に遭った人達を沢山見てきました。

なかには、成功して儲かっている人も知っています。

でも、そういう人達は「自分の為」だけではなく、

「このお金を元手に会社を大きくして従業員を安心させる!」

など、自分以外の人達のコトを考えた場合、

神様は、許可をだしてくれるようですね。

神様だって、ひとりの為だけに100の力を与えるよりも、

何人もの人に役立って貰える人を、

サポートしたいハズです。



「人は鏡」という言葉がありますが、

自分の利益の為に行動をする人は、

相手から利益を得る為にコキ使われ

神様からも見放されるのだと感じました。

今日の心得
 人や神様にゴマをする暇があるのなら、
 本当に人の為に役立つ行動をしたいですね。

身勝手は得をしない[No.2575]
 今日も最後までありがとうございます。

2014年6月 5日 (木)

習慣[No.2574]

昨晩は、行動継続のコトを書かせて頂きましたね。

継続するのは、

難しいと思われているかもしれませんが、

実は、そんなに難しくないようです。

「朝起きたら顔を洗う、夜寝る前に歯を磨く」

殆どの方は、毎日継続されているコトですよね。

なぜ、これらは毎日行えるのか?

それは、習慣になっているからです。



「習慣ってなんだろう?」

考えたとき、僕は約束事だと感じました。

例えば、朝顔を洗った後で、朝食を摂る

寝る前には、歯を磨く

ある意味、儀式になっていますよね。

言い換えると、寝るコトと歯を磨くコトはセットなのです。

僕は毎日、ふたつのブログを書いていますが、

晩ご飯を食べる前に、ひとつ目のブログを書いて、

晩御飯後に、ふたつ目のブログを書くようにしています。

僕の場合、晩ご飯とブログはセットなんですね。(笑)



他にも、いろんな方法があると思いますが、

忘れずに、習慣を身につける為にも、

ある行動とセットで行うと、習慣にしやすいようです。

今日の心得
 継続する為の努力も
 習慣にすれば怖くない!

習慣[No.2574]
 今日も最後までありがとうございます。

2014年6月 4日 (水)

成功とは[No.2573]

人はみな、何かしら成功を願っていますよね。

仕事での成功、名誉としての成功

なぜ、成功を求めるのか?

それは、幸せになりたいからですよね。

「成功 = 幸せ」絶対的に

式にならない場合もありますけどね。

そこもまた、

人生のおもしろいところだと感じています。



「そもそも、成功とはなんだろう?」

根本的なものを考え始めたとき、

継続だと感じました。

名医、名俳優、名画家、名音楽家、名作家

オリンピックに出場するような、プロスポーツ選手

みなさん、いきなり有名になった訳ではありませんよね。

来る日も来る日も、毎日練習や特訓を積み重ねて、

その道のプロになられた方です。

そう考えていると「継続 = 成功」だと感じました。

でも、まだなにか足りない気がします。

継続していても、失敗はつきものです。

失敗して、そこで諦めては継続は出来ません

「継続 + 努力 = 成功」だと感じました。

でも、まだまだ違和感を感じます。

無駄な継続や無駄な努力では、成功出来ません

そしてときに、爆発的な行動力も必要だと感じます。

「行動継続 + 努力 = 経験 + 学び = 成功」



これは、僕が現在感じている式です。

正しくないかもしれませんし、

そもそも、式なんてないのかもしれません

でも、ひとつだけハッキリとお伝え出来るコトは、

継続するコトは、大切だというコトです。

今日の心得
 どんなコトでも、毎日行えば
 年365日、10年で3650日の経験者です。
 挫折のプロになるのではなく、
 諦めの悪いプロ(継続のプロ)になりたいですね。

成功とは[No.2573]
 今日も最後までありがとうございます。

2014年6月 3日 (火)

はみ出し厳禁![No.2572]

僕は、片付ける方法を考えるだけでなく、

「なぜ、散らかってしまうのか?」

その心理や、原因も研究しています。



物がついつい増えてしまうのは、

下手に収納スペースがあると、

入れたくなるんですよね。

例えば、二段式の筆箱に、

シャーペンと消しゴム一個では物足りなく感じ

マーカーやら定規やらコンパスやら、臭い玉やら

ありとあらゆる物を、昔入れていました。(笑)

「収納出来る = 買っても大丈夫」だったのです。

でも、現在の僕の部屋は、収納は最低限です。

「下手に買うと収納出来ない」ようにしています。



でも、少し罠もあるようです。

つい、うっかり買ってしまうコトもあるんですよね。(笑)

タンスに収納しきれないから、はみ出してしまいます。

スッキリしていたタンスの周りが、

はみ出した荷物に覆われ始めると、

まるで、刺身のツマのように、違和感を感じなくなります。

これも立派な、散らかる原因のひとつですよね。

「はみ出すというコト」

言い換えると、キャパがオーバーしているのです。

新たに、収納家具を揃えるのも手ですが、

3の荷物を収納するのに、10収納出来る家具を買うと、

今度は7物を買いたくなり、やがて再びはみ出すのです。



僕はこのようなとき、はみ出した物が本当に必要なら、

引き出しを改め、不要な物を処分します。

そして、開いたスペースにはみ出した分を収納するのです。

でも、出来ればギチギチ満タンで収納するのではなく、

腹八分?(笑)くらいで収納していると、

整理するまでゆとりがあり、散らかりにくいようですね。

満タンだと、ひとつ物を買っては、

すぐにはみ出しますからね。

今日の心得
 物のキャパをオーバーしないようにする
 すると、自分の頭、自分の行動のキャパも
 オーバーしないよう、管理出来るようです。

はみ出し厳禁![No.2572]
 今日も最後までありがとうございます。

2014年6月 2日 (月)

掃除チャンス![No.2571]

(日付を調整しています)

福岡は梅雨入りしました。

梅雨の時期、出かけるのも苦になって、

なんだか面白くないですか?



僕は、チャンスだと感じています。

雨だから出かけたくないという気持ち。

素直に受け入れて、自宅でゲームやビデオで楽しむ!

のではなく、片付けや掃除チャンスなのです!

というのも、梅雨時期は、湿気が多い故に、

不衛生にしていたり、掃除が行き届いていなかったり、

ダンボールに荷物を積んでいたりすると、

ダンボールが湿気を吸って、カビの原因になるんですよね。

そのダンボールを、Gが好んで寄って来たりします。

「大切な物をカビさせたくない! 家をカビの住処にしたくない! Gを繁殖させたくない!」

僕の場合、そういう意識が、

より片付けや掃除力を高めてくれるのです!

「梅雨で外出するのが嫌&大切な物がカビるのが嫌&Gの繁殖も嫌」

お掃除大チャンスなのです!

今日の心得
 掃除・片付けを行わない理由付けをするのではなく、
 行う理由付けを考えてみる。

掃除チャンス![No.2571]
 今日も最後までありがとうございます。

2014年6月 1日 (日)

その意思はどこから?[No.2570]

(日付を調整しています)

僕が、今まで経験したコトです。

自分の意思はどこから来ているのか?

考えたコトはありますか。

「そんなの自分の頭からに決っているではないか!」

最初僕は、そう思っていました。

でも、本当にそうでしょうか?

例えば、同じ四畳半の部屋に住むとして、

ボロボロの四畳半のアパート

新築の四畳半のアパートに住んだとき、

同じ意思なのでしょうか?



ボロボロの方に住んで目が慣れれば、

ボロボロの服を着ても、違和感を感じなくなります。

そして、ボロボロの服を着た状態では、

街に出かけても、自分に自信が持てるコトもないでしょう。

昔僕が貧しかった頃、実際そうでした。

自分に自信が持てないから、自分のコトはいい加減になる。

「どうせ自分なんて!」

そう感じるので、意欲が湧いてこなかったのです。



今度は反対に、新築の方に住んだらどうでしょう?

部屋が新しいので、ボロボロの服に違和感を感じます。

「キレイにしなくっちゃ!」

ピシっとした服を身にまとい、街に出かけても、

自分に自信が持てないコトもないでしょう。

沢山の人に声をかけ、イベントで友達を作ったり

積極的に行動できるのです。



僕が思うに、人間は意思だけでなく、

環境に大きく左右されるコトを実感しました。

「強い意思と志」だけでは、

環境に押し潰されてしまうコトもあるのです。

かといって、無いものねだりをして、

無理な環境を求めても、直ぐには手に入りません

今現在の僕は、新築の一軒家で、借金もローンもなく、

平和に恵まれて過ごさせて頂いていますが、

いきなりこの環境がやってきた訳ではありません。

最初は、貧しいボロいアパート住まいから始まり

キレイなマンションへ移り、借金やローンを返済し、

更に広いマンションへ移り、愛犬を飼える環境になり、

一軒家へ移り、今度は沢山の愛猫と暮らせているのです。

この間、約30年の道のりでした。



僕の経験談ですが、

今、目の前にある問題を見て見ぬふりをせずに直視する

すると、絶望感を感じる日さえありましたが、

そこで逃げては、解決はしません。

今、自分に何ができるのか?

ほんの小さなコトでも、とにかく動いてみるのです。

小さな歯車が沢山回れば、いづれ大きな歯車も回ります。

環境が少し変わったところで、人付き合いも変わり、

発想や考え方も変わり、目指す道も変われるのです。

「なかなか自分が動かないな。やる気が出ないな」

そう感じるのなら尚更!

強い意思や志を大切にするというのなら尚更!

身の回りの環境も、大切にしなくてはならないようです。



極端な例えかもしれませんが、

プロのF1レーサーでも、普通免許初心者の人でも、

コースが整ってない状態では、よいタイムはでないのです。

運転技術(スキル)を磨くのも大切ですが、

コースを整備(環境整え)したり、

車の仕組み(世の中の仕組み)を

知る必要もあるのだと実感しました。

今日の心得
 意思や志も大切
 環境や世の中を知るコトも大切

その意思はどこから?[No.2570]
 今日も最後までありがとうございます。

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

プロフィール

  • 現在モデル事務所に所属
    モデルや、物書きになる為の勉強をしています。
    2ndブログはこちら
    Facebookはこちら


    永良ます子/EiraMasuko ♂
    本名/森山誠美(ともみ)
    生息地/博多(めんたいこ)
    血液型/O
    誕生日/s5035日(啓蟄)
    好きな色/白/黄/オレンジ/緑
    趣味/くぎみー
    癒し系(アロマ/ハーブティー)
    文章を書くこと/読書/断捨離
    不思議と御縁があるもの
    亀/蝶/黄色/ミッキー/3と5と8/ゾロ目/明治/水に関係ある所/天神様/梅/太宰府

    超理系だけど、超文章書いて、
    超未来にする!φ(`・ω・´)
    アナログデバイス
    ZEBRA スラリ0.5/呉竹精昇堂 美文字筆ペン/伊予和紙/土佐和紙
    デジタルデバイス
    iPhone6[au]/F-06E/VAIO S15/X200MA/VAIO L/工人舎PM/ポメラ/EP803AW
    パソコン歴
    SHARP MZという時代から使いCE→PG→SE→講師→コンサルのお仕事をしていました。現在は一応役職らしいです。
    お掃除アイテム
    クイックルワイパー ハンディ/激落ちクロス リビング/マキタ 充電式クリーナ/ペットボトルブラシ/除菌ウエッティー
    Yankee Candle
    タヒチアンティアレフラワー/ガーデンハイドアウェイ/ミッドナイトジャスミン/ガーデンスイートピー/アイランドスパ/セージシトラス/ラブズミーラブズミーノット
    南阿蘇ティーハウス
    ジャスミン/ホッと一息ティータイムブレンド/疲れた体にやさしいブレンド/幸せ黄色のハーブブレンド/店舗・季節限定ブレンド

このブログ成分

1st Twitter

2nd Twitter

無料ブログはココログ